« 内定 | トップページ | 大分戴冠 »

2008.10.31

ナビスコ決勝前夜

明日はナビスコカップ決勝戦。「大分-清水」という初めて関東勢以外同士の対戦となりました。

ファイナルの舞台に上がれるのは、たったの2チーム。よって決戦前夜の緊張感を味わえるサポーター、ファンもわずか2チームだけというわけです。

レッズが初めてファイナルの舞台を経験したのは、今から6年前の2002年。あの頃は、今から振り返っても何もかも地に足が着いていなかった・・・っていう感じでしたね。
 
試合前日にスーパーアリーナで「Reds’EVE」っていうイベントやって、その後国立へ寝袋持参で直行して、仲間達と鍋をやったのは、今となってはいい思い出です。

でも、あの時鹿島に0-1で敗れた事がある意味大きかったのかな、と思いますね。最少差のスコアだったけど、大きな壁だったんだなぁと・・・。

で、翌年のナビスコは、並びから試合前のビジュアルから、そして試合内容から全てが圧巻でした。

それだけに「決戦前夜」っていうのは、やっぱりいい響きだし、何だか去年のACLを獲ってからそういうドキドキワクワク感を忘れてしまったなぁ・・・と自ずから反省してしまうわけです。

清尾さんの当時のコラムを読むと、あの2003年の初タイトルの頃のドキドキ感を思い出しますね~。

MDPはみだし話(清尾さんコラム)
俺たちは何をやってきたか(その1)
俺たちは何をやってきたか(その2)
俺たちは何をやってきたか(その3)

|

« 内定 | トップページ | 大分戴冠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/42968121

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ決勝前夜:

« 内定 | トップページ | 大分戴冠 »