« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »

2008.07.18

池袋発埼スタ行き

昨日は、仕事の都合で休みが取れず、定時上がりで埼スタへ向かうことに。

普通なら南北線→埼玉高速鉄道で、職場から浦和美園までおよそ1時間ちょっとなのですが、1度は直行バスに乗ってみようということで、昼過ぎにケータイからチケットを買ってみました。

そして定時の18時に職場を出た後、およそ20分ほどかけて、有楽町線東池袋駅からサンシャインシティ文化会館に移動し、埼スタ行き直行バスに乗りました。

バスの乗ったのが18:30。で、すぐに東池袋ランプから首都高に入り、5号池袋線→中央環状線→川口線→東北道浦和ICと通り、埼スタ北門に着いたのが19:00ということで、何とわずか30分で着いてしまいました。まあ道路事情にもよりますが、平均所要時間が40分とアナウンスされていますがそれでも早いほうですね。

同然のごとく、試合開始には十分に間に合いました~。

値段は800円と電車に比べるとやや割高ですが、席も完全着席制なので、ラクラクでした。また機会があれば使ってみたいですね~。

池袋発 浦和レッズ 観戦バス運行のお知らせ」(国際興業トラベル:運行終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.17

【第17節 東京V戦】

オフィシャルより

08.07.17
Jリーグ第17節vs東京ヴェルディ
17日(木)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第17節vs東京ヴェルディの試合結果をお知らせします。
2008年7月17日(木)19:31キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3-2(前半2-2)東京ヴェルディ
得点者:7分フッキPK(東京)、23・36(PK)・58分闘莉王、41分ディエゴ(東京)
入場者数:35,080人
試合速報


「悪いなりにも・・・」

久々の3得点。しかし流れの中での得点がなかったのは、今のレッズの現状を表しているといっても過言ではない。

ただ悪いなりにも、選手達は懸命に動き、相手の攻撃の芽を摘もうと必死だった。2失点は結果としては良くなかったが、前節大分戦と比較すると、前を向く姿勢は格段に良くなっていたと思う。

大事なのはその姿勢、そのキモチを貫き続けていくこと。消極的になってしまっては、プレーにダイレクトに影響する。それゆえ、その中で得たこの勝点3は貴重である。

闘莉王をはじめ選手達のコメントを聞く限り、今の悪い状況は十分に理解しているようだ。あとは彼等の揺らぎ続けている自信が戻ってくるのを待つしかない。

次節は累積警告で3人が出場停止となる。次こそが正念場となるだろう。

Imgp2415Imgp2424Imgp2430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.16

第17節 東京V戦プレビュー

いよいよ17試合目、ここでリーグ戦は折り返し。明日はホーム埼玉スタジアムに東京ヴェルディをむかえ対戦する。

ヴェルディは現在、6勝2分8敗の勝点20で第13位。前節はホームで京都と対戦。前半30分に柳沢に決められ0-1で敗れた。

この試合でのヴェルディの総シュート数は「17」。そのうち約半分の8本をFWフッキが放っている。やはり彼や前節出場停止だったディエゴがチーム引っ張る形となるだろう。さらに欧州で活躍していた大黒を獲得し、いままで以上に攻撃に磨きをかけるようになる。

ただ、やはりヴェルディはどうしても「個の力」だけが突出しているという印象がある。レッズもその印象があるが、フッキという強力な王様を抱えている限り、その比ではないと思う。

まず彼を止めることが大事であるし、その基点となるディエゴ、レアンドロの外国人選手の動きは十分に気をつけたいところだ。

一方のレッズは前節アウェーで大分と対戦。開始早々に前田にあっさりとヘディングで決められた。その後も何とか踏ん張り、後半に向け攻撃への転換を図りたかったが、終了残り10分というところで、パスミスからウェズレイに決められ万事休す。0-2で敗れ首位から陥落した。

今節はFWエジミウソンが累積警告の出場停止。おそらく前線は高原、達也の2トップが予想される。またトップ下には調子のいい永井の起用が予想されるが、個人的にはベストポジションとなる梅崎を先発で使って欲しいという思いもある。チームとしての得点の少なさが心配のタネだけに、ここは新たな2トップに期待したいところだ。

