« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »

2008.04.26

【第8節 京都戦】

オフィシャルより

08.04.26
Jリーグ第8節vs京都サンガF.C.
26日(土)に行なわれました、Jリーグ第8節vs京都サンガF.C.の試合結果をお知らせ致します。
2008年4月26日(土)16時キックオフ・京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
試合結果
京都サンガF.C.0-4(前半0-0)浦和レッズ
得点者:57・75分高原、60・65分闘莉王
入場者数:19,680人
試合速報


「きっかけ」

試合前からスタジアムを吹きぬける強い風。この風がレッズの勝利をもたらす「きっかけ」となった。

前半は風下で相手のロングボールの処理に手こずった。攻撃に転じても一向に迫力が見えてこない。一歩仕掛ければチャンスが生まれてくるものの、その後が続かない。まさに大宮戦のVTRを見ているようだった。

けれど、手こずりながらも前半を無失点で切り抜けられたことで、後半試合は大きく動いた。

相手の退場が「きっかけ」となりその直後、エジミウソン→永井とつながりボールは高原へ・・・。難しい角度だったが、テーピングが幾重にも巻かれた右足を振りぬき、待望の今季初ゴールが生まれた。

そしてこの先制点を「きっかけ」に、その後18分間で3点を追加し0-4の圧勝となった。

相手が10人になったことはある意味ラッキーな部分もあろうが、今まではこれを生かしきれなかった部分もあった。けれど今回はうまく生かせて、勝点3もそうだが得失点差も増やせたのは大きいと思う。

圧勝でもまだまだ前半のように反省するところもある。中2日と厳しい日程だがそれを生かして、次への闘いに臨んでほしい。

Imgp1330Imgp1338Imgp1343

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.25

第8節 京都戦プレビュー

【前々回対戦 予選L第2節(2008.3.23)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

【前回対戦 予選L第3節(2008.4.16)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

いよいよGWの5連戦がスタート。明日はアウェー西京極陸上競技場にのりこみ、京都サンガF.C.と対戦する。

京都は現在3勝2分2敗の勝点11で第8位。前節はアウェーで新潟と対戦した。

開始早々に失点し反撃を仕掛けるものの、シジクレイの警告2枚での退場からプランが崩れた。その後も主審の微妙な判定もあり、アタリバ、増島も相次いで退場。そして加藤監督も退席という前代未聞の試合となってしまい結局0-1で敗れた。そして今節はその3人と加藤監督はそれぞれ出場停止となる。また今日になってFWパウリーニョがアキレス腱断裂で戦列から離脱することになった。

しかしそんな中、FW柳沢の復帰など明るい材料もある。ベテラン森岡や先日ゴールを奪われた林の起用も予想され、逆境の中でチーム一丸となっての戦いになるだけに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節はさいたまダービーで大宮と対戦。攻撃の形が作れず終始大宮にペースを握られていた。相手の決定力不足に助けられた感もあり、結局スコアレスドローに終わり、リーグ戦の連勝も4でストップし、首位名古屋との勝点差が広がった。

選手層が厚いと言われていても、怪我などでなかなかメンバーが揃わない。そして何よりもチーム全体としての連動した動きがみえてこない。鹿島に勝っても京都、大宮に引き分けるというイマイチな内容が続いている。

しかしながら、レッズも達也の復帰やユースの山田直輝の遠征帯同が決まり、明るい材料がある。京都とは3回目の対戦ということで、お互いの手の内はわかっているだけに、あとは選手達の動きが重要になってくるだろう。


明日からGWに突入し、試合も中2日、中3日と厳しい日程が続く。中盤戦を控えた重要な5連戦だけに今後に向けて弾みをつけたいところだ。明日も厳しい試合が予想されるが、選手達と共に闘って勝点3を奪って流れに乗っていきたい。

Imgp1287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.24

川崎 関塚監督辞任

今月から休養に入っていた川崎の関塚監督が辞任したというショッキングなニュースがありました。

関塚隆監督 辞任のお知らせ(川崎オフィシャル)

 川崎フロンターレでは、関塚隆監督より辞任の申し入れを受け、受理することになりましたのでお知らせ致します。  4月8日(火)のトレーニング終了後に体調不良を訴え、横浜市内の病院に検査入院しておりました関塚隆監督ですが、4月22日(火)に全ての検査が終了しました。検査結果に伴い、4月23日(水)に関塚隆監督より辞任の申し入れがあり、受理することになりました。後任は、高畠勉コーチが昇格となります。

■関塚隆監督コメント
 『4月9日に、体調不良のために検査入院をさせていただきました。私としては2週間程度の休みを頂いて復帰することを目途に考えていましたが、検査の結果、更に休養が必要だという診断をうけました。現場を預かる身として、長期の休養はチームに迷惑がかかるため、チームドクターと相談の上、辞任させていただく決断をしました。

 今回の決断に対し、武田社長をはじめフロントの皆さんに相談させていただき、ご理解を頂きました。チーム関係者、スタッフ、選手をはじめ常日頃よりチームをサポートしていただいている多くのサポーターの皆さん、スポンサーの皆さんにご迷惑をおかけすることを申し訳なく思っています。

 今後は高畠コーチがチームを指揮してくれると聞いています。フロンターレのサッカーは続いていきます。是非ともこれからもフロンターレの変わらぬサポートをお願い致します。

 サポーターの皆さんにはホーム、アウェイにかかわらず、チームへの熱く温かい声援を頂きました。また検査入院の段階で多くのメッセージや励ましを頂きました。非常に心強く、助けられました。ありがとうございます。また改めて皆さんにご挨拶ができるように体調回復に全力を注いでいきたいと思います。』


というわけで、他サポではありますが、なかなか憎めない方でしたね。

川崎がJ1に復帰してからここまで実力をあげてきたのも、関塚さんの力でもありそれを支えてきたのは、選手達の力やフロントのバックアップ、そして地元の声援があったからこそだと思います。昨年はACLで切磋琢磨した間柄でもありますし、うちと対戦したときのコメントもとても的を得てましたし、本当に現場が好きな人なんだな・・・と感じました。

それだけに、こういう形で現場を去るのは本当に残念だとは思いますが、しっかり静養していただき復帰した暁には、またレッズといい試合ができればなと思います。

本当にお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.23

ACL2008-Matchday4

今宵はACLのグループリーグ第4節が行われました。

グループGのガンバは、ホームにオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーをむかえ、山崎の2ゴールで2-0と完勝。グループ首位を守り、次節引き分けでもグループリーグ突破という状況になりました。

一方グループFの鹿島は、アウェーで中国の北京国安と対戦。前半終了間際に先制点を奪われ、後半チャンスもありましたが、なかなかチャンスを奪えず苦しい展開のまま試合終了し、0-1と敗れました。しかし得失点差で首位を守りました。

山崎の2得点でガンバがヴィクトリーを下す(AFCオフィシャル)
勝利の北京、勝ち点で鹿島に並ぶ(AFCオフィシャル)


で、今日は「BS朝日(G大阪戦)」→「CSテレ朝チャンネル(鹿島戦)」と、はしごでテレビ観戦。

ガンバは危なげない内容でしたね。2位のチョンブリFCが全南に引き分けて勝点差が5に開いたので、残り2試合でかなり有利な状況でしょう。

鹿島は苦しい試合内容でしたね。後半足が止まってから何度かピンチもありましたが、相手のミスに助けられた感じですね。でも逆に決めるチャンスもあっただけに惜しかったと思います。このグループは鹿島と北京の一騎打ち。同じ勝点ですが、まだ鹿島有利な状況は変わりません。でも得失点差絡みで、最後までもつれそうですね。

ACLグループリーグもあと2試合。先週からGWのリーグ戦開催を含めて、7連戦となる両チームの動向に注目したいですね。

Imgp1281Imgp1284Imgp1286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.22

2018年W杯

今日はこの話題から・・・。

2018年サッカーWカップ、「中国開催の可能性高い」―FIFA会長

 2008年4月20日、国際サッカー連盟(FIFA)のプラッター会長は北京市で行われた五輪サッカーの組み合わせ抽選会に出席した。席上、プラッター会長は中国が2018年ワールドカップを主催する可能性が高いとコメントした。中国新聞社が伝えた。
 五輪を超えると言われる世界最大級のスポーツイベント・サッカーのワールドカップは2006年のドイツに続き、2010年は南アフリカ、2014年はブラジルでの開催が決定している。プラッター会長は2018年の開催招致を目指して中国、メキシコ、イギリス、オーストラリアなどが争っているが、中国は大型スポーツイベントを成功させてきた実績があり招致に成功する可能性が高いとコメントした。
 代表の成績は振るわないとはいえサッカーは中国の人気ナンバーワンスポーツ。ワールドカップ招致は多くのファンたちにとって夢とも言える。今回のプラッター会長の発言で五輪に続く大型スポーツイベントの招致が現実味を帯びてきた。


 元記事は中国発なんですが、どうなんですかね~。まあ今年北京五輪があるので、その開催能力をみてからでも遅くはないとは思いますが・・・。

 18年は順番からいって、欧州で開催かなぁと思っていたのですが、ブラッター会長のリップサービスもどこまで本気なんでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.20

【第7節 大宮戦】

オフィシャルより

08.04.20
Jリーグ第7節vs大宮アルディージャ
本日、20日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第7節vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。
2008年4月20日(日)14:01キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-0大宮アルディージャ
入場者数:50,997人
試合速報


「忸怩(じくじ)たる思い」

拍手とブーイングが入り交じる試合後のスタジアム。スコアレスドローという結果は、まだまだ長いトンネルから出られない今のチームの現状を表していた。

最初こそ永井の仕掛けから、中盤や両翼の選手を経由して前線のエジミウソン、高原にボールが渡り、小気味よい攻撃を展開していた。しかし、相手の攻めにラインがズルズルと下がってくると、前線は3人だけと孤立してしまい攻撃も単調になるばかりだった。

カウンターを恐れて、攻め手を欠き仕掛けることできなかったのは、悔いが残るし不満が募る。また相手に合わせてしまうと何もできなくなってしまうのは、これまでの敗戦でも経験したこと。だからこそそれを打開する力を持たなければ、同じことの繰り返しになってしまう。

達也や高原が復調傾向という明るい材料があったにしても、大宮相手のドローという結果、そしてさいたまダービー3戦勝ちなしという結果は、選手達そして自分達も忸怩たる思いを持たなければならないだろう。

来週からはGWの5連戦が始まる。しばらくリフレッシュして次へ臨んでほしい。

Imgp1269Imgp1274Imgp1275

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »