« 悔しさの先にあるもの | トップページ | 【第21節 FC東京戦】 »

2008.08.15

第21節 FC東京戦プレビュー

【前回対戦 第15節(2008.7.5)】
JリーグHP)(浦和HP)(FC東京HP) 

明日はアウェー味の素スタジアムにのりこみ、FC東京と対戦する。

FC東京は現在、8勝6分6敗の勝点30の第8位。前節はアウェーで名古屋と対戦。前半35分にFW平山の今季初得点で先制した。最後は相手のパワープレーに苦しむも守りきり、リーグ戦7試合ぶりの勝点3を奪った。

一方のレッズは前節はホームで柏と対戦。前半先制を許すものの、阿部の鮮やかなミドルシュートで同点に追いついてハーフタイムを迎えた。後半一進一退の状況だったが、ロスタイム突入直後に永井のゴールで逆転。このまま終わるかに思われたが、最後の最後にフランサに決められ、2-2のドローに終わった。

結果的には勝点2を失ったが、闘莉王と阿部がそれぞれリベロとボランチに入り、以前に比べると安定感が増したといえる。またこの日は、達也が試合直前に欠場というアクシデントに見舞われ本来の攻撃の形ができなかったのは、致し方ないと思っていいだろう。

明日は、その達也や負傷で離脱していたロビー、そして北京で闘った細貝も遠征メンバーに入った。怪我人が徐々に戻ってきて、ベストに近いメンバー構成が期待できるかもしれない。

レッズはこれまで3試合、勝点3から遠ざかっている。それ以前からも迷走が続き、強さを発揮しきれない試合が幾度となくあった。けれど、鹿島戦以降少しずつではあるものの、いい方向に向かいつつあるのは見てとれる。

あとは選手達が自信を持って試合に臨むこと、これが大事だと思う。個々の能力だけが高くても、連携がなければ勝てるものも勝てない。パスを信じて走り、自ら動くことでその先のプレーも見えてくるはずだ。

明日も選手達と共に闘い、今度こそ勝点3を奪っていきたい。

Imgp2675

|

« 悔しさの先にあるもの | トップページ | 【第21節 FC東京戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/42179952

この記事へのトラックバック一覧です: 第21節 FC東京戦プレビュー:

« 悔しさの先にあるもの | トップページ | 【第21節 FC東京戦】 »