« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »

2008.05.31

【ナビスコ杯予選L第5節 神戸戦】

オフィシャルより

08.05.31
ヤマザキナビスコカップvsヴィッセル神戸
31日(土)に行なわれました、ヤマザキナビスコカップ、予選リーグ第5節vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせ致します。
2008年5月31日(土)19:00キックオフ・ホームズスタジアム神戸
試合結果
ヴィッセル神戸2-1(前半1-1)浦和レッズ
得点者:4分高原、36・86分栗原(神戸)
入場者数:17,453人
試合速報


「コンセプトなき敗戦」

開始早々に先制するも、どうもその次が続かない。最初こそ小気味いい攻撃を組み立てるものの、しばらく経つと前線と中盤が開いてしまい、そこを衝かれ相手の仕掛けにバタバタしてしまい、クリアするのがやっとの状態になる。

もっとどっしり構えてもいいようだが、やはり柱を欠いていると、いとも簡単に崩されてしまう。メンバーが代わり多少なりともチーム力が下がるのは致し方ない。けれど、コンセプト・戦術として考えると、チームとしてどこに向かっているのかわからない。

この日の相手だった神戸は、チームとして意思統一がはっきりしており、失点しても決して慌てることはなかった。メンタル面からすでにレッズとの差が明らかで、スタジアム全体の雰囲気もどことなく違っていたように思う。

再開後のリーグ戦、そしてACL決勝トーナメントを控え、戦力は揃っているものの、はっきりしないチームの方向性に不安がよぎる。今までは良いが、監督が変わったからといって、全ての流れがずっといい方向に向き続けるとは限らない。

もう次の最終節は消化試合。自分達が目指す方向はどこなのか・・・。その答えを日曜日に見てみたい。

Imgp2061Imgp2068Imgp2072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.30

ナビスコ杯予選L第5節 神戸戦プレビュー

【前回対戦 リーグ戦第10節(2008.5.3)】
JリーグHP)(浦和HP)(神戸HP

【前々回対戦 ナビ予選第1節(2008.3.20)】
JリーグHP)(浦和HP)(神戸HP

今期3度目となる神戸との対戦。明日はアウェーホームズスタジアム神戸にのりこみ、ヴィッセル神戸と対戦する。

神戸は現在2勝2敗の勝点6で予選グループ第2位。前節は京都とアウェーで対戦し、1-0で勝利し、念願の予選リーグ突破へ向けて前進した。

今節はA代表で大久保、累積警告でレアンドロが出場停止と攻撃の軸を欠く。しかしリーグ戦で同点ゴールを許した吉田がFWでの先発が予想され、また攻守の切り替えがしっかり浸透しているだけに、前回同様油断できない相手である。

一方のレッズは、前節はアウェーで名古屋と対戦。開始早々に2失点を許し、常に追いかける展開を強いることになった。ユースの選手達が起用されるなど、今後へ向けての良い点は見つかったものの、試合内容としては、相手のプレッシャーに負けてしまい、ほぼ自滅といってほど悪い内容だった。

今節は、怪我で長期離脱していたポンテ、そしてA代表から離脱した高原の遠征帯同が決まった。ここまでチームを支えてきた永井が遠征不参加ということを考えると、どちらかの先発起用も予想されるだろう。またボランチの人材が不足し、ベテランの内舘、山田に頼らざろう得ない状況をチーム全体でカバーしたいところだ。

決して予選リーグ突破をあきらめているわけではないが、これまでの内容を考えると難しいといえる。今後を見据える上で、内容を伴った勝利が見てみたいのが本音でもある。相手は“予選突破”という高いモチベーションに対して、どういうパフォーマンスを見せてくれるか、明日も選手達共に闘っていきたい。

Imgp1681

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

どうでもいい話

ナビスコカップ予選リーグ突破の可能性が低くなった今、ふと考えた・・・。

今年のナビは、ACLの関係で鹿島とガンバ大阪が予選Lを免除されているけど、来年からはACLに4チーム出るとなると、ナビの予選Lはどうなるんだと?

18チームから4チームを除いた14チームで予選Lをするのか、J2を加えて2001年以来の拡大したカップ戦になるのか・・・。

まあ、そんな事今から考えても意味ないんですけどね(笑)。

2008posterl

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

名古屋(豊田)遠征あれこれ

というわけで、昨年のCWC以来、ほぼ半年振りの豊田遠征を振り返ります~。


今回のアウェー遠征は日曜日のナイター。当初は翌日からの仕事の事を考えて1泊も考えましたが、直帰することに決め計画を立てました。

スタートは、いつものように東武線の新鎌ヶ谷駅から。9:15発の野田線でいざ出発!
Imgp1729Imgp1730Imgp1733






9:28船橋駅。ここで9:33発の総武線快速久里浜行きに乗り換え。
Imgp1734Imgp1735






10:00東京駅着。地下改札を出て、丸の内側行幸通り下の地下道を通り、5~6分程でメトロ千代田線の二重橋前駅に到着。
Imgp1736Imgp1737Imgp1738






ここから10:09発の小田急線直通の多摩急行唐木田行きに乗車。
Imgp1740Imgp1741Imgp1742






直通急行でメトロから小田急に変わり、揺られること約40分。10:48新百合ヶ丘駅着。ここで快速急行藤沢行きに乗り換え。
Imgp1743Imgp1744






10:59町田駅着。このまま急行で小田原まで行ってもよかったのですが、ここは偏屈にいきます(笑)。
Imgp1745Imgp1747






11:10発の「特急はこね15号」に乗車。ちなみにこの車両は、普段は新宿-沼津間の「特急あさぎり」を中心に運用されています。
Imgp1748Imgp1750






乗ったのは二階建て車両がある3号車の1階部分。普通席として発売されていますが、当然1階席なので景観は望めません。その分シートの幅が広く、グリーン車並となっており、隠れた人気となっているようです。
Imgp1760Imgp1754Imgp17551






今回、なぜ小田急を使ったかというと、以前4月に日本平遠征の時に使った、小田急の『株主優待乗車券』を再度入手できる機会があり、なおかつ使用期限が5月いっぱいという事だったので、今回の遠征はまず『小田急を使う』という前提で企画しました。
Imgp1756Imgp1757






ロマンスカーのゆったりとした時間はあっという間に過ぎ、11:49に小田原駅着。
Imgp1761Imgp1762Imgp1763






ここから新幹線に乗り換え。12:04発の「こだま551号に」乗車します。

ちなみに車両はこだま号にしては珍しい主力の700系。今年3月のダイヤ改正から1日4往復だけ東京-名古屋間のこだま号に運用されています。
Imgp1764Imgp1765Imgp1766






新幹線は、エキスプレス予約を使って、特急料金にわずか1,000円をプラスして、お得にグリーン車に乗ることにしました。
Imgp1767Imgp17751Imgp1771






昼食は小田原駅で買った「とん漬弁当」。
Imgp1773Imgp1774






浜名湖が見えてきたらもうすぐ到着・・・ということで、13:42豊橋駅着。
Imgp1778Imgp1779Imgp1780






ここから名鉄線に乗り換え。13:53発の急行岐阜行きに乗車。
Imgp1783Imgp1784






隣のホームにはJR飯田線の車両が止まっていました。
Imgp1785






120キロでガンガン飛ばします。
Imgp1786






14:28知立駅着。ここから14:35発の三河線に乗り換え。
Imgp1792Imgp1793Imgp1794






のどかな風景を見つつ、14:59豊田市駅着。新鎌ヶ谷を出て約6時間かかりました。
Imgp1796Imgp1797Imgp1798






駅を出ると「ふれ愛フェスタ2008」というイベントが行われていました。そこには「モリゾー」と「キッコロ」の姿が・・・。
Imgp1800Imgp1802






そして、程なくしてスタジアム到着。そして開場。
Imgp1804Imgp1805






早めの夕食は豊橋駅で買った「稲荷寿し」と・・・
Imgp1806Imgp1807






豊田市の駅前にある焼きそば屋で、八丁味噌味の焼きそばを頂きます。
Imgp1808Imgp1809






試合終了後はダラダラと豊田市駅へ戻り、21:45発の名鉄三河線で知立へ。

22:09知立駅着。22:16発の特急岐阜行きに乗り換え。
Imgp1833






途中駅で名古屋に泊まる友人と別れ、22:37名鉄名古屋駅着。そして高速バスで帰る友人を見送り、自分は東海道線のホームでしばし時間を潰す事に・・・。
Imgp1834Imgp1836






帰りは、23:55発ムーンライトながら号に乗車。
Imgp1837Imgp1840Imgp1843






ムーンライトながら号といえば、『18きっぷ』という印象がありますが、それ以外の期間に関わらず結構乗車率が高かったですね。
Imgp1844Imgp1839






列車は順調に進み、5:05東京駅着。
Imgp1852Imgp1857Imgp1858






東京駅からは5:21発の総武線快速に乗って、船橋経由で6:10に新鎌ヶ谷駅着。無事21時間の旅が終わりました。
Imgp1859Imgp1861






というわけで、俺お疲れ。そして日曜夜の試合にも関わらず、豊田へ行かれた皆様お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.25

【ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦】

オフィシャルより

08.05.25
ヤマサキナビスコカップvs名古屋グランパス
25日(日)に行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・予選リーグ第4戦vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせ致します。
2008年5月25日(日)19:00キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパス4-2(前半3-1)浦和レッズ
得点者:6分小川(名古屋)、14分杉本(名古屋)、32分達也、42分巻(名古屋)、56分内舘、88分津田(名古屋)
入場者数:21,015人
試合速報


「180分間の自習時間」

開始早々から2点を追う展開。今の名古屋の勢いにやられたのもそうだが、それ以上に自滅した感があった内容だった。

A代表や五輪代表で抜けた中でのメンバー構成。組むのが難しかっただろうが、現時点でのベストメンバーでは、結果を出すことは出来なかった。

守備の対応が後手後手にまわり、常に相手に数的有利の状況を作り出されてしまった。また攻撃も前線の3人だけ仕掛けてもどうしようもなく、何も好転しなかった。

けれど、これは今に始まったことではない事。チームとしてのコンセプトが見えなければ、誰が入っても結果は同じ。それは名古屋をみればわかる事。主力を欠いても、連動し走れているのはチームとして機能している何よりの証拠だ。

これで予選1位での通過はなくなった。まだ数字上では可能性はあるものの、もう厳しいと言わざるを得ない。

予選Lの残り2試合、合計180分間をどういうコンセプトを持って臨むのだろうか・・・。ただ黙々とこなすだけならば、単に無駄なこと。この日は途中から若手を起用したり、相手にあわせてシステムを4バックに変えてみたりと、多少なりとはいえその先へ向けての動きが見えた。それだけに、終わった事はしっかりと修正して、最後の最後までプロとしての意地をみせてほしい。

Imgp1818Imgp1820Imgp1825

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月18日 - 2008年5月24日 | トップページ | 2008年6月1日 - 2008年6月7日 »