« ふり向くな君は美しい | トップページ | 1月1日 »

2008.12.31

2008年の暮れに

今年は、レッズにとって、これほど乱高下した年はありませんでした。

解任、騒動、苦悩、内紛・・・・

終わってみたら、これまで積み上げてきたものが崩壊したというか、実はそれはただの「幻」だったのかもしれません。

けれど、「個」では各々力を持っている選手達。クラブがしっかりと指針を示し、名にとらわれることなく現場とパイプを密にし、その指針に見合う指導者が選手達を導けば、きっとチームは変わるはず・・・そう願ってなりません。

それゆえ、来年からレッズを指揮するフィンケ新監督に期待するものは大きいと思います。

けれど、来年も厳しいシーズンになるかもしれません。でもそれはレッズを愛しているゆえ覚悟の上のこと。

サポートしていて、希望が持てる試合が今年以上に多くなれば、それこそ本当の“一からのスタート”と言えるでしょう。


今年も、弊ブログをご覧いただきありがとうございました。来るべき2009年もレッズを愛する皆様にとって、すばらしき1年になりますように。

ではよいお年を!

|

« ふり向くな君は美しい | トップページ | 1月1日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/43592396

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年の暮れに:

« ふり向くな君は美しい | トップページ | 1月1日 »