« 名古屋遠征あれこれ | トップページ | 【第26節 京都戦】 »

2008.09.30

第26節 京都戦プレビュー

【前回対戦 第8節(2008.4.26)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

明日はACLで延期された第26節が行われる。久々のホーム駒場スタジアムに、京都サンガFCをむかえ対戦する。

京都は現在、10勝5分11敗の勝点35で、暫定第9位。前節はホームで千葉と対戦。お互い拮抗した内容だったが、後半22分にゴールを決められ、0-1で敗れ連敗を喫した。

6月末に清水からMFフェルナンジーニョを、そしてG大阪からDF水本がそれぞれ加入し、選手層がますます厚くなってきた。以前の対戦時では圧勝したものの、相手の退場に助けられたものでもあり、決して侮ることはできない。

一方のレッズは、前節はアウェーで名古屋と対戦。連戦の疲れからかなかなか流れをつかむことはできなかったが、前半終了間際にエジミウソンのゴールで先制。しかし後半開始直後、小川のクロスから巻にヘッドで決められ同点。その後いくつかチャンスがあったが、決めることができず、1-1の引き分けに終わった。

今節はACLで延期になった試合。それゆえこの試合でしっかりと勝点3を奪えば、再び順位を上げることができる。週2試合の連戦が続く中、特に闘莉王の状態が思わしくない。今後の対戦を見据えるならば、そろそろ入れ替えてもいいのかもしれないだろうが、チーム全体としての戦術が安定しない中、不安もある。

おそらく京都は、守備の裏をついてくるだろう。それゆえ周りのしっかりとしたサポートが必要になってくる。また久々の駒場のピッチに苦労するかもしれない。

けれども、ここ数試合のチームの状態は上がっていると思う。あとは選手達のあと一歩の努力や指揮官の明確な決断で道は開かれると思う。

明日もリーグを占う重要な試合。また選手達と共に闘っていきたい。

|

« 名古屋遠征あれこれ | トップページ | 【第26節 京都戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/42649476

この記事へのトラックバック一覧です: 第26節 京都戦プレビュー:

« 名古屋遠征あれこれ | トップページ | 【第26節 京都戦】 »