また、ここ数試合の失点の多さから、DF陣の再構築の話も漂っている。まずは闘莉王のポジションがどこになるのか・・・そこが重要な鍵となるだろう。

ただ、つまらない失点を無くす事を第一に考えるのならば、DF陣を立て直すことが急務だ。やはり背の高い選手がいるだけで、印象はかなり違ってくる。


明日と21日でホーム2連戦。後半戦へ向けて重要な連戦となる。ホーム開催という『地の利』を生かせてこそ、はじめて勝点3が近づいてくる。そのためには選手間で、そしてチームとしてどう機能させるのか・・・。そこを克服してこそ、その先のステップが見えてくると思う。戦術もいろいろとあるだろうが、まずはボール向かって貧欲になることが重要だろう。

もうつまらないサッカーは見たくないし、闘うサッカーが見てみたい。そして90分間闘い続ける選手達を見てみたい。そう願って明日は共に闘っていきたい。

Imgp2411

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.07.13

大分遠征あれこれ

3年ぶりとなるアウェー大分での土曜日の試合。多くのサポーターが大分へ向け旅立ちました。というわけで、振り返りましょう~。


5:45自宅出発。いつものように東武野田線新鎌ヶ谷駅からスタート。比較的早い飛行機をチョイスしたため、この時間となりました。

6:03発の船橋行きに乗車します。
Imgp2259Imgp2260Imgp2261






6:15船橋駅着。6:27発の総武線快速久里浜行きに乗換。
Imgp2262
Imgp2263






6:52東京駅着。ここから山手線に乗り換えます。
Imgp2264Imgp2265






7:05浜松町駅着。久々にモノレールに乗ります。7:10発の区間快速に乗ったら、浦和方面からの友人とばったり合流しました。
Imgp2266






いろいろと話しているうちに7:29、空港第1ビル駅着。そのまま出発ロビーへと移動します。
Imgp2268






特に預ける荷物もなく、そのまま保安検査場を通って搭乗口へ。
Imgp2269






今回搭乗する飛行機は、なかなか日本ではあまり少ない、「マクドネル・ダグラス社(MD機)」の飛行機。ジャンボ機に比べると小さいですね。
Imgp2273Imgp2275Imgp2278






ちょっと腹ごなしということで、「まぐろやさんのかつサンド」を購入。お肉の代わりに、まぐろをカツにしてさらにそれをサンドにした一品。食感は、そう言われると肉じゃないな~というぐらい違和感がなかったですね。
Imgp2271Imgp2272






そうこうしてる間に搭乗時間。今回搭乗したのは北九州空港行き、JAL373便です。
Imgp2279Imgp22701






離陸してそうこうしてる間に、久々に富士山とご対面します。このために席を窓側にしたのも、過言ではありません。
Imgp2283Imgp2289Imgp2288






今回は「クラスJ」を利用したので、お菓子を頂きました。
Imgp2292Imgp2293






名古屋上空。真ん中に小さく写っているのは、9月に行く予定のグランパスのホーム瑞穂陸上競技場ですね。
Imgp2294






その後、飛行機は順調に進み、10:10過ぎに北九州空港に着陸。
Imgp2301Imgp2305Imgp2307






空港からは小倉駅行きのシャトルバスに乗ります。
Imgp2309Imgp2311






11:20過ぎ、JR小倉駅に到着。ここから先に着いた友人と合流し、ひとまず昼食を。
Imgp2312Imgp2314






昼食は、小倉出身の友人がお薦めする「四方平(よもへい)」へ。
Imgp2320






食べたのは、ちゃんぽんとのり巻きのセットと餃子。ラーメンとのり巻きの組み合わせって珍しいかったですね。
Imgp2316Imgp2317Imgp2319






食後は、小倉駅の混雑を避けて、JR戸畑駅へ移動。ホームでダラダラと時間を潰します。
Imgp2324Imgp2321






戸畑13:01発「ソニック23号」に乗車し、一路大分へ向かいます。
Imgp2323Imgp2325






今回乗車したのはいわゆる「白ソニック」。座席は革張りで高級感があって、乗り心地はよかったですね。
Imgp2329






14:37大分駅到着。駅近くのホテルでチェックインを済ませてから、一路スタジアムへ向かいます。
Imgp2336Imgp2337






バス乗り場で予想以上に並んで、直行バスに乗車。およそ30分ほどかけて、ビックアイに到着。
Imgp2338






今回は屋根が開いていました。久々ですね。
Imgp2339






この日のスタジアムイベントでは、なぜか「さんまのまんま」のまんまが出没?
Imgp2340






で、試合終了後は疲れを引きずりながらバス乗り場へ。21:00過ぎに大分駅へ到着。ホテルで着替えたあとは、気分を入れ替えて夜の街へ(笑)。

大分に来たら必ず立ち寄る「紙ふうせん」で仲間達と飲み会。試合には負けましたが、やはり大分は食べ物はおいしいし、リーズナブルでいいですね~。
Imgp2358Imgp2362Imgp2363






そしてお店にはこんなかわいい一言も・・・。
Imgp2361






この日、21時過ぎの店内はほぼ7割方・・・いや、もしかしたらそれ以上レッズサポだったような気がします。お店の皆様、ご迷惑おかけしてゴメンナサイ。

結局、閉店の12時まで飲み通し。その後そのままホテルへ戻り、着替えもそこそこにバッタリとベッドへ倒れこみました。ちなみに今回宿泊したのは、自分では大分での定宿となってる「コモドホテル」です。やはりここは値段の割に天然温泉があるのが魅力的ですね。

翌日は7時起床。朝食をとり、持参したPCで調べ物をしていたら、あっという間に友人との待ち合わせ時間が近づいてきました。

チェックアウト後、まずは大分の定番デパート「トキワ」でお土産を購入。
Imgp2364






その後、駅にある「とり天小屋」で名物のとり天を購入。
Imgp2365Imgp2366Imgp2382






さらに構内の売店で「雪ん子寿司」を購入。これは5月にTBS系の「ランキンの楽園」にて、ギャル曽根ちゃんが自ら食べて決めた全国の駅弁第2位に選ばれたとのこと。名産の椎茸を挟んだお寿司ですが、シンプルでおいしかったですね。
Imgp2374Imgp2377Imgp2379






大分10:41発、「ソニック22号」通称「青ソニック」に乗車し、一路小倉へ。
Imgp2368Imgp2369Imgp2371






今回大分往復に使用したのは、通称「4枚きっぷ」。都市間の往復割引切符ですが、2人でシェアしたので、小倉(北九州市内)-大分間が往復で4,900円と、通常のおよそ半額で往復することができました。
Imgp23831






12:07小倉駅着。昼食ということで、駅周辺を散策すると、「ちか天」なる不思議な店を発見。狭い階段を恐る恐る下りて入ってみると、店内はカウンターだけで15人入れればいっぱいのお店。正式なお店の名前は「ふじしま」だそうです。

天ぷらの定食のみということで、「えび入り天ぷら定食」注文。ものの数分で揚げたての天ぷらが並びます。これで700円ぐらいだったかな?衣がサクサクしてておいしかったです。後から調べたら、小倉では結構有名なお店だったようです。
Imgp2385Imgp2384






お腹を満たしたところで、小倉駅12:50発の北九州空港行き直行バスに乗車。13:30過ぎに北九州空港に到着しました。
Imgp2386Imgp2387






出発ロビーでのんびりしたあと、14:20発スターフライヤー82便に搭乗。
Imgp2389Imgp2392






スターフライヤーといえば、タリーズのコーヒーですね。添えられたチョコと一緒にいただきました。
Imgp2393Imgp2395Imgp2398






ほぼ定刻通りの15:55羽田空港着。友人と別れ、京急線ホームへ。
Imgp2400Imgp2403






羽田空港16:23発の北総線直通の印旛日本医大行きに乗車。乗り換えなしでゆったりと帰ります~。
Imgp2401Imgp2405






京急→都営→京成→北総とひたすら乗り続け、17:39新鎌ヶ谷駅に無事に到着。
Imgp2408Imgp2406Imgp2407






というわけで、俺お疲れ。

そして、大分へ遠征された皆様、お疲れ様でした。来年こそは勝点3獲りたいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月6日 - 2008年7月12日 | トップページ | 2008年7月20日 - 2008年7月26日 »