« 暴言問題を斜めから見る | トップページ | 【第10節 神戸戦】 »

2008.05.02

第10節 神戸戦プレビュー

【前回対戦 ナビスコカップ予選L第1節(2008.3.20)】
JリーグHP)(浦和HP)(神戸HP

明日はGW連戦の3試合目。アウェー、ホームズスタジアム神戸にのりこんで、ヴィッセル神戸と対戦する。

神戸は、現在3勝4分2敗の勝点13で第8位。前節はACLの関係で一昨日にアウェーで行われた鹿島戦だった。

一進一退の中、後半20分に先制を許した。しかし5分後に吉田のゴールで同点。そして終了間際の後半42分に大久保のゴールで逆転を果たした。勝点3まであとわずかだったが、直後にマルキーニョスに決められ、2-2の引き分けに終わった。

しかし神戸はG大阪、鹿島の強豪との連戦を1勝1分で切り抜けており、明日も油断できない相手である。やはりFW大久保の活躍が目を引くだけに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節はホームに札幌をむかえて対戦。開始早々に失点をし、再び自ら試合を難しくしてしまった。しかし前半で追いつき、後半はエジミウソンの2得点で突き放し、4-2で勝利した。

高原は得点はなかったものの、周りを生かして攻撃のリズムがよくなっているような気がする。また札幌戦で欠場していた永井が復調の兆しが見えてきた。攻撃の質が良くなっているだけに、立ち上がりの失点がどうしても解せない。明日は守備陣の踏ん張りに期待したい。

名古屋や鹿島が躓いた事で、はからずも早々に首位に立ったが、決して満足はしていないというか、まだ納得していないというのが本音だ。監督が代わり今も発展途上中という想いからすると、なぜ今この順位なのか・・・という不思議な感覚になる。

はからずも明日の相手は、監督がゲルトに代わってから最初の相手。それ以来の対戦となるが、あの時も早々に失点を許し追いかける展開だった。残念ならが敗れたが、暗中模索する中でも、どうにか光が見え始めたような試合だった。

あれから1ヶ月半。再度神戸を相手に、生まれ変わるレッズを見守りつつ、彼らと共に闘って勝点3を持ち帰りたい。

Imgp1410

|

« 暴言問題を斜めから見る | トップページ | 【第10節 神戸戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/41070743

この記事へのトラックバック一覧です: 第10節 神戸戦プレビュー:

« 暴言問題を斜めから見る | トップページ | 【第10節 神戸戦】 »