« 大分戴冠 | トップページ | 【第88回天皇杯4回戦 愛媛戦】 »

2008.11.02

天皇杯4回戦 愛媛戦プレビュー

明日からいよいよ第88回天皇杯の初戦。明日は、浦和駒場スタジアムでJ2の愛媛FCと対戦。奇しくも昨年と同じカードとなった。

愛媛FCは現在J2で38試合を消化し、9勝9分20敗の勝点36で第14位。天皇杯では3回戦で佐川印刷SCと対戦。先制点を許すも逆転し、4回戦へ駒を進めた。今季は得点力がなかなか上がらず、得点が34とリーグ最少得点で1試合平均1点以下という状況である。

一方のレッズは、前節はアウェーで新潟と対戦。またも左に暢久を起用するという不可思議な采配であったが、後半は選手間で修正し、開始から右サイドに戻った。その中で細貝が値千金のゴールを決め、1-0で逃げ切り公式戦7試合ぶりの勝点3を奪った。

内容が乏しい状況なのは相変わらず。指揮官の焦る采配がチームを機能不全に陥れてしまった。ただ前節は選手達が自ずから流れを変える行動を起したことで、勝利を呼び寄せることができた。それだけに今は選手達の頑張りに託すしかない状況になっている。

明日は一発勝負のトーナメント。まずは結果もそうだが運も必要になってくる。相手は昨年に続き大金星を狙うべく積極的にくるだろう。そこをどう往なして自分達のサッカーができるかがポイントなってくるだろう。

サッカーに絶対はない。それだけに点を獲らないと始まらない。前節新潟戦の勝利のイメージを繋いで前を向くことが大切だ。それが今後のリーグ戦残り4試合+天皇杯に繋がっていければいいと思う。

まずは「初戦突破」。ここから始めよう。

|

« 大分戴冠 | トップページ | 【第88回天皇杯4回戦 愛媛戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/42990119

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯4回戦 愛媛戦プレビュー:

« 大分戴冠 | トップページ | 【第88回天皇杯4回戦 愛媛戦】 »