« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008.11.08

【第31節 札幌戦】

オフィシャルより

08.11.08
Jリーグ第31節vsコンサドーレ札幌
8日(土)に札幌ドームで行なわれました、Jリーグ第31節vsコンサドーレ札幌の試合結果をお知らせ致します。
2008年11月8日(土)14:04キックオフ・札幌ドーム
試合結果
コンサドーレ札幌1-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:13分ダヴィ(札幌)、27分田中、54分エジミウソン
入場者数:28,901人
◇山田暢久、Jリーグ400試合出場達成
試合速報


「継続と一過性」

この日、指揮官はぶっつけ本番といっていい「4-2-1-3」というシステムを起用してきた。

ぶっつけ本番というところに、泥沼から抜け出そうという意欲と裏腹に、引き出しの数なさとこれまでの危機意識へのなさを再認識した思いだった。

けれど、選手達はピッチでどうにかこのシステムを生かそうと努力していたように思う。特に、この日前線で起用されたセルヒオが、その可能性を見出してくれたのではないか。

走り回ることにより相手を揺さぶり、チームにゴールヘ向かう姿勢を生み出す。それに触発されて周りの選手達も追い越す動きが少しずつながら生まれてきて、攻撃に幅が出てきたようだった。

けれど、これを一過性のものにしてはいけない。相手が札幌だったから・・・というのだけではあまりにも寂しすぎる。

今シーズンは残りわずか。この新たなシステムをレッズの形と位置づけなくても、1つのオプションにできるのならば、とことんやり続けたほうがいいと思う。

彷徨い続けるレッズに光が差し込むのか・・・。これからの闘い方がますます大事になってくるだろう。

Imgp0310Imgp0313Imgp0329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

第31節 札幌戦プレビュー

【前回対戦 第9節(2008.4.29)】
JリーグHP)(浦和HP)(札幌HP

リーグ戦もいよいよ大詰め。明日はアウェー札幌ドームにのりこみ、コンサドーレ札幌と対戦する。

札幌は現在、4勝5分21敗の勝点17で最下位。前々節の柏戦で無念のJ2降格が決定した。

前節はアウェーで川崎と対戦。中盤でボールを失う事が多く、川崎の猛攻にさらされ1-3で敗戦。復帰したダヴィが1点返すのがやっとだった。また先週は天皇杯4回戦で横浜FMと対戦。流れが札幌に向いてはいたもののゴールは遠く0-1で敗戦。これで、公式戦8連敗、7月のリーグ戦以来14試合勝ちなしの状態が続いている。

要注意なのは、やはりスピードに乗ると怖いダヴィではないか。また前回対戦時はセットプレーで失点を喫しているだけに、集中したいところ。いくら下位との対戦であっても、今のレッズには安泰という文字は存在しない。

一方のレッズは、前節はアウェーで新潟と対戦。前半こそ自信なきプレーで新潟DFを崩しきれず、相手の拙攻にも助けられた。しかし後半達也が投入されると、彼が動くことで前線が活性化し、その流れから細貝のゴールが生まれ、1-0で久々の勝点3を奪った。

また先週は天皇杯4回戦でJ2の愛媛FCと対戦。こちらは、終始ペースを握っていたものの、フィニッシュがなかなか決まらず、結局延長までもつれ込み、ようやく闘莉王が得たPKをポンテが決め、1-0で辛勝し5回戦に駒を進めた。

常々戦術なき戦い方が、選手自らを苦しめていると思っているが、相手が格下であっても、堂々とした試合運びができず毎試合綱渡りのような、ハラハラする試合をしている。

ただ、ここ2試合結果としては勝っており、それをどう自信に結び付けていくかが大事だと思う。一戦玉砕の札幌を相手にアウェーながらどう立ち向かうのかが明日のポイントになると思う。細貝が不在なのは大きいが、怪我から復帰する相馬にも期待したい。まずは試合のペースを握り、中盤を制圧することが重要だ。


現在のレッズは、大きな目標を1つ失い、迷走状態に陥っており、ある意味泥沼だ。また先日の天皇杯終了後も再び不穏な空気が渦巻いた。けれど、今は勝ち続けることで何とかキモチを繋いでいる。

まずは前を向いて自信を持ってプレーすることが大切だ。北の大地へ集う自分達もそんな彼らの復調を願うばかりだ。ここでこそしっかりと結果を出し、勝点3を奪って浦和へ帰りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

『監督補佐』とはこれいかに・・・

今朝の日刊スポーツで報じられたモラス雅輝氏の一件ですが・・・

浦和が監督補佐を緊急補強、パイプ役に(日刊スポーツ)
>エンゲルス監督は日本語で選手と積極的にコミュニケーションを取ってチームの士気を上げるタイプだ。しかし選手と個別に話し合いした時、細かいニュアンスが伝わりづらい場面が相次いだ。意見の食い違うFW永井との確執も、関係者は「言葉足らず、がきっかけとも言える」と明かす。モラス氏はザルツブルクで宮本や三都主の専属通訳を務めていたこともあり、監督-選手をつなぐパイプ役としての役目も担う。

今日来日して、その詳細が明らかになったようです。

エンゲルス監督に専属“レンタル相談役” (デイリースポーツ)
>同氏は現在、オーストリア協会でU-19育成センターのヘッドコーチを務めているが、シーズンオフのため招へいが実現した。エンゲルス監督とは約9年前からの仲で、ドイツ語、日本語とも堪能。藤口社長は「ゲルトには、大変なプレッシャーがある。ネイティブでサッカーの話ができる存在は大きい」と、理由を説明した。 >具体的な仕事内容はエンゲルス監督に任せられている。指揮官は「基本的にはクラブハウス内のコミュニケーション」と話しており、選手との通訳というよりは、監督とクラブとのパイプ役となりそうだ。

『クラブハウス内のコミュニケーション』ってどういうことなんですかね?何だか状況が違ってきましたね。通訳というより、ガス抜き相手というかフロントと監督を結ぶパイプ役というか・・・。

何だか、フロントがとりあえずやりました的な、やっつけ仕事のような感じがして、どうもスッキリしないですね。もちろんゲルトは日本語は話せますが、細かいところのニュアンスの理解は通訳が必要だと思います。けれどそれは前々からわかっていたこと。果たしてこの時期でどういう目的でモラス氏と契約したのでしょうか。

その辺はオフィシャルで発表されるかどうかわかりませんが、彼の経歴がすばらしいだけに、傷をつける事がないよう、フロントも一考してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

【第88回天皇杯4回戦 愛媛戦】

オフィシャルより

08.11.03
第88回・天皇杯4回戦vs愛媛FC
3日(月・祝)に浦和駒場スタジアムで行われました、第88回天皇杯全日本サッカー選手権・4回戦vs愛媛FCの試合結果をお知らせします。
2008年11月3日(月・祝)13:01キックオフ・さいたま市浦和駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前後半0-0 延長1-0)愛媛FC
得点者:95分ポンテ(PK)
入場者数:16,724人
試合速報


「ジレンマ」

トーナメントの初戦。勝つには勝った。

もちろん延長までもつれ込んだ試合ゆえ、すっきりはしない。だが、それ以上にモヤモヤとした空気が駒場を包み込んだ。

あえて選手達の立場に立つならば、決して彼らは手を抜いて闘っていたわけではないと思う。だが休養十分にもかかわらずミスも多かったし、何度もため息をついてしまう場面も幾度となくあった。

“動かない”のではなく“動けない”というジレンマが、何度見てももどかしい。明確な約束事が何一つないゆえ、ボールを奪えどカウンターさえも中途半端になってしまう。

そしてスタンドも、1万6千人の観客ゆえ1万6千通りの見方、考え方が存在する。特に延長に入り細貝が退場してからの試合の運び方は、スタジアムの雰囲気が微妙に変化していた。攻めるのか守るのか・・・。これもジレンマ。

1人足りない状況で、残りの時間をどう消化していくのか。サポーターは監督でもないし、解説者でもない。言うのは簡単だが、その言葉1つが選手達の心情を微妙に変化させることもある。

チームが常に強くあってほしいと思うサポーター。現状で懸命に闘っている選手達。明確な戦術を確立できない首脳陣。決断を先送りするフロント。勝ったものの、それぞれのジレンマが渦巻き、進むべきベクトルがそれぞれ別の方向を向いてしまっている。

浦和レッズはどこに向かおうとしているのか・・・。もうこれ以上、各々の悲痛な叫びは聞きたくない。ますます悲しくなるだけだ。

Imgp0023Imgp0029Imgp0031

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.02

天皇杯4回戦 愛媛戦プレビュー

明日からいよいよ第88回天皇杯の初戦。明日は、浦和駒場スタジアムでJ2の愛媛FCと対戦。奇しくも昨年と同じカードとなった。

愛媛FCは現在J2で38試合を消化し、9勝9分20敗の勝点36で第14位。天皇杯では3回戦で佐川印刷SCと対戦。先制点を許すも逆転し、4回戦へ駒を進めた。今季は得点力がなかなか上がらず、得点が34とリーグ最少得点で1試合平均1点以下という状況である。

一方のレッズは、前節はアウェーで新潟と対戦。またも左に暢久を起用するという不可思議な采配であったが、後半は選手間で修正し、開始から右サイドに戻った。その中で細貝が値千金のゴールを決め、1-0で逃げ切り公式戦7試合ぶりの勝点3を奪った。

内容が乏しい状況なのは相変わらず。指揮官の焦る采配がチームを機能不全に陥れてしまった。ただ前節は選手達が自ずから流れを変える行動を起したことで、勝利を呼び寄せることができた。それだけに今は選手達の頑張りに託すしかない状況になっている。

明日は一発勝負のトーナメント。まずは結果もそうだが運も必要になってくる。相手は昨年に続き大金星を狙うべく積極的にくるだろう。そこをどう往なして自分達のサッカーができるかがポイントなってくるだろう。

サッカーに絶対はない。それだけに点を獲らないと始まらない。前節新潟戦の勝利のイメージを繋いで前を向くことが大切だ。それが今後のリーグ戦残り4試合+天皇杯に繋がっていければいいと思う。

まずは「初戦突破」。ここから始めよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »