« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »

2008.08.23

【第22節 磐田戦】

オフィシャルより

08.08.23
Jリーグ第22節vsジュビロ磐田
23日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第22節vsジュビロ磐田の試合結果をお知らせします。
2008年8月23日(土)18:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-1(前半1-1)ジュビロ磐田
得点者:42分カレン ロバート(磐田)、44分ポンテ、57分平川、89分高原
入場者数:45,253人
試合速報


「チームプレーと執念」

霧雨に煙るスタジアムに久々に“We are Diamonds”が響き渡った。けれど、そこにたどり着くまでにはそう簡単にはいかなかった。

前半はなかなかボールが落ち着かず、闘莉王不在の影響からか、ハイボールがことごとく奪えず、相手に何度もフィニッシュまで持っていかれていた。先制点を奪われたものの、直後に追いつき前半を終えたのがとにかく大きかったと思う。

後半も相手のペースになりかけるも、細貝から渡ったパスを後ろから走りこんできた平川が豪快なミドルシュートを決め逆転。ここからはもうすでにレッズがペースを握っていた。途中から暢久を投入し3ボランチを形成し、中盤を固めつつもカウンターの機を伺っていた。

そして後半ロスタイム。カウンターから高原がドリブルで持ち込み、かつての同僚だった田中誠をかわし、左足でゴールを決めた。今まで彼がレッズで挙げたゴールとは違うまさに“執念のゴール”だったと思う。

復調の兆しは見せつつも、まだまだ相手の厳しいプレッシャー、そして味方のフォロー不足に何度となく苦しむ姿があった。けれど、チームプレーに徹し我慢し続けた結果、生まれたゴールはまた格別だと思う。それゆえこの日のMVPは高原だといっても過言ではないだろう。

久々の連勝を飾り、以前に書いたようにようやく底を脱したように思う。けれどあくまで底を脱しただけで、まだまだ課題は多いし安心はしていられない。そして結果的に一番上に立っているとはいえど、最後の最後にいなければ意味はない。

厳しい闘いはまだまだ続く。すぐにやってくる次節もキモチ切り替えて選手達と共に闘っていきたい。

Imgp2686Imgp2696Imgp2699

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.22

第22節 磐田戦プレビュー

【前回対戦 第5節(2008.4.5)】
JリーグHP)(浦和HP)(磐田HP

明日は、ホーム埼玉スタジアムにジュビロ磐田をむかえ対戦する。

磐田は現在、7勝4分10敗の勝点25で第14位。前節はアウェーで川崎と対戦。前半早々に前田のゴールで先制するも、後半12分に追いつかれた。しかしその直後に上田の放ったFKが直接ゴールに吸い込まれ、再び突き放したが、しかしその6分後に川崎のチョンテセに決められ、2-2の引き分けに終わった。

一方のレッズは前節はアウェーでFC東京と対戦。蒸し暑い気候やピッチコンディションに苦しんだが、後半に啓太のパスから相馬の鮮やかなゴールが決まり先制。その後は相手の猛攻に耐え、1-0で逃げ切り4試合ぶりの勝点3を奪った。

今節は、これまで中盤をこなしてきた永井が出場停止。おそらくロビーが満を持して起用されると思われる。前節も途中出場ながら、ボールをキープできる彼が入ったことで、攻撃に幅が出てきた。一方の守備陣は闘莉王が太ももの怪我で出場が危ぶまれているが、阿部や細貝が控えており、不安はない。また試合の状況に応じ、3バックと4バックの切り替えも、徐々に浸透してきているようだ。

前回対戦時には、怪我などで離脱していたFW前田や、カレンロバート。そしてMF村井などが戻ってきているが、まだまだ結果に反映されておらず、現在入れ替え戦圏内が足元に見えており、危機感が漂っている。それだけに相手の積極的に勝ちに来る姿勢に対して、どう対応するかが、この試合の鍵になると思う。

決して侮れない相手ではあるが、下位相手にホームでは勝点は落とせない。我慢する時間帯もあるだろうが、選手達の動き、攻守の切り替えの速さに注目したい。

これまで調子の上がってこなかった今のレッズには、勝点3が何よりの良薬であり、底を脱するためのきっかけとなる。前節の苦しみながら奪った勝点3を生かすべく、ホームでしっかりと結果を残してほしい。また明日も選手達と共に闘っていきたい。

Imgp2703

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.18

新たな道

女子サッカー準決勝 日本女子代表 2-4 アメリカ女子代表(スポーツナビ)

善戦にはほど遠い失意の4失点。特に前半終了間際に逆転されたのが大きかったのだろうか。

けれど、まだ終わったわけではない。彼女達は、まだ中国で90分間サッカーをすることができる。そしてさらに3位銅メダルを獲得できるチャンスがある。

夢の実現へ・・・。彼女達が描く五輪の道はまだまだ続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月10日 - 2008年8月16日 | トップページ | 2008年8月24日 - 2008年8月30日 »