« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

2008年の暮れに

今年は、レッズにとって、これほど乱高下した年はありませんでした。

解任、騒動、苦悩、内紛・・・・

終わってみたら、これまで積み上げてきたものが崩壊したというか、実はそれはただの「幻」だったのかもしれません。

けれど、「個」では各々力を持っている選手達。クラブがしっかりと指針を示し、名にとらわれることなく現場とパイプを密にし、その指針に見合う指導者が選手達を導けば、きっとチームは変わるはず・・・そう願ってなりません。

それゆえ、来年からレッズを指揮するフィンケ新監督に期待するものは大きいと思います。

けれど、来年も厳しいシーズンになるかもしれません。でもそれはレッズを愛しているゆえ覚悟の上のこと。

サポートしていて、希望が持てる試合が今年以上に多くなれば、それこそ本当の“一からのスタート”と言えるでしょう。


今年も、弊ブログをご覧いただきありがとうございました。来るべき2009年もレッズを愛する皆様にとって、すばらしき1年になりますように。

ではよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.30

ふり向くな君は美しい

今日から開幕ですね~。

第87回全国高校サッカー選手権大会(スポーツナビ)

そういえば、今大会は準決勝が埼スタ開催なんですね。調べたら、準決勝の10日(土)は国立では大学ラグビーの決勝戦とのこと。

ということは、「国立への道」が今まで以上に狭まったということ。

今大会も、白熱した試合が多くある事を期待したいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.29

天皇杯準決勝

延長分も含めて、4時間半ぶっ通しで2試合テレビ観戦。

暇だな俺(笑)。




ということで、元日の決勝は、ガンバ大阪と柏レイソルとの対戦。

ガンバは2大会ぶり、レイソルは前身の日立製作所から33大会ぶりの決勝進出とのこと。

“地味な対戦”とは言うなかれ、共に満身創痍の中、わずか3日後に控える決勝戦は、なかなか面白い試合になるかもしれません。

Imgp0923Imgp0932Imgp0936

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.28

有馬記念

皆さん、今年はどの馬に夢を託しましたか?

自分は、考えに考えて出した結論は「マツリダゴッホ」。

けれど、夢は4コーナーを回ったところで終わりました・・・。

さあ、来週の金杯に切り替えましょう(笑)。

第53回有馬記念結果(Yahooスポーツ)

Imgp0917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.27

検証

お久しぶりです。1週間振りですね。

思いっきり日記サボってました(笑)。というわけで、また今日からボチボチと復活です。



2008シーズンについて(レッズオフィシャル)

クリスマスにアップするもんだから、何かプレゼントと思いきや、「検証」ですか。

でも、シーズンが終わったのは12月6日。あれだけのモノを作成するのに、およそ20日間も必要だったんですかね?もっと早く示せなかったのでしょうか~。

けれど、この「検証」こそシーズンの反省をクラブとして示す場。それを来季へ生かせるかどうかが大事となります。

でも、これで全て終わりって訳ではないですよね?1月に示される新たな「方針」に期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.20

スタートは3月7日

ついこないだシーズンが終わったと思ったら、もう来年の話か・・・。

2009Jリーグ年間日程
2009Jリーグ J1リーグ戦・J2リーグ戦 大会方式および試合方式について
【2009Jリーグヤマザキナビスコカップ】大会方式および試合方式について
(いずれもJリーグオフィシャル)

対戦カードなどはまだまだ先ですが、ある程度の日程の青写真はつかめた感じ。

さっそくカレンダーや手帳に書き込まないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.19

「山の神」から「月山山形」へ

来シーズンからJ1を舞台に戦う「モンテディオ山形」に、チーム名変更の話題が・・・。

J初!再来年から漢字だけの「月山山形」へ(サンケイスポーツ)
 

来季J1に昇格するJ2モンテディオ山形が進めている『月山山形』へのチーム名変更案の全容が18日、明らかになった。東北芸術工科大教授の中山大輔クリエイティブディレクター(41)が同日、山形県天童市のべにばなスポーツパーク総合体育館内で行った臨時理事会で説明した。新しいチーム名は『月山山形』か『山形』で、再来年からの使用を予定している。

全て漢字とは、また大胆というか発想が面白いですね。

まあ「FC東京」や「横浜FC」など、必ずしもカタカナの愛称?を付けているチームがないですし、あと漢字はダメというルールもないですしどうなんでしょう。

でも、昇格祝いにふって湧いたこの騒動は反対意見もあるようですが、どうなるのか。まあ今の「モンテディオ」のままでも全然いいような気もしますがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.18

CWC(Match5)

ガンバ大阪3-5マンチェスター・ユナイテッド(FIFA.com)

前半40分過ぎからテレビ観戦。

前半終了間際のゴールで2-0になって、やっぱりマンUは抜かりないなぁと思っていましたが、ハイライトを見るとガンバのチャンスが多く、これはもしやと思ったら、後半山崎のゴールで1点差。

面白くなってきたと思ったら、マンUの立て続けの3得点は圧巻でしたね。でもその後のガンバの猛攻や、遠藤のPKもあり、何だか大味な試合になりましたね。

第三者の立場だと面白い試合だったのかも知れませんが、西野監督は悔しさをにじませてましたね。

 この会場に来る前に、何人かの人に「面白かった」と言われたんですが、決して僕自身はそう思わないです。確かに点が入れば面白いサッカーに見えるかもしれませんが、ガンバにとっては、逆の得失点の関係なら「面白い」ということが素直に受け入れられるのかもしれませんが。(スポーツナビ)
西野監督会見(スポーツナビ)

敗れはしましたが、ガンバの「攻撃サッカー」という持ち味は、十分に出せたのではないでしょうか。敵ながらこういうサッカーは、悔しい反面うらやましいという思いがありますね。

Imgp0893Imgp0904Imgp0907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.17

フィンケに懸かるそれぞれの想い

フォルカー・フィンケ新監督就任会見(レッズオフィシャル)

まだ契約を交わしていないようですが、ついに決まりました。オフィシャル動画で会見を見ましたが、自信に満ち溢れた内容だったように思います。

けれど、まだ「所信表明」をしたばかり。本当の勝負はこれから始まります。

監督が変わると、その分期待は大きいですが、過度な期待は禁物。監督からも、若手の起用を明言していますし、実際にピッチで闘うのは選手ですから、すぐに結果を望むのは、我慢しなければいけないでしょうね。

監督自身とクラブそして選手とサポーター。四者の想いはそれぞれ違うかもしれませんが、もう一度チームを立て直したい想いはきっと同じであろうと信じて、彼に託していきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.15

ICカードか紙チケットか

来季のシーズンチケットについて、先週こんなお知らせがあったようです。

08.12.13 09シーズンチケットに関してのお知らせ
来シーズン・2009年のシーズンチケットに関して、新たなサービスのご提供についてお知らせです。

浦和レッズは、2009年より、シーズンチケットホルダーの皆様がスタジアムでより快適にご観戦いただけるよう、Jリーグ全体で標準化を進めているシステムを活用し、新しいチケットのタイプと入場方法を導入致します。

◆チケットのタイプは、1枚のICカードまたは試合数分のQRコード認証式の紙チケットの2通りからお選びいただきます。
◆入場方法について、従来の入場口でのチケットもぎりから、カードやバーコードをかざす事による認証システムでの入場を採用し、効率的な入場を実現致します。
更に、ICカードにはEdy機能(電子マネー)も付いており、スタジアム内売店でのお買い物にご利用可能となるなど、より快適なスタジアムライフをお過ごし頂けるようになります。

2009年シーズンチケットは12月18日(木)迄、一般販売受付中ですので是非ともこの機会にお申込ください。

※なお今シーズン2008年にシーズンチケットをご購入いただいた皆様には、12月15日(月)から順次、来シーズン2009年のシーズンチケット継続のご案内をお送りさせていただきますので、ご承知おき下さい。


さて、来年からはJリーグの観戦システムの導入によりICカード化が実現しました。ところで、メリットってなんですかね。

1.もぎりの人員の削減
2.紙の消費を防ぐ
3.顧客の管理

まあ2などは再生紙を使用することで特に問題はないでしょうが、このぐらいでしょうかね。

逆にデメリットとなると、

1.観戦できない試合のチケットの融通
2.半券が収集できない

考えられるのはこのぐらいでしょうか。

1は気になる問題ですね。急遽行けなくなってしまったチケットを、他の人に譲りたいがどうするのか。どうやらメールなどで譲渡できるなどとの情報もあるようですが、もしそうなればある程度は楽になりますね。

けれど、PCなど使えない人達への配慮も必要なのかな、と感じます。

個人的にはICカード化の導入は賛成です。けれど、全面切り替えは、色々な方のニーズがあるでしょうから、紙チケットも今後は存続するでしょう。

試行錯誤でしょうが、何とか軌道に乗ってほしいですね。


☆「大阪遠征あれこれ」アップしました。お待たせしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.14

CWC(Match3)

アデレード0-1ガンバ大阪(スポーツナビ)

あの舞台からもう1年か~。と時の流れの速さをちょっと感じながら、テレビ観戦。

ガンバは、最後のアデレードのパワープレーに苦しみましたが、何とか勝ちましたね。

アデレードにとってみれば、またガンバかよ・・・。と思っているかどうかは定かではありませんが、やっぱり、去年のセパハンも同じ気持ちだったのかな・・・と。

1年に3回も日本に来て、しかも中2日で真冬のナイトゲームが続くのも、アデレードにとっては、ある意味酷なんじゃないかな・・・と感じます。

ガンバは、次は木曜日にマンチェスター・Uと対戦ですが、佐々木・二川の怪我が気になりますね。

Imgp0881Imgp0886Imgp0887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.13

J1/J2入れ替え戦:第2戦

運命の第2戦終了。
磐田2-1仙台

水曜日に続いて、スカパーで観戦。

2008年最後のJリーグ公式戦となる「入れ替え戦第2戦」が終わり、通算1勝1分でジュビロ磐田がJ1残留を決めました。

チャンスの機会は仙台の方が多かったですが、前半のビックチャンスを決められなかったのが、全てだったのかもしれません。逆に磐田は1点奪ったことで、後半は落ち着いてボールを動かし、時間を使ってゲームを支配していたと思います。

ただ、後半ロスタイムに仙台が1点を返してからの、わずか数分間の攻防は、お互いの強い意地強く感じられ、久々にしびれました。

当事者にとっては、厳しい入れ替え戦。終了直後の川口の突っ伏した姿がそれを物語っていました。けれど、第三者からみると、これほどドキドキする2連戦はなかったです。

2004年から5年間続いた入れ替え戦は、来季からJ2が拡大することに伴い今季で終了し、今度は下位3チームが自動降格となります。

調子がいいチームも、いつこういう憂き目にあってしまうかわかりません。それだけに、“明日は我が身”というわけではないですが、レッズも来季は油断せず厳しくいかないといけませんね。

Imgp0853Imgp0862Imgp0873

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.11

クラブワールドカップ開幕戦

今日から開幕。

アデレード2-1ワイタケレ(スポーツナビ)
CWC特集(スポーツナビ)
クラブワールドカップオフィシャル(FIFA.com)

というわけで、知り合いからチケットを譲ってもらい、行ってきました。

結構、ピッチから近い場所だったので、いつも見ているゴール裏と比べ、選手達の声がダイレクトで聞こえて迫力がありました。

ワイタケレが先制して、どうなるかと思いましたが、やはり実力差は歴然。アデレードがしっかり逆転勝ちして、ガンバ大阪と日曜日に再戦することになりました。

世界が注目するCWC。決勝戦までの華やかな11日間が始まりました。

Imgp0828Imgp0843Imgp0846

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.10

J1/J2入れ替え戦:第1戦

第1戦終了。
仙台1-1磐田

今日はスカパーで観戦。

仙台のホーム「ユアテックスタジアム仙台」に、18,000人余り集まった超満員での第1戦でした。

磐田は貴重なアウェーゴールとなる1点を獲ったことで、これが次へ向けてどう繋げるかが大事になるでしょう。逆に仙台は、第2戦は点を奪わないと後がないので、より攻撃的に来る事が予想されます。

現在のところは、どちらかというと磐田が有利ですが、サッカーは最後の最後までわかりません。

そして注目の第2戦は、中2日で土曜日の16時に、磐田のホーム「ヤマハスタジアム」でキックオフです。

Imgp0813Imgp0819Imgp0820

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.09

最後の入れ替え戦

初めて導入された2004年以来、今年で5回目の「J1/J2入れ替え戦

ちなみに、過去4年の結果は以下の通りになります。

それを見ると、最初の年だけはJ1チームが勝って残留を決めていますが、それ以外の3回とも、J2勢が勝ちJ1昇格を決めています。

特に2006年からは、アウェーゴールルールが適用され、またベンチ入りメンバーもJ2基準での5人からJ1基準の7人に増えたことも、チームとしての戦い方に変化が出てきています。

なお、来年からJ2が拡大されるのに伴い、入れ替え戦もその役目を終えます。そして今年のカードは磐田(J1)-仙台(J2)。

最後の最後にどんなドラマが待っているか・・・。第1戦は明日水曜日19時に、ベガルタ仙台のホーム「ユアテックスタジアム仙台」でキックオフです。


【2004年 柏(J1)-福岡(J2) 柏2勝】
第1戦 福岡0-2柏
第2戦 柏2-0福岡

【2005年 柏(J1)-甲府(J2) 甲府2勝】
第1戦 甲府2-1柏
第2戦 柏2-6甲府

【2006年 福岡(J1)-神戸(J2) 2分:アウェーゴール数で神戸】
第1戦 神戸0-0福岡
第2戦 福岡1-1神戸

【2007年 広島(J1)-京都(J2) 京都1勝1分】
第1戦 京都2-1広島
第2戦 広島0-0京都

☆「J’sGOAL」に過去の入れ替え戦のハイライト映像が公開されているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.08

勝利への執念

J1最終節での、千葉の猛烈な逆転残留劇には驚きました。

同然にごとく埼スタにいたので、リアルタイムではわかりませんでしたが、ハーフタイムで0-2。もうだめだろうなあ・・・かと思いきや、終わってみたら4-2。東京V、磐田が共に敗れたため、勝った千葉が勝点で上回り、残留を決めました。

東京Vはまさかの2度目の降格。磐田は一縷の望みをつないで、仙台との入替戦に臨みます。

スポーツニュースなどで、千葉の戦いぶりを確認しましたが、0-2から選手達は逆に吹っ切れたみたいで、ノビノビとプレーしていたのが印象的でした。またホームフクアリでの試合だったから、今まで以上に異様な空間を生み出して、逆に相手の選手達が萎縮してしまったといっても過言ではないでしょう。

水曜日には、入替戦第1戦が行われます。勝利への執念をとちらがみせるか。最後となるであろう、入替戦に注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.07

浦和を愛してくれた男達

浦和を愛してくれた男達に、ただただ感謝。

3人のこれからの人生にとって、今まで以上に幸多かれし事を祈ります。

Imgp0749Imgp0760Imgp0766

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.06

【第34節 横浜FM戦】

オフィシャルより

08.12.06
Jリーグ第34節vs横浜F・マリノス
6日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第34節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせ致します。
2008年12月6日(土)14:31キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-6(前半0-1)横浜F・マリノス
得点者:22分兵藤(横浜)、46・80分河合(横浜)、56分細貝、64・76分小宮山(横浜)、86分大島(横浜)
入場者数:53,583人
試合速報


「栄枯盛衰」

6失点。

最終戦の舞台は、今季を象徴するような、それはそれは見事な負けっぷりだった。

無理もない。出場停止のエジミウソンに加え、高原が直前で離脱となってしまい、その任を他のFW陣が控えているにも関わらず、指揮官はルーキーの高崎に託してしまうのだから・・・。

相変わらず出足は悪く、相手の小気味よいパス回しに翻弄されっぱなしだった。

運良く攻撃に転じても、横に回すばかりで、縦に出るのは苦し紛れ。前後分断は変わらず、これでは前線で体を張ったルーキーも割にあわない。

少しは意地を見せるかと思いきや、ボールを奪われても、すぐには追わず、傍観しているだけでは、何も言いようがない。もう切れてしまったキモチは元に戻らなくなってしまっていた。


第31節で2位につけてからの、重要と位置付けたラスト3試合は、3戦全敗。結果7位まで転げ落ち、シーズン最初に社長がぶちあげた「全タイトル制覇」は、果てしなき遠い夢と消えた。ただこれも、今のレッズのサッカーではわかりきっていたことか・・・。

とにもかくにも2008シーズンは終わった。得るものを失うスピードは速い。この大事な正念場にどう立ち向かうのか・・・。ここからの立て直しを注意深く見守っていくしかない。

Imgp0740Imgp0774Imgp0793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.05

第34節 横浜FM戦プレビュー

【前回対戦 第1節(2008.3.8)】
JリーグHP)(浦和HP)(横浜FMHP

3月に開幕してから早9ヶ月。いよいよ最終節となる。明日はホーム埼玉スタジアムに横浜F・マリノスをむかえ対戦する。

マリノスは現在、12勝9分12敗の勝点45で第10位。前節は、ホームで東京Vと対戦。前半こそ0-0だったが、後半にベテラン松田のロングシュートで先制。そして終了間際にも相手のミスを衝いて、長谷川がJリーグ初ゴールを決め、2-0で勝利した。

マリノスの前線は、金根煥、狩野、兵藤の3人で組んでいるが、明日はキッカーも努める狩野が累積警告で出場停止。攻撃のキーマンが不在となるが、清水や坂田も控えているだけに決して侮れない。また、守備の要として前節から中澤が復帰。中断後の天皇杯制覇を見据え、1つでも順位を上げるために、全力で挑んでくるだろう。

一方のレッズは、前節はアウェーでG大阪と対戦。4-2-3-1のシステムで、始めて闘莉王をDFに配置した。以前に比べ守備は安定し、攻撃もサイドを使ってそこそこ良かったが、肝心のフィニッシュが決まらず時間が過ぎていった。

チャンスが多かれど、1つゴールが決められなければ勝つことができない。前半終了間際に相手が退場になり、後半から数的優位だったものの攻めきれず、エジミウソンも退場になり、自らそのチャンスを手放してしまった感があった。

結局、パスミスから遠藤にしては珍しいヘディングで決められ、0-1で敗戦。試合後はお粗末な喧嘩なども見させられ、チームとしてはバラバラで、ベクトルが違う方向に向かっているような感じがした。


明日は、そのエジミウソンと闘莉王の2人が出場停止。また怪我で数人の選手の出場が危ぶまれている。他の選手の起用が予想されるが、単にシステムに当てはめるだけの采配は、これまでも指摘されているが、とても危険であり、選手のモチベーションを下げかねない。けれど、適材適所に配置したとしても、選手達があと1歩前へ進まない限り、ボールを奪えないし回せないのだから困りものである。

今シーズンは、指揮官にしても選手にしても、あまりにも「中途半端」や「甘え」が目立った。誰かがやってくれるのではなく、自分で動かないと何も始まらない。けれど、それに気づくまでには、あまりにも遅かったように思える。

泣いても笑っても、叫んでも応援してもあと90分。もう今年のレッズを見られるのは、あとわずかだ。

選手達は「サポーターのために・・・」と一同に言っているが、決してそうは思わない。

彼等はチームのため、レッズのため、ウラワのために闘ってほしい。そんな熱く闘う選手達を勝たせるためにサポートしたいから、自分はスタジアムに行っている。

今シーズンは、あまりにも裏切られた想いが強い。ただ、それはあくまで結果論。自分達は決して強くなかったわけだ。

ラスト1試合。その想いは人それぞれだろう。けれど、最後ぐらいは勝って終わって、笑顔でスタジアムをあとにしたい。

だからこそ、明日も最後の最後まで選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.03

ヒートアップJ2 第44節

いよいよ今シーズンのJリーグもJ1、J2ともあと1試合となりました。

我がレッズは・・・・な感じですが、J2の昇格争いは、そろそろ結果が見えてきたようです。

今節の第44節の結果はこちら
そして終了時の順位は以下の通りです。

1位 広島 勝点97 得失差61 得点96 試合数41
2位 山形 勝点75 得失差25 得点65 試合数41
3位 仙台 勝点67 得失差14 得点61 試合数41
4位 大阪 勝点66 得失差20 得点79 試合数41
5位 湘南 勝点65 得失差22 得点67 試合数41
6位 鳥栖 勝点64 得失差00 得点50 試合数41

広島はすでに昇格&J2優勝を決めていますが、目標といえば、勝点100達成でしょうか。

そして自動昇格の残り1枠は、ついに山形が愛媛に勝利し、自力で2位を確定させました。選手、関係者、サポーター、ファンの皆さん、おめでとうございます。

山形といえば、レッズがJ2時代の8年前に2度、今のNDスタジアムに訪れたことがあります。公式戦での対戦としては、そのJ2の時に4試合。翌2001年のナビスコカップ1回戦のH&Aで2試合。2005年の第85回天皇杯4回戦での合計7試合でしょうか。また選手では、元レッズの宮沢選手が主将として在籍していますね。来年はよろしくお願いします~。

そして、3位の入替戦枠の可能性があるのは、3位仙台から6位鳥栖までの4チーム。けれど鳥栖は得失点差が厳しいでしょうか。ここにきて仙台が鳥栖との直接対決に敗れ、足踏みの状態が続いています。

行方としては、仙台が次節勝てば、すんなりと3位が確定します。けれど、もし引き分け以下になると、他のチームにも勝利が絶対条件ではありますが、逆転で3位の可能性が出てくることになります。

ちなみに最終節の対戦相手は下記の通りです。

1位 広島  徳島H 
2位 山形  水戸H
3位 仙台  草津H
4位 大阪  愛媛H
5位 湘南  福岡A
6位 鳥栖  岐阜A

混迷する入替戦争いの椅子は、仙台が逃げ切るのか。それとも逆転で他のチームが奪うのか。今年も最後まで楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.12.02

J2過密日程再来

昨日、Jリーグから、JFL3チームのJリーグ加入及びJ2昇格が決まりました。

栃木SC、カターレ富山、ファジアーノ岡山がJリーグ入会(Jリーグオフィシャル)

栃木SC
カターレ富山
ファジアーノ岡山

選手、関係者の皆さん。そしてサポーター、ファンの皆さんおめでとうございます。

これで来季はJ1、J2共に18クラブずつの全36クラブとなります。

これで、J2が18クラブになったことに伴い、現在行われているJ1の16位とJ2の3位との「入れ替え戦」はなくなり、J1下位3チーム(16位~18位)と、J2上位3チーム(1位~3位)との自動入替となります。

また試合数は、J2は今季同様3回戦制ということになり、全51試合(17×3)と、今季の42試合(14×3)から大幅に増えます。ちなみに年間50試合以上になるのは、4回戦制最後のシーズンとなった、一昨年の2007年の14クラブ構成だったときの、全52試合(13×4)に次ぐ試合数となります。

選手の強化、収益の確保という面では、3回戦制もわからないでもないですが、蓄積疲労による怪我が心配でもあります。また単に試合数を増やしたところで、淡々とこなすだけでは面白みに欠ける所が出てくるかもしれません。

Jリーグでは、今後J2が19チーム以上になったら、2回戦制を導入するということなので、この厳しい日程もあと数年限りではないかと思われます。

昇格したはいいけれど・・・ということがないように、末永く地元に愛されるクラブに成長して欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »