« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »

2008.03.29

第3節 新潟戦プレビュー

明日からリーグ戦再開。ホーム埼玉スタジアムにアルビレックス新潟をむかえ、対戦する。

新潟はリーグ戦では大宮、FC東京に敗れ2連敗。カップ戦では大宮、新潟相手に1分1敗とまだ勝ち星がない。1週間前のナビスコ大分戦では、攻守に全くいいところがなく0-3の大敗を喫した。ここまで4試合で10失点はダメージが大きい。

主力選手などの移籍で、チームの構築が難しいところがあろうが、レッズは新潟戦では若手選手達に苦戦を強いられていただけに、決して侮ってはいけないだろう。

一方のレッズは、リーグ戦では2戦2敗で無得点といいところなく終わり、カップ戦でも1分1敗と成績を見る限りでは泥沼の状態だ。

ただ監督が代わり、徐々にではあるが光が差し込んできているような気がする。特に1週間前の京都戦では、エジミウソンが今季チーム初ゴールを演出してくれた他に前半だけでハットトリックというおまけもついてきた。しかし相手のシステム変更についていけず、昨年の強固たる守備陣も崩壊し同点に終わってしまった。

収穫あり課題ありのナビスコカップ2試合だったが、この流れをどう生かすのかが今後のポイントになると思う。やはり点を獲ることには何も始まらないと思うし、チームの雰囲気が上がらない。

明日は闘莉王や代表勢が戻ってくることになり、再び選手の入替が予想されるが、注目は昨年まで新潟に在籍していたエジミウソンだろう。新潟を知り尽くした彼がどう古巣に挑むのか・・・。当然のことながら、マークが厳しくなるだろうが周りがしっかりと彼をフォローできれば、チャンスがより広がると信じたい。

まずは“勝点3”。その想いを強く強く持つことが大切だ。あとは選手達を信じてサポートしていくこと。90分間キモチ上げて彼らと共に闘っていきたい。

Imgp0937

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.24

京都遠征あれこれ

今季最初の遠距離遠征を振り返ります~。


今回はJR東海ツアーズが発売していた「1day京都セレクトプラン」での旅。日帰りということで、当然ながら出発は早朝に・・・。

昨年末から最寄駅となった新鎌ヶ谷駅からスタート。5:31発の野田線で船橋へ。
Imgp0829Imgp0830






5:44船橋駅着。ここから5:50発の総武快速線に乗り換え。
Imgp0831






ちょうど日の出の時間帯。車内に差し込む朝日が気持ちいいです。
Imgp0835






6:14東京駅着。開店前のグランスタを通って新幹線へ乗り換えます。
Imgp0836






6:40発の『のぞみ101号』で一路京都へ。観光客に混じって同士が結構いたのにはややビックリ・・・。
Imgp0838Imgp0839Imgp0840






車窓からの富士山を眺めつつ、朝早かったものでここから爆睡・・・。
Imgp0852






9:01京都駅着。ここからスタジアムへ向かう予定が急遽予定変更で、東海道線ホームへ。
Imgp0854Imgp0855Imgp0856






ここから東海道線に乗ること、約20分。こじんまりとした山崎駅へ到着。
Imgp0860Imgp0862






やってきたのは、サントリーの山崎蒸溜所。そうウイスキーの工場見学です。
Imgp0863Imgp0864Imgp0865






最近、こういう工場見学ってブームなんですね・・・。この10時からの見学も40人ぐらいいました。
Imgp0866Imgp0871






ウイスキーができるまでの工程を30分かけてじっくりと見学した後は、お待ちかねの試飲タイム~♪
Imgp0878






山崎12年」の水割りとソーダ割りから選べます。今回は水割りを選択。なおドライバーの方やお子さんには、お茶やジュースも用意されています。
Imgp0879






ちなみに試飲は1杯だけじゃありません。2杯目以降はお好きな飲み方をオーダーできるそうです。まあこちらもほどほどに・・・。

1時間あまりの工場見学を終えて、一路京都へ戻ります。
Imgp0888Imgp0889Imgp0892






京都駅では「1dayプラン」のクーポンを使って、ホテルグランヴィア京都の「ル・タン」でランチバイキングを楽しみました。
Imgp0893






その後、地下鉄→阪急と乗り継いで、スタジアムへ移動。
Imgp0895Imgp0894Imgp0899






試合終了後は阪急→地下鉄と乗り継いで、30分あまりで京都駅へ。20:32発の『のぞみ98号』で帰ります。
Imgp0920Imgp0921Imgp0924






夕食は改札口近くにオープンした「スバコ・ジェイアール京都伊勢丹」のフードコートで、「まかない弁当」なるものを購入。
Imgp0926






そして22:53に東京駅到着。
Imgp0929






総武線→東武野田線と乗り継いで、日付の変わる頃に無事新鎌ヶ谷駅に到着。

ということで俺お疲れでした。ご一緒したNさん、T夫妻、そして京都に遠征した皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.23

【ナビスコ杯予選L第2節 京都戦】

オフィシャルより

ヤマザキナビスコカップvs京都サンガF.C
本日、23日(日)に行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・予選Aグループ第2節vs京都サンガF.C.の試合結果をお知らせいたします。
2008年3月23日(日)17:00キックオフ・京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
試合結果
京都サンガF.C.3-3(前半1-3)浦和レッズ
得点者:19・35・39分エジミウソン、 36分徳重(京都)、45分柳沢(京都)、54分渡邉(京都)
入場者数:13,332人
試合速報


「課題と継続」

久々にゴールネットが揺れ、歓喜が訪れたが、残念ながら結果は伴わなかった。

“まずは1点”という課題の中で、前半だけでエジミウソンの3得点は申し分ない。そして他の選手達も相手のサイドをえぐって勝負できたのが大きかった。

しかし一方で、3失点という課題は見過ごす訳には行かない。監督のコメントの中で「リーダーシップをとれる選手がいなかった」と話していたように、大事な後半の立ち上がりに一気に押され、あっという間に同点にされてしまった事が悔やまれる。

チームを立て直している今は、まだまだ課題が山積している。しかしこのナビスコ杯2試合を通じて、若手にもチャンスが巡ってきて、彼らは精一杯ピッチでアピールした。

そんな若い力を無駄にはできないし、かつここまで積み上げてきた攻撃のスタイルは、今後も継続していかなければならない。だからこそ今日は勝てる試合だったかもしれないが、負けなかったこと、そして点を獲るという課題をクリアできたことは、『一歩前進』と捉えてもいいと思う。

来週からは代表選手達も帰ってくる。新たな力を加えたチームが、あとは勝ち点3を奪うという課題をどう克服していくのか、今はただ期待しつつ見守りたい。

Imgp0910Imgp0914Imgp0918

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月16日 - 2008年3月22日 | トップページ | 2008年3月30日 - 2008年4月5日 »