« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

2008.05.24

ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦プレビュー

【前回対戦 リーグ戦第2節(2008.3.15)】
JリーグHP)(浦和HP)(名古屋HP

Jリーグは代表戦のために先週で中断。今週からナビスコカップが再開される。そして明日はアウェー豊田スタジアムにのりこみ、名古屋グランパスと対戦する。

名古屋はカップ戦は2勝0分1敗の勝点6で首位。そしてリーグ戦は8勝2分3敗の勝点26でレッズに次いで第2位である。

リーグ戦前節はアウェーで札幌と対戦。前半先制されるものの、後半マギヌンのゴールで同点。その後攻守のバランスが良くなり、結局3-1で逆転勝ちをした。

明日は、A代表で玉田、楢崎。五輪代表で吉田。その他にヨンセンの欠場が決まっている。攻守の要を4枚欠くが、攻撃のスタンスはぶれないだろう。FWにはスーパーサブでしっかりと結果を残している杉本や同様に足の速い深井の起用が予想される。またリーグ戦でしてやられてしまったMF小川とマギヌンのコンビにも手を焼くことがないよう気をつけたいところだ。

一方のレッズは、カップ戦では2分1敗の勝点2で勝利がなく、予選L敗退の瀬戸際にたたされている。リーグ戦前節はホームでガンバと対戦。ホームではあったが、相手の勢いにやられてしまった感があり、1-3で敗れてしまった。

レッズはA代表で、高原、啓太、阿部、闘莉王。五輪代表で細貝、梅崎、エスクデロの7人を欠く。戦力的には厳しいところではあるが、逆に言うならばチャンスがたくさんあるということ。明日は達也や坪井、永井の復帰が予想され、また先日登録されたユースの山田、高橋そして原口の帯同が決まっており、こちらも楽しみである。

開幕の頃のどん底に比べたら、よくここまで這い上がってきたと思う。それは代表選手ならずとも、それ以外の選手達が支え、そして活躍してきた結果でもある。明日からの3試合はそれを証明するための試金石となる。

代表で両チームとも主力は欠くものの、リーグ戦首位と2位の対戦という好カードであり、名古屋は予選突破のためには越えなければならない高い壁でもある。まさに背水の陣といったところだろう。

今レッズを取り巻く環境は、成績とは裏腹にとても重苦しい状況にある。しかしその不安を払拭するためには、勝利が何よりも必要だ。そのためにも明日も選手達と共に最後まで闘っていきたい。

Imgp1679

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報】ACLノックアウトステージドロー(追記あり)

オフィシャルより

08.05.24
ACLノックアウトステージ組み合わせ
AFCチャンピオンズリーグ・ノックアウトステージ、準々決勝の相手は、クウェートのアル・カドシャに決定しました。

◆準々決勝
第1戦:9月17日(水)アル・カドシャ(クウェート)vs浦和レッズ
第2戦:9月24日(水)浦和レッズvsアル・カドシャ(クウェート) 

◆準決勝
第1戦:10月8日(水)アル・カラマ(シリア)-ガンバ大阪の勝者vs浦和レッズ 
第2戦:10月22日(水)浦和レッズvsアル・カラマ(シリア)-ガンバ大阪の勝者

◆決勝
第1戦:11月5日(水) ホームゲーム 
浦和レッズvsサイパ(イラン)-クルフチ(ウズベキスタン)の勝者or鹿島アントラーズ-アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)の勝者
第2戦:11月12日(水) アウェイゲーム
サイパ(イラン)-クルフチ(ウズベキスタン)の勝者or鹿島アントラーズ-アデレード・ユナイテッド(オーストラリア)の勝者vs浦和レッズ

※キックオフ時間等、詳しくは、決まり次第お知らせ致します。


というわけで決まりましたね。

初戦は中東というのは覚悟の上ですが、アウェーのクウェートのおいて、試合の時期の気温が50℃近くになるということで、しっかりとした情報収集と体調管理に気をつけて欲しいですね。

ノックアウトステージ開幕まであと3ヶ月半ありますが、組み合わせも決まり、やはりテンションが上がってきますね~。

ACL,ベスト8の顔合わせ決まる
大陸での初戦を警戒する浦和レッズ
ACL準々決勝で浦和を避け、安堵するサイパ
(いずれも、AFCオフィシャル:日本語版)


Quarter-final 1
サイパ(イラン/B組1位)
クルフチ(ウズベキスタン/A組1位)

Quarter-final 2
鹿島アントラーズ(日本/F組1位)
アデレードユナイテッド(オーストラリア/E組1位)

Quarter-final 3
アル・カドシャ(クウェート/D組1位)
浦和レッズ(日本/昨年優勝)

Quarter-final 4
アル・カラマー(シリア/C組1位)
ガンバ大阪(日本/G組1位)

Semi-final 1
Winner QF 1:サイパ-クルフチの勝者
Winner QF 2:鹿島-アデレードユナイテッドの勝者

Semi-final 2
Winner QF 4:アル・カラマー-G大阪の勝者
Winner QF 3:アル・カドシャ-浦和の勝者

Finals
Winner SF 2
Winner SF 1

上側が第1戦のホーム
準々決勝:第1戦:9/17、第2戦:9/24
準決勝:第1戦:10/8、第2戦:10/22
決勝:第1戦:11/5、第2戦:11/12


       ┌───────アル・カラマー(シリア/C組1位)
    ┌─┤①9/17 ②9/24
    │  └─────── ガンバ大阪(日本/G組1位)
┌─┤①10/8 ②10/22
│  │  ┌───────アル・カドシャ(クウェート/D組1位)
│  └─┤①9/17 ②9/24
│      └───────浦和レッズ(日本/昨年優勝)
┤①11/5 ②11/12
│      ┌───────サイパ(イラン/B組1位)
│  ┌─┤①9/17 ②9/24
│  │  └───────クルフチ(ウズベキスタン/A組1位)
└─┤①10/8 ②10/22
    │  ┌───────鹿島アントラーズ(日本/F組1位)
    └─┤①9/17 ②9/24
        └───────アデレードユナイテッド(オーストラリア/E組1位)

※上側が1戦目ホーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.23

ひっそりと・・・

今週は、若手の登竜門である「トゥーロン国際大会」、「UEFAチャンピオンリーグ決勝」、「ACLグループステージ」、そして「J2」とありとあらゆる大会が行われている中・・・・



・・・・



木曜日にひっそりと『キリンカップ』が開幕しました。

キリンカップといえば、今週末からの日本代表が出てくる2試合に注目されがちですが、むしろこの日行われた「コートジボワール-パラグアイ」戦が結構玄人好みの試合だったりするわけで・・・。

Imgp1726Imgp1727

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.21

ACL2008-Matchday6

今宵は、CSテレ朝チャンネルとスカパーのJ2中継をザッピング観戦。

鹿島はアウェーでベトナムのナムディンに4-0で勝利し、ガンバ大阪に続いてノックアウトステージ進出を果たしました。

鹿島が1次リーグ突破 サッカーのACL(スポーツナビ)

【ハノイ21日共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は21日、ハノイなどで1次リーグ最終戦を行い、F組の鹿島はナムディン(ベトナム)を4-0で下し、通算5勝1敗の勝ち点15で同組1位となり、準々決勝進出を決めた。前節まで勝ち点12で並んでいた北京国安(中国)は3-5でクルンタイ銀行(タイ)に敗れた。既に8強入りを決めているG大阪は全南(韓国)と1-1と引き分けた。 立ち上がりから攻め続けた鹿島は前半に田代が先制。後半にも興梠らが加点した。
 準々決勝は鹿島、G大阪ら各組1位と、前回優勝の浦和を合わせた8チームで争われる。優勝すれば12月に日本で開催されるクラブワールドカップ(W杯)の出場権を獲得する。


8チーム中3チームが日本のクラブという好成績で、9月からのノックアウトステージに臨みます。他のグループの状況は明日までには全て出揃う予定です。

そして注目のノックアウトステージの抽選は24日の土曜日に行われます。

Imgp1719Imgp1722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.20

Jリーグ関係閑話休題

ひとまず今日入ってきたJリーグ関係の話題を少し・・・。

○「Jリーグ 電子チケットを全クラブが導入」(スポーツニッポン)

 Jリーグは20日の理事会で、2009年から電子チケットを用いた観戦記録システムをJリーグ全クラブが導入することを決めたと発表した。全試合が対象となる。Jリーグによると、主要スポーツリーグ全体を対象とした記録システム導入は世界初で、11年までに導入を完了する予定。
 当初は非接触型集積回路(IC)カードを年間入場券のパスとして用いる。将来的には一般の入場券もチケットレス化される。ホーム、アウェー問わず入場を自動認証して記録し、入場者のサービス向上に活用する。
 Jリーグの鬼武健二チェアマンは「思い切ってやってみる。顧客の管理もでき、お客さまにも喜んでもらえる」と話した。

Jリーグ全試合対象観戦記録システムをJリーグ全クラブが導入」(Jリーグオフィシャル)

横浜F・マリノスが、年間チケをICカード化してましたよね。確かにこれだと、1枚1枚分割されてたチケを失くす心配もないですし、電子マネーと連携できれば、全てチケットレスで対応できますね。

あとは、行けなくなって宙に浮いちゃう、いわゆる“死にチケ”の対応をどうするか考えてほしいですね。


○「第20節から第22節の日程発表」
北京オリンピックのサッカーの日程が正式に決まったことから、8月分の3節分のJリーグの日程が発表になりました。

レッズ戦のカードは次の通りです。

第20節:08月09日(土)19:30 VS 柏(埼玉)
第21節:08月16日(土)18:30 VS FC東京(味スタ)
第22節:08月23日(土)18:30 VS 磐田(埼玉)

ちなみに、他クラブからの情報ですが、今後の日程発表について、

第24節~第34節(第23節および32節以外)→7月3日(木)発表予定
第23節および第32節(W杯予選関係)→7月10日(木)に発表予定

ということが載ってました。


○「ACL 日本から4チーム出場へ」(スポーツニッポン)

 アジア・サッカー連盟(AFC)のプロリーグ特別委員会は20日、2009年から大会方式を変更するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)について、参加クラブを派遣する協会として現段階で日本、韓国、オーストラリア、中国など11協会を選んだと発表した。新方式では日本から4チームが参加する。7、11月のAFC理事会を経て12月15日に最終決定する。
 新方式では1次リーグ出場チームがこれまでの28チームから32チームに拡大。4チームずつ8組に分かれた1次リーグの各組上位2チームが決勝トーナメントに進出する。

4チームということは、現状で考えるならば、Jリーグ上位3チームと、天皇杯優勝チームの計4チームということになるのでしょうかね~。やはりACLは1度その雰囲気を味わってしまうと、もう病み付きになりますね。

ちなみに今年のACLグループリーグ最終節は明日開催。そして注目のノックアウトステージの抽選は今週土曜日の24日にクアラルンプールで行われます。

ACL、AFCカップノックアウトステージ組合せ抽選会について」(AFCオフィシャル日本語版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

一夜明けて・・・

騒動の件は、自分は試合が終わってから、普段通りにスタジアムを後にしたので、その後のゴタゴタはわかりません。

一連の流れは今朝の新聞等や、ネットからの情報などをいろいろと見たりしました。けれど絶対的にこれが本当の真実というのはまだありません。

もちろん暴力沙汰や迷惑行為は絶対いけないこと。けれど、その起因は試合前にアウェー側からあったことは確か。けれど結果的に数時間スタジアムに取り残されてしまった事件とは一切関係のないガンバサポーターに迷惑をかけてしまったことは、残念であり申し訳ないと思います。

今日の夕方までに、ガンバそしてレッズ双方から騒動の件でリリースがありました。あとはそれぞれのクラブでの早急な調査とJリーグからの裁定を待つことになります。

安全なスタジアムとは何か・・・。サッカーが大好きだからこそ自分達に何ができるのか・・・。もう一度じっくりと考えたいですね。


17日(土)ガンバ大阪戦での出来事について(レッズオフィシャル)
5/17浦和レッズ対ガンバ大阪@埼スタの試合について(ガンバ大阪オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »