« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008.08.16

【第21節 FC東京戦】

オフィシャルより

08.08.16
Jリーグ第21節vsFC東京
16日(土)に行なわれました、Jリーグ第21節vsFC東京の試合結果をお知らせ致します。
2008年8月16日(土)18:34キックオフ・味の素スタジアム
試合結果
FC東京0-1(前半0-0)浦和レッズ
得点者:67分相馬
入場者数:37,154人
試合速報


「前へ前へ・・・」

試合終了のホイッスルが鳴った瞬間、選手達は喜ぶよりも先に、その場にバタバタと倒れこんだ。それだけ消耗戦だった事を強く感じた。

蒸し暑い気候や滑りやすいピッチに苦しんだのもそうだが、それ以上に失点を気にしてか、やや守備的に試合に入った選手達。それゆえ攻撃に転ずるまでにやや時間がかかってしまったように思われた。

相手の厳しいマークに苦しみ、いつもの如く前線の3人だけでは攻撃が成り立たない・・・と感じ始めた矢先、ロビーが投入され流れが一気に変わった。まだまだ本調子でないにしても、彼のプレーにはやはり魅了される。

そして後半22分、五輪に出場した細貝とロビーが起点となり、啓太から前線へのパスに走りこんできた相馬がダイレクトで合わせミドルシュートを決め、それが決勝点となった。

それ以降は足を攣る選手が多くなるなか、必死になって守りきり、4試合ぶりの勝点3を奪った。

やはり中盤でキープできると、後方や両翼からの飛び出しが多くなってくる。相馬の得点も彼が意を決して前線に飛び出してきたからこそ、奪えたものだ。

もちろん前へ出ることでリスクを負う事もある。けれど、それを気にしてては攻撃もままならない。選手同士お互いを信じて、攻撃参加することは決しておかしくないことだと思う。


これまで、気分的にモヤモヤとした試合が続いていたが、久々に完封で勝ち、ようやく明るい兆しが見えてきたような気がした。けれど、大事なのは“その次”だ。

次節ホームで、俺達のあの“ラブソング”を歌い上げたときこそ、初めて底を脱したと感じるだろう。

また、キモチ切り替えて前へ前へ選手達と共につき進んでいきたい。

Imgp2655Imgp2663Imgp2672

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.15

第21節 FC東京戦プレビュー

【前回対戦 第15節(2008.7.5)】
JリーグHP)(浦和HP)(FC東京HP) 

明日はアウェー味の素スタジアムにのりこみ、FC東京と対戦する。

FC東京は現在、8勝6分6敗の勝点30の第8位。前節はアウェーで名古屋と対戦。前半35分にFW平山の今季初得点で先制した。最後は相手のパワープレーに苦しむも守りきり、リーグ戦7試合ぶりの勝点3を奪った。

一方のレッズは前節はホームで柏と対戦。前半先制を許すものの、阿部の鮮やかなミドルシュートで同点に追いついてハーフタイムを迎えた。後半一進一退の状況だったが、ロスタイム突入直後に永井のゴールで逆転。このまま終わるかに思われたが、最後の最後にフランサに決められ、2-2のドローに終わった。

結果的には勝点2を失ったが、闘莉王と阿部がそれぞれリベロとボランチに入り、以前に比べると安定感が増したといえる。またこの日は、達也が試合直前に欠場というアクシデントに見舞われ本来の攻撃の形ができなかったのは、致し方ないと思っていいだろう。

明日は、その達也や負傷で離脱していたロビー、そして北京で闘った細貝も遠征メンバーに入った。怪我人が徐々に戻ってきて、ベストに近いメンバー構成が期待できるかもしれない。

レッズはこれまで3試合、勝点3から遠ざかっている。それ以前からも迷走が続き、強さを発揮しきれない試合が幾度となくあった。けれど、鹿島戦以降少しずつではあるものの、いい方向に向かいつつあるのは見てとれる。

あとは選手達が自信を持って試合に臨むこと、これが大事だと思う。個々の能力だけが高くても、連携がなければ勝てるものも勝てない。パスを信じて走り、自ら動くことでその先のプレーも見えてくるはずだ。

明日も選手達と共に闘い、今度こそ勝点3を奪っていきたい。

Imgp2675

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.13

悔しさの先にあるもの

男子1次リーグB組 オランダ1-0日本(スポーツナビ)

まずは、厳しい環境の中で闘った選手達に“お疲れさま”と言いたい。

そして彼らが育ったJリーグという舞台で、北京で味わった悔しさをプレーにぶつけてほしい。その先に目指すであろうA代表、そしてW杯を目指すために・・・。

それから、絶対に怠ってはいけないのは、この2年間の総括をする事。次のロンドンへ繋げるために、何をすべきなのか・・・。JFAやJリーグ全体で考えなければならないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.12

ベスト8

女子1次リーグG組 ノルウェー女子代表 1-5 日本女子代表(スポーツナビ)

苦戦が予想されていたノルウェー戦。後半からテレビで生中継になったのも、何かの前触れだったのでしょうか。

一気に4得点で逆転し1-5で勝利し、グループ3位の成績上位2位以内に入り、2大会連続のベスト8進出を果たしました。

初戦のニュージーランド戦は、ギリギリで追いついてのドローで始まり、どうなるかハラハラしましたが、とりあえず最初の山場は越えました。

決勝トーナメントの初戦は開催国中国との対戦。超アウェーですが、何とか力を発揮して頑張ってほしいです。

Imgp2634Imgp2638Imgp2641

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.11

ヒートアップJ2 第30節

世間は北京五輪だ、甲子園だ、J1だと盛り上がっていますが、J2も先週末で第30節を終え、いよいよ次節から最後の第3クールを迎えます。

今節、スカパーで観戦したのは「仙台-広島」戦。ともにJ1復帰を目論む両チームですが、結果は1-1の引き分け。しかし1点を争う好ゲームとなりました。

これで全チームが2順目となる28試合を消化。残り14試合となり、ラストスパートとなります。

ちなみに第30節の結果はこちら。そして順位は以下のようになります。詳細はこちら

1位 広島 勝点65 得失差34 試合数28
2位 山形 勝点50 得失差19 試合数28
3位 鳥栖 勝点46 得失差03 試合数28
4位 湘南 勝点45 得失差17 試合数28
5位 仙台 勝点45 得失差08 試合数28
6位 大阪 勝点42 得失差06 試合数28
7位 草津 勝点42 得失差03 試合数28

広島はほぼ独走状態になってきましたかね。そして2位3位争いがかなり面白くなってきました。特に山形や鳥栖、湘南の健闘が光りますね。

このまま調子を維持できるか。最終クールを迎えるJ2も見逃せませんね。

Imgp2632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.10

勝点0の現実

男子1次リーグB組 ナイジェリア2-1日本(スポーツナビ)

2連敗で、2大会連続でグループリーグ敗退が決まりました。

初戦に比べると、前へ行く姿勢が出ていましたが、いかんせん相手の身体能力や、慣れないピッチコンディションにやられたような感じでしょうか。

またチームに軸になる選手、精神的支柱となる選手がいなかったのが、結局は最後まで響いたのかなと思います。

この世代が、後に今後のA代表を背負う世代になると思います。それだけに最後のオランダ戦は、悔いのないように闘ってきてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »