« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008.09.20

第25節 大宮戦プレビュー

【前回対戦 第7節(2008.4.20)】
JリーグHP)(浦和HP)(大宮HP

今季2度目のさいたまダービー。明日はアウェーNACK5スタジアム大宮にのりこんで、大宮アルディージャと対戦する。

大宮は現在、9勝5分10敗の勝点32で第10位。前節はアウェーでFC東京と対戦。前半13分に途中から加入したFWラフリッチのゴールで先制するも、後半逆転され1-3で敗れた。

今節はDFの要であるレアンドロが累積警告で出場停止。しかしベテランの藤本主税が停止明け、桜井が前節から途中出場ながらも復帰を果たし、決して見劣りはしない。

一方のレッズは、前節はホームで大分と対戦。相手の手堅い守備を崩そうと努力するも、逆に相手のカウンターを恐れラインが下がってしまい、いつものような前後分断のサッカーになってしまった。

また水曜日には、ACL準々決勝でアウェークウェートでアルカディシアと対戦。先制点を許し、常に追いかける展開となった。途中、流れを掴める時間帯があったものの、後半堀之内の退場などもありなかなか追い上げるのが難しかった。しかし、ロスタイムにエジミウソンがこの日2ゴール目をあげ、2-3で敗れたものの貴重なアウェーゴールを奪い、ホームでの試合に望みを繋げた。

中断明け2試合を消化したが、ここまで1分1敗。ヤキモキとした結果が続いている。気になっているのは試合で織り成す戦術が決してフィットしていないということ。選手達のコメントを聞く限り、そのやり方でいいのか混乱しているのがわかる。

戦術うんぬんなのかはわからないが、特に相手のストロングポイントを封じることに全神経を注いでしまい、攻撃のチャンスを迎えたときには、前線はわずか2~3人だけという、寂しい状況を幾度となく見てきた。もちろん相手の攻撃を防ぐことは大事だが、あまりにも神経質になりすぎて、レッズの本来のサッカーが全然見えてきていない。攻守の切り替えをもっと早くしない限り、前後分断のサッカーが続いてしまうだろう。今以上に思い切った攻撃への意欲をみせてほしいところだ。


明日は「ダービー」。そして改装された大宮サッカー場での久々の試合となる。今までアウェーゲームでも埼スタだっただけに、いよいよ敵の本陣に立ち入っての闘いになる。

特に昨年から3試合勝っていないだけに、勝利への思いはどちらも強いと思う。そして大宮は、自分の庭でできるダービーに「単なる1試合」とは位置づけていないだろう。

レッズは水曜日にACL第2戦、そして来週日曜日には首位の名古屋との直接対決と、非常に重要な試合が続く。けれどもまずは“目の前の勝点3”、“ダービーでの勝点3”にこだわりたい。「単なる1試合」だと感じさせないためにも、明日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.19

どういたしまして

昨夜、クウェートから選手達や弾丸ツアーに参加した同士が、無事に帰国したようです。

で、「J’sGoal」の現地レポートから、クウェートのスタジアムでの写真が公開されました。
00037390b





ちょwww「どういたしまして」って・・・。何がどう間違って訳されたのでしょうか。


で、気がついたらあちらの方々はもう来日されたようで・・・。

アルカディシアが来日(レッズオフィシャル)
AFCチャンピオンズリーグ・準々決勝第2戦<24日(水)19:30・埼玉スタジアム>で対戦するアルカディシアの選手、スタッフ、サポーター約100名が、本日午後、特別機で来日しました。

ちょwww100名って、合計ですよね?サポが100名ってことじゃないですよね?

それをおいても、5日前から来日って気合入れすぎ。やっぱりオイルマネーはすごいですね~。でもきっと秋○原とか行っちゃうんだろうな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.18

【ACL 準々決勝第1戦 アルカディシア戦】

オフィシャルより

08.09.18
ACL準々決勝第1戦vsアルカディシア
17日(木)に、MOHAMMED AL HAMAD STADIUM(クウェート)で行なわれました、AFCチャンピオンズリーグ、準々決勝第1戦vsアルカディシアの試合結果をお知らせ致します。
2008年9月17日(水)現地時間22:00キックオフ(日本時間18日(木)4:00キックオフ)・MOHAMMED AL HAMAD STADIUM
試合結果
アルカディシア3-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:18分イブラヒム(アルカディシア)、33・89分エジミウソン、57分ベンアシュール(アルカディシア)、84分K・ムタイリ(PK)(アルカディシア)
試合速報


「ハッキリと見えた次の課題」

痛恨の敗戦だった。もちろん相手の巧みなFKや狼狽なプレーに悩まされたが、いつものごとく自らが後手後手を踏んでしまった感は否めない。常に追いかける展開は、厳しいアウェーだとなおさら辛かったと思う。

前半はガッチリとマークされない分だけ、ボールや人がよく動いた。同点ゴールもその賜物だと思う。けれどそのあとが続かなかったのが、今のチームの状態を表している。

第1戦はアウェーなのだから、守備的にいくのは常道だ。けれど、けっして守備的とはいえない曖昧な布陣が、選手達の混乱に拍車をかけてしまったようだ。

しかしながら、アウェーでの2得点は、結果を踏まえる上で何よりも大きい。それだけにロスタイムに1人少ない状況で奪ったエジミウソンのゴールは、ホーム埼スタへ希望を繋げるゴールだったといっても過言ではない。

仮に第1戦が如何なる結果であろうと、次のホームは絶対負けるわけにはいかない。もちろん第1戦を踏まえた上でスコアが関係してくるだろうが、まずはしっかりと勝って結果を出すことが、次へのステージへ進むために大切になってくる。

点を奪うこと・・・、これが次への大事な鍵になる。課題がハッキリと見えているだけに、今までのやり方でいいのか、それとも攻撃的に布陣を変えてくるのか、指揮官の動きに注目したい。

さいたまダービーを挟んで重要な闘いがまだまだ続くが、キモチ落とすことなく共に闘っていきたい。そしてクウェートで闘った選手達や共に闘った同士の無事の帰国を祈りたい。
〔TV観戦〕

Imgp2850Imgp2851Imgp2852

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.17

ACL 準々決勝第1戦 アルカディシア戦プレビュー

1年ぶりにACLの舞台へ戻ってきた。その初戦となる準々決勝第1戦がいよいよ日本時間の明朝、中東クウェートに乗り込んで、アルカディシアと対戦する。

アルカディシアは、“クウェートエミヤーカップ”というカップ戦優勝チームとしてACLに参戦。グループリーグは3勝2分1敗の勝点11で、最終節までもつれ込んだものの、首位でノックアウトステージに進出した。

選手の構成はあまりよく知らないが、情報によるとクウェート代表を多く抱え、有力チームの1つにあげられている。また現地はラマダンの時期であり、試合開始が現地時間の深夜に行われる。

一方のレッズは今季ACL初戦をむかえる。前節は土曜日にホームで大分と対戦。相手の厳しいマークに展開を握られ、思うように試合をコントロールできない状況が続く。それが影響したのか、攻撃に転じようとしても、枚数が足りず、もどかしい時間が過ぎていき、結局0-0のスコアレスドローで終わった。

どうにか負けなかった・・・、という印象だけが残った。相手のカウンターを恐れすぎたのもそうだが、攻撃の手数があまりにも少なく、ACLに向けやや不安を残す結果となってしまった。

だがACLではJリーグに比べ、ガチガチにマークされる印象があまり少ないだけに、攻撃のパフォーマンスが上がる可能性がある。しかし、あくまでも今までのサッカーのままなら全く変わらない。前へ向く姿勢を見せない限り、異国の地においてもゴールマウスは遠くなる。

2戦合計での戦いは、昨年から織り込み済みだけに、まずはアウェーでは負けないことはもちろんであるが、なおかつ得点を挙げることが大切だ。まずは慎重に試合に入り、相手の出方を伺うことになるだろう。

また新たなACLの1ページが始まった。初戦から中東という厳しい環境になるが、ここを切り抜けていけば、おのずと光が見えてくるだろう。異国の地で闘う選手、サポーター達の無事の帰国を祈りつつ、日本から勝利の念を送りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.09.16

決戦再び・・・

いよいよ明日から、AFCチャンピオンズリーグのノックアウトステージが開幕します。

すでにこの時間、クウェートへ到着した人、そしてまだ機上の人のいらっしゃるかと思います。そしてクラブ主催の弾丸ツアーは先ほど成田を経った頃でしょうか・・・。もちろん勝点を持って帰ってくるのもそうですが、とりあえず無事に帰ってきてくれることが大事です。

あの激闘から1年。いやはや早いものです。今年はディフェンディングチャンピオンとしての出場で、他のクラブに比べると初戦となります。他にもガンバや鹿島が出場しますが、やはり負けたくないですね。

プレビューはまた明日書くことにしますが、とりあえず“プロモーションビデオ”を見て盛り上がりますかね。

レッズTV(レッズオフィシャル)

いよいよ決勝トーナメントがスタート!大会プロモーション映像を公開!(J'sGoal)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »