« フィンケに懸かるそれぞれの想い | トップページ | 「山の神」から「月山山形」へ »

2008.12.18

CWC(Match5)

ガンバ大阪3-5マンチェスター・ユナイテッド(FIFA.com)

前半40分過ぎからテレビ観戦。

前半終了間際のゴールで2-0になって、やっぱりマンUは抜かりないなぁと思っていましたが、ハイライトを見るとガンバのチャンスが多く、これはもしやと思ったら、後半山崎のゴールで1点差。

面白くなってきたと思ったら、マンUの立て続けの3得点は圧巻でしたね。でもその後のガンバの猛攻や、遠藤のPKもあり、何だか大味な試合になりましたね。

第三者の立場だと面白い試合だったのかも知れませんが、西野監督は悔しさをにじませてましたね。

 この会場に来る前に、何人かの人に「面白かった」と言われたんですが、決して僕自身はそう思わないです。確かに点が入れば面白いサッカーに見えるかもしれませんが、ガンバにとっては、逆の得失点の関係なら「面白い」ということが素直に受け入れられるのかもしれませんが。(スポーツナビ)
西野監督会見(スポーツナビ)

敗れはしましたが、ガンバの「攻撃サッカー」という持ち味は、十分に出せたのではないでしょうか。敵ながらこういうサッカーは、悔しい反面うらやましいという思いがありますね。

Imgp0893Imgp0904Imgp0907

|

« フィンケに懸かるそれぞれの想い | トップページ | 「山の神」から「月山山形」へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/43461148

この記事へのトラックバック一覧です: CWC(Match5):

« フィンケに懸かるそれぞれの想い | トップページ | 「山の神」から「月山山形」へ »