« 大分遠征あれこれ | トップページ | 【第17節 東京V戦】 »

2008.07.16

第17節 東京V戦プレビュー

いよいよ17試合目、ここでリーグ戦は折り返し。明日はホーム埼玉スタジアムに東京ヴェルディをむかえ対戦する。

ヴェルディは現在、6勝2分8敗の勝点20で第13位。前節はホームで京都と対戦。前半30分に柳沢に決められ0-1で敗れた。

この試合でのヴェルディの総シュート数は「17」。そのうち約半分の8本をFWフッキが放っている。やはり彼や前節出場停止だったディエゴがチーム引っ張る形となるだろう。さらに欧州で活躍していた大黒を獲得し、いままで以上に攻撃に磨きをかけるようになる。

ただ、やはりヴェルディはどうしても「個の力」だけが突出しているという印象がある。レッズもその印象があるが、フッキという強力な王様を抱えている限り、その比ではないと思う。

まず彼を止めることが大事であるし、その基点となるディエゴ、レアンドロの外国人選手の動きは十分に気をつけたいところだ。

一方のレッズは前節アウェーで大分と対戦。開始早々に前田にあっさりとヘディングで決められた。その後も何とか踏ん張り、後半に向け攻撃への転換を図りたかったが、終了残り10分というところで、パスミスからウェズレイに決められ万事休す。0-2で敗れ首位から陥落した。

今節はFWエジミウソンが累積警告の出場停止。おそらく前線は高原、達也の2トップが予想される。またトップ下には調子のいい永井の起用が予想されるが、個人的にはベストポジションとなる梅崎を先発で使って欲しいという思いもある。チームとしての得点の少なさが心配のタネだけに、ここは新たな2トップに期待したいところだ。

また、ここ数試合の失点の多さから、DF陣の再構築の話も漂っている。まずは闘莉王のポジションがどこになるのか・・・そこが重要な鍵となるだろう。

ただ、つまらない失点を無くす事を第一に考えるのならば、DF陣を立て直すことが急務だ。やはり背の高い選手がいるだけで、印象はかなり違ってくる。


明日と21日でホーム2連戦。後半戦へ向けて重要な連戦となる。ホーム開催という『地の利』を生かせてこそ、はじめて勝点3が近づいてくる。そのためには選手間で、そしてチームとしてどう機能させるのか・・・。そこを克服してこそ、その先のステップが見えてくると思う。戦術もいろいろとあるだろうが、まずはボール向かって貧欲になることが重要だろう。

もうつまらないサッカーは見たくないし、闘うサッカーが見てみたい。そして90分間闘い続ける選手達を見てみたい。そう願って明日は共に闘っていきたい。

Imgp2411

|

« 大分遠征あれこれ | トップページ | 【第17節 東京V戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/41852152

この記事へのトラックバック一覧です: 第17節 東京V戦プレビュー:

« 大分遠征あれこれ | トップページ | 【第17節 東京V戦】 »