« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »

2008.06.13

「語る会」2008

「Talk on~」より、こっちの方が馴染みがあるせいか、しっくりくるんですよね~。

おそらく質問も、核心を突くところまでいくかどうかわかりませんが、ちょうど下り坂のままで中断期間に入った今こそ、聞きに行くべきなんでしょうかね・・・。

開催日は25日(水)。ちょうど夕張キャンプが終わって、リーグ再開へ向けて佳境の頃ですね。

Talk onTogether2008開催(レッズオフィシャル)
浦和レッズは、クラブの取り組みやチーム作り等について情報発信するトークイベント「Talk on Together2008」を開催致しますので、お知らせ致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.10

制裁

オフィシャルより

08.06.10 Jリーグからの制裁について

本日10日(火)、5月17日(土)のガンバ大阪戦でのトラブルについて、Jリーグから譴責(始末書提出)および制裁金(2,000万円)を課す制裁が決定したとの通知を受けました。
今回のトラブルにつきまして、両チームのファン・サポーターをはじめとする多くの関係者の皆様にご迷惑をお掛け致しました。改めて深くお詫び申し上げます。制裁につきましては、トラブルを未然に阻止できなかったこと、トラブルの初期対応が遅れ、事態の拡大を阻止することが出来ない等運営責任を果たせなかった事実を厳粛かつ真摯に受け止めております。これまで以上に「安全で快適なスタジアム」の実現を目指し、リスク管理体制の抜本的な見直しを始める等最善を尽くして参ります。今後とも温かいご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。

制裁決定について(Jリーグオフィシャル)


というわけで、あれからおよそ1ヶ月経ち、処分が決定しました。

いろいろと意見が出てきそうですが、もう決まった結果です。静かに受け入れるべきでしょう。

今は、もう二度とああいうスタジアムの光景は見たくない。ただそれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

【ナビスコカップ予選L第6節 名古屋戦】

オフィシャルより

08.06.08
ヤマザキナビスコカップvs名古屋グランパス
8日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・予選リーグ第6節vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせします。
2008年6月8日(日)15:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-5(前半0-1)名古屋グランパス
得点者:14分小川(名古屋)、54分梅崎、61・76・87分杉本(名古屋)、71分阿部(名古屋)
入場者数:35,417人
試合速報


「力の差とキモチの差」

久々に味わったホームでの大量失点。点を決められる度に、ピッチに立つ選手達から『自信』が失われていった。

この日、新たに高橋峻希と加藤順大が先発で起用され、後半途中から山田直輝も起用された。彼等にとって、埼スタという異空間な場で、トップチームでプレーできたのは大きいと思う。だが、収穫話もわずかそれだけ。5失点という事実は全く変わらない。

何が悪かったのか・・・。一概には特定して言えないが、この“負”の流れはずっと続いてきたように思える。まずは選手の能力云々よりも、基本的に相手より走れていないし、試合に対しての約束事が徹底されていないのではないかと思った。

もちろん名古屋と力の差も認めなければいけない。戦術がしっかりしており、誰が入っても常にその動きにムダがなかった。そしてそれ以上に「キモチの差」が勝敗を分けたというか、大量失点の起因になったのかもしれない。

レッズはすでに予選リーグ敗退が決まり、どことなく消化試合という感は否めなかった。しかしそれでもスタジアムに3万5千人以上のサポーター、ファンが駆けつけた。『頑張る』と言うのは簡単だが、そのプレー1つ1つが見ている人たちに伝わっていたのだろうか・・・。

今日でJはいったん中断。リーグ戦再開までおよそ3週間の休みに入る。

リーグ再開後は、怪我で戦列を離れていた選手達が帰ってくる。しかしチームとしてすぐに機能できるかどうかはわからないし、そんな彼等に過度な期待は禁物だ。それは自分も反省しなければならない。

5失点という辛い記憶は残るが、今はその反省生かす事が大事。まだまだ先は長いのだから、今後予定されているであろう合宿でじっくりとレッズの“色”、“コンセプト”を作り上げて、3週間後を前向きに迎えたい。

Imgp2153Imgp2159Imgp2164

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月15日 - 2008年6月21日 »