« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | トップページ | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »

2008.07.31

【さいたまシティカップ FCバイエルン・ミュンヘン戦】

オフィシャルより

08.07.31
さいたまシティカップvsFCバイエルン
31日(木)に埼玉スタジアムで行なわれました、さいたまシティカップ2008 delivered by DHL vsFCバイエルン・ミュンヘンの試合結果をお知らせします。
2008年7月31日(木)19:32キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-4(前半0-3)FCバイエルン・ミュンヘン
得点者:15分ミロスラフ クローゼ(FCバイエルン)、20・42・62分ルーカス ポドルスキ(FCバイエルン)、56分梅崎、80分阿部
入場者数:27,292人
◇大会MVP ルーカス ポドルスキ
試合速報


「花試合への意義と意欲」

開始早々から本気モードのバイエルンが、いきなり牙を剥いた。レッズの守備陣形が落ち着かないうちに立て続けに2得点。レッズにとっていくらPSMとはいえ、怪我を恐れるのは致し方ないが、いかんせん簡単に突破されすぎていた感があった。

後半闘莉王が投入され、4バックに移行。守備が若干ながら安定し、後方からのビルドアップもそれなりにうまくいっていたと思う。課題の攻撃陣だが、エスクデロを先発で起用したが、エジミウソンとの連携が今一つ。この試合はFWの選手が無得点という状況で、結局課題を残したままになった。

そんな中、短い時間ながら高橋や原口といったユース世代の選手達を起用したことは、数年後を見据える上では貴重な経験になったと思う。だが、その上の世代の選手達も見たかったのは自分だけか。

微妙に消化不良気味だったレッズとは対象に、開幕を直前に控えたバイエルンの選手達の軽やかな動きがより目立った格好となった。

しかし収穫もある。この日使用されたボールはAFC公認の試合球で、9月からのACLでも使用される。今後実戦で使う場がないだけに、こういう舞台でボールの感触を得たのは大きかったと思う。


日程が厳しいとはいえ、海外のビッククラブを相手に毎年試合ができるのは、クラブの強みでもある。それゆえ今までそういう試合経験がなかった移籍組の梅崎や阿部がゴールをいう結果を出したのは、強い相手と試合ができることへの彼等自身の強い意欲だと思う。しかし逆に言うなら、この試合へ臨む選手間の意識の差が顕著に表れていたように思う。

さいたまシティカップももう6年目。当たり前のように日程が組まれるものの、選手達や観る側の興味が薄くなるなら、試合自体の質も下がる。

継続も大事だが、開催意義や日程も含めて、一度見直すのもありだと思う。

Imgp2583Imgp2591Imgp2597

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.29

雷雨再び

【U-23日本】0-1【U-23アルゼンチン】(スポーツナビ)

雷雨で中止、アルゼンチンに0-1で敗戦 サッカー五輪代表戦(産経新聞)
 

 北京五輪サッカー日本代表の壮行試合、アルゼンチン戦(国立競技場)は0-1でアルゼンチンがリードしていた後半39分、雷雨が強まったためいったん中断。その後、中止が宣告された。
 雷雨のため審判が試合中止を宣告するのは珍しい。
 反町監督は試合中止後、「(残り6分を残しての中止は)複雑な気持ちだがしょうがない。北京への準備へ気持ちを切り換える」と話した。また優勝候補相手の強豪アルゼンチンに0-1という結果について、「気後れすることなくできた」と語った。


わずか2日前の鹿島を思い起こさせる雷雨でしたが、今回のこの判断は賢明でしょう。

そもそも公式試合ではなかったですし、五輪前でリスクを負ってまで残り数分を雷雨の中で消化するには、難しかったかと思います。

気持ちよく北京へ送り出す・・・というわけにはいかなかったですが、女子代表と共に頑張って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.28

鹿島遠征あれこれ

今回は、久々の列車での鹿島遠征を振り返ります~。


久しぶりに18きっぷが使える時期での遠征。今回のスタートはいつものように新鎌ヶ谷駅からスタート。10:07発の東武野田線柏行きに乗車。
Imgp2455Imgp2457Imgp2458






10:24柏駅着。ここで「青春18きっぷ」にスタンプを入れてもらい、長い長い旅路のスタート。
Imgp2463






10:29発常磐線各駅停車の我孫子行きに乗り換えます。
Imgp2460Imgp2459Imgp2461






10:35我孫子駅着。ここから10:46発の成田線成田行きにに乗り換え。
Imgp2464Imgp2466Imgp2467






列車は普通の通勤型車両とはいえ、ここからは単線になり、一気にローカルムードが漂い始めます。
Imgp2469






11:27成田駅着。ここから11:41発の鹿島神宮行きに乗り換えます。
Imgp2472Imgp2470Imgp2474






車両も代わり、同じ千葉県内とは思えないほど、ますますローカル色が強まります。のどかで落ち着きますね~。
Imgp2475Imgp2477Imgp2478






Imgp2480Imgp2483Imgp2484






鹿島神宮駅に着く直前、併走する国道にレッズバスを発見。時間にしちゃ早いな~と思い、後から確認したらこの日の前座試合に出場するジュニアユースの選手達が乗っていたそうです。
Imgp2486






というわけで、12:36鹿島神宮駅着。隣のホームに到着していた12:48発鹿島臨海鉄道の水戸行きに乗り換えます。この列車以降から、スタジアム近くの臨時駅に停車することになります。
Imgp2487Imgp2488Imgp2490






1両とはいえ、力強いディーゼル音を響かせてわずか1駅。12:53に鹿島サッカースタジアム駅に到着。新鎌ヶ谷からおよそ3時間かかりました。
Imgp2491Imgp2492Imgp2496






駅を出ると、帰りの列車の案内が貼ってありました。けれど、その後とんでもない事態が起ころうとは・・・。
Imgp2494Imgp2495Imgp2497






車で先に到着していた友人と合流。その後さっそく売店探訪です。その前にジーコ像にご挨拶。もうすでに四方をがっちりガードされてました(笑)。
Imgp2503Imgp2498






道路沿いの売店で定番の「もつ煮」やら、「焼きそば」やら、「から揚げ」などを購入。おいしいのはもちろんですが、これで1,000円でお釣りがくるとは、やはり鹿島は侮れない(笑)。
Imgp2499Imgp2500Imgp2502






15時過ぎに開場。時間が経つにつれ、徐々に雲が多くなってきたような感じがしましたね。
Imgp2505






ダンマクショーも終わり、試合開始。この時には、すでにパラパラと降っていたような感じでしょうか・・・。
Imgp2517Imgp2519






そして前半39分過ぎ。大粒の雨と共に、ものすごい突風。そして気がついたら、2階席から選手が見えないぐらいの豪雨となり、強い雷鳴が轟く事態に・・・。当然主審は試合を止め一時中断。自分達も荷物をそこそこにコンコースへ避難しました。こんな大雨は久々でした。
Imgp2520






これは中止もあるかな・・・と不安がよぎりましたが、1時間余りの中断後再開となりました。この時考えたのが、「臨時列車はどうなるのか?」「他の路線は雨で止まっていないか?」の2点でした。

臨時列車は、試合終了のおおよそ10分後となる21:38発というアナウンスがあり、終了直後に走れば間に合うと決断し、ひとまず安心。あとは勝つためにサポートしましたが、惜しくも引き分け。

終了後は、友人への挨拶もほどほどに2階席からダッシュでスタジアム駅へ。自分でもありえないぐらいの(!?)走りで、無事に21:38発の千葉行きのJR臨時列車に間に合いました。でも積み残しを配慮してか、実際は4~5分遅れの21:42に出発しました。
Imgp2528






自分が乗った車両は後ろから2両目でしたが、思ったほどギュウギュウな混雑ではありませんでした。でも成田まで小1時間程は座れなかったですね。

一応、今後の参考に臨時列車のメモ書きを記しておきます。

【臨時普通列車千葉行き 9552M 4両編成】
21:42 鹿島サッカースタジアム駅発。
21:47 鹿島神宮駅発。
21:58 潮来駅着、21:01発。
22:08 香取駅着、22:16発。
22:41 滑川駅着、21:46発。
23:00 成田駅着、23:01発。
23:38 千葉駅着。

成田駅では、我孫子行き列車が出発を遅らせて待ち合わせていたようです。おそらくこれに乗れた方は、常磐線で寝過ごさない限り、無事に武蔵野線方面及び浦和方面には乗り継げたかと思われます。

自分は成田駅から座ることができ、スタジアムで買っておいた「キムカツさんど」を食しました。
Imgp2531Imgp2532






前述の通り、23:38千葉駅着。ちょっと走ったら、総武線快速の津田沼行きに乗れました。
Imgp2533Imgp2535






23:50津田沼駅着。「青春18きっぷ」の旅もここで終了。歩いて新京成の駅へ向かいます。
Imgp2536






5分ほどで新京成線の新津田沼駅着。ここから23:58発の松戸行きに乗車。
Imgp2538Imgp2539






日付が変わった0:16に新鎌ヶ谷駅から1駅手前の初富駅に到着。この駅からでも、10分ほど歩いて自宅へ帰れるので、今回は初富駅下車で鹿島国への旅は終了しました。
Imgp2540Imgp2541






というわけで、水分でややヨレヨレの18きっぷと共に、俺お疲れ。
Imgp2542






そして、列車やバスや車などで遠征された皆様、豪雨の中お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.27

【第19節 鹿島戦】

オフィシャルより

08.07.27
Jリーグ第19節vs鹿島アントラーズ
27日(日)に行なわれました、Jリーグ第19節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせ致します。

2008年7月27日(日)18:34キックオフ・カシマサッカースタジアム
試合結果
鹿島アントラーズ1-1(前半1-0)浦和レッズ
得点者:40分小笠原(鹿島)、82分達也
入場者数:36,412人
試合速報


「ターニングポイント」

パラパラと振り出した雨が、あっという間にバケツをひっくり返したごとくスタジアムに叩きつけ、一気に視界が閉ざされる・・・。そして鳴り響く雷と共に試合は中断した。

今までにあまり経験したことのない、長時間の中断と雷雨。およそ1時間近くの中断再開後、一瞬の隙をつかれ小笠原に先制を許した。

しかしこの日のレッズは違っていた。以前なら萎縮してズルズル下がっていたが、プレーこそ雑であるにしろ、前へ前へ突き進んでいこうとする動きが見えた。そしてそれが形となったのが、後半37分の同点弾だった。

決してお世辞にもきれいな形ではない。達也やセルヒオが体ごと投げ出して奪った執念のゴールだったように思える。


やはりアウェーの鹿島は何が起こるかわからない。勝点3こそ奪えなかったものの、首位に対して勝点2を奪ったという思いが強いだろうか・・・。ここで得た勝点1は今後を見据える上で重要なターニングポイントになるはずだ。

しかしそれを生かすには次で勝ってこそだと思う。しばらく中断を挟むが、鹿島の地で得た勝点1の重みを強く感じて、また次へ臨んでほしい。

200807272129000Imgp2527

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月20日 - 2008年7月26日 | トップページ | 2008年8月3日 - 2008年8月9日 »