« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008.03.08

【第1節 横浜FM戦】

オフィシャルより

08.03.08
Jリーグ第1節vs横浜F・マリノス
本日8日(土)に行なわれました、Jリーグ第1節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。
2008年3月8日(土)14:05キックオフ・日産スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)横浜F・マリノス
得点者:60分小宮山(横浜)
観客数:61,246人
試合速報


「意識のズレ」

思っていた通りに物事がうまくいかないことがある・・・。まさに今日の試合はそれがピッタリだった。

下馬評では高くても、実際はまだまだ・・・。キャンプを通じて実戦経験を積んでいないのが裏目に出てしまった。

新加入の高原、エジミウソンは共に下がってボールをもらう動きをしていたものの、意識のズレなのか中盤との連携が今ひとつで、迫力ある攻撃からは程遠かった。

しかしまだ始まったばかり。まだまだ修正できる余地はある。犯した失敗を繰り返さないことが大切だ。

そして次節はホーム開幕戦。キモチ入れ替えて闘ってほしい。

Imgp0718Imgp0736Imgp0738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.07

第1節 横浜戦プレビュー

いよいよ明日から16年目のJリーグが開幕する。レッズの初戦はアウェー日産スタジアムにのりこみ、横浜F・マリノスと対戦する。

マリノスは今季、元ジュビロ監督の桑原氏を迎え名門復活へ動き出した。新外国人選手にFWロニーと元仙台のMFロペスを獲得し、攻撃に厚みを加えた。その影響か代表ではトップ下で活躍している山瀬功治がやや前目のボランチでの起用が予想される。

しかしここにきてケガ人が多いのが気になる。ボランチの河合が欠場の予定で、その穴埋めとなるベテラン松田の起用がチームの勝敗を左右することになるかもしれない。

一方のレッズはオジェック政権2年目を迎えても、戦力のアップに余念がない。守備力はここ数年安定しており、心配はしていない。それよりも昨シーズンを振り返ると、やはり攻撃力の上積みは必至だっただけに、高原とエジミウソンの獲得は大きいし、明日はその2人のFW起用が予想される。

左サイドの三都主の離脱は大きいが、それ以上に控えに甘んじている選手達のモチベーションは強く、明日はキャンプで出遅れた相馬の起用が堅いと思われる。攻撃力が上がっても、チームとしての成熟度が高くない限り、勝点3は遠い。それゆえ選手達同士の連携が大切であろう。


長いシーズンオフを経て、いよいよ開幕する。昨年失ったモノを奪還するのは険しいけれど全く無理ではない。それゆえ相手は違えど、開幕が日産スタジアムというのは、何か因縁めいたものを感じる。まずそこを払拭しなければ、スタートは切れない。

目指すは覇権奪回。今季も選手達と共に闘っていきたい。

Imgp0692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

お買い物は続く・・・

DVDキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!

っていうことで、CWCのレッズ特集のDVDをお買い上げ~。

ポイントは、我らが永井雄一郎のACミラン戦の解説でしょうかね(笑)

Imgp0690Imgp0691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

冷却期間

家本主審を一定期間担当から外す。スーパー杯の判定問題で(スポーツナビ)

 
 日本サッカー協会審判委員長の松崎康弘氏は5日、警告や退場者が続出したゼロックススーパーカップ(スーパー杯)の判定問題について、「冷却期間が必要」と判断し、主審を務めた家本政明氏を一定期間、試合の担当から外す方針を示した。詳細は今週中に発表される予定となっている。

 JFAハウスで行われたルール講習会に出席した松崎氏は、家本主審の判定について、「判定事態はほぼ間違いはなかった」との見解を示し、PKの蹴り直しについても、「キッカーがボールを蹴る前にGKが動いたらやり直すというのがFIFA(国際サッカー連盟)の見解。これは各クラブに対しても説明している」と正当性を訴えた。その一方で、「前半12分の岩政にイエローカードを出す時にちゅうちょしてしまったことが後を引いてしまった」と、ゲームコントロールの問題を指摘した。
 
 また、日本サッカー協会の川淵三郎会長や鬼武健二Jリーグ・チェアマンの苦言に対しては、「ゲームコントロールについては、真摯(しんし)に受け止め、指導していく」と述べた。


一時期に比べたらレフェリングは良くなっていたと思っていましたが、カードの出し方、そして選手達の捉え方が悪い方向に向かってしまったのでしょうか・・・。

これで以前に続いて2度目の冷却。本人にとっても協会にとっても悩みどころですが、選手達にとって見れば、不可解なカード1枚がヘタすれば今後のプロ生活にかかってくるわけで・・・。

試合のピッチにいるのは、両チームのイレブン22名と、審判団3名の合計25名。これら全てがお互いの特徴をわかった上でつつがなくプレーできることが“最良の試合”という事なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

アレックス戦線離脱

今日のレッズプレスによると、三都主が腱の部分断裂で開幕直前になって戦列を離れることになり、完治までに2~3ヶ月かかるという事。

貴重な左サイドがいなくなるというのは、とても大きいですね・・・。これで開幕戦の布陣がどうなるかわかりませんが、相馬や平川、又は永井や梅崎の起用が予想されるだけに、まずは期待したいですね。

三都主本人が一番悔しがっていると思いますが、とにかく今はあせらずじっくりと治療に専念してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.03

売り込みと本心

今日、藤口社長がある秘話を披露したようで・・・。

浦和にデルピエロから売り込みあった(日刊スポーツ)

 アジア王者の浦和は3日、さいたま市内のホテルでクラブパートナーを招待する「感謝の会」を開催した。オジェック監督をはじめ、コーチ陣や選手も出席し、会場には303人の関係者が集まった。冒頭のあいさつで、藤口光紀社長は昨夏、関係者を通じてイタリア代表FWデルピエロから売り込みがあった秘話を披露し、会場を盛り上げた。
 中村修三GMは「4冠に向けて全力を挙げる」とあいさつ。フィナーレでは、オジェック監督が「大きな期待に応えられるように全力を尽くしたい」と意気込みを口にしていた。


う~ん、クラブのトップが言ったのなら本当なんでしょうかね。でも“デルピエロサイド”からっていうのは、本物だったんでしょうか・・・。まあその真偽はわかりませんがね。


そして、昨日フェスタがあったなかで、今朝日刊に掲載されたデカ旗の記事がちょっと話題になりました。

浦和に「世界最大」43×70メートル応援旗(日刊スポーツ)

自分はまだ作業に協力できていませんが、この件は正直なところ“残念”としかいいようがありませんし、それを書いた記者の本心がよくわかりません。

いろいろと話を聞くと、この作業については、サポーター以外にもレッズをとりまくいろんな人達が協力してくれて、各々の作業に参加してくれたという事で、とても奥が深いわけです。

それだからこそ、たやすく簡単に記事にされてしまったのは、とても“残念”なことだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

レッズフェスタ2008

というわけで、行ってきました。

場所が埼スタへ変わり、時間もやや短くなりましたが、開幕1週間前のイベントとしては、十分に楽しめましたと思います。

選手の皆さん、クラブの皆さん、お手伝いのスチュワードの皆さんありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

REDS Festa 2008 コンコース他
REDS Festa 2008 セレモニー

Imgp0659Imgp0666Imgp0677

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »