« 第34節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 浦和を愛してくれた男達 »

2008.12.06

【第34節 横浜FM戦】

オフィシャルより

08.12.06
Jリーグ第34節vs横浜F・マリノス
6日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせ致します。
2008年12月6日(土)14:31キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-6(前半0-1)横浜F・マリノス
得点者:22分兵藤(横浜)、46・80分河合(横浜)、56分細貝、64・76分小宮山(横浜)、86分大島(横浜)
入場者数:53,583人
試合速報


「栄枯盛衰」

6失点。

最終戦の舞台は、今季を象徴するような、それはそれは見事な負けっぷりだった。

無理もない。出場停止のエジミウソンに加え、高原が直前で離脱となってしまい、その任を他のFW陣が控えているにも関わらず、指揮官はルーキーの高崎に託してしまうのだから・・・。

相変わらず出足は悪く、相手の小気味よいパス回しに翻弄されっぱなしだった。

運良く攻撃に転じても、横に回すばかりで、縦に出るのは苦し紛れ。前後分断は変わらず、これでは前線で体を張ったルーキーも割にあわない。

少しは意地を見せるかと思いきや、ボールを奪われても、すぐには追わず、傍観しているだけでは、何も言いようがない。もう切れてしまったキモチは元に戻らなくなってしまっていた。


第31節で2位につけてからの、重要と位置付けたラスト3試合は、3戦全敗。結果7位まで転げ落ち、シーズン最初に社長がぶちあげた「全タイトル制覇」は、果てしなき遠い夢と消えた。ただこれも、今のレッズのサッカーではわかりきっていたことか・・・。

とにもかくにも2008シーズンは終わった。得るものを失うスピードは速い。この大事な正念場にどう立ち向かうのか・・・。ここからの立て直しを注意深く見守っていくしかない。

Imgp0740Imgp0774Imgp0793

|

« 第34節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 浦和を愛してくれた男達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/43355343

この記事へのトラックバック一覧です: 【第34節 横浜FM戦】:

« 第34節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 浦和を愛してくれた男達 »