« ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋(豊田)遠征あれこれ »

2008.05.25

【ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦】

オフィシャルより

08.05.25
ヤマサキナビスコカップvs名古屋グランパス
25日(日)に行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・予選リーグ第4戦vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせ致します。
2008年5月25日(日)19:00キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパス4-2(前半3-1)浦和レッズ
得点者:6分小川(名古屋)、14分杉本(名古屋)、32分達也、42分巻(名古屋)、56分内舘、88分津田(名古屋)
入場者数:21,015人
試合速報


「180分間の自習時間」

開始早々から2点を追う展開。今の名古屋の勢いにやられたのもそうだが、それ以上に自滅した感があった内容だった。

A代表や五輪代表で抜けた中でのメンバー構成。組むのが難しかっただろうが、現時点でのベストメンバーでは、結果を出すことは出来なかった。

守備の対応が後手後手にまわり、常に相手に数的有利の状況を作り出されてしまった。また攻撃も前線の3人だけ仕掛けてもどうしようもなく、何も好転しなかった。

けれど、これは今に始まったことではない事。チームとしてのコンセプトが見えなければ、誰が入っても結果は同じ。それは名古屋をみればわかる事。主力を欠いても、連動し走れているのはチームとして機能している何よりの証拠だ。

これで予選1位での通過はなくなった。まだ数字上では可能性はあるものの、もう厳しいと言わざるを得ない。

予選Lの残り2試合、合計180分間をどういうコンセプトを持って臨むのだろうか・・・。ただ黙々とこなすだけならば、単に無駄なこと。この日は途中から若手を起用したり、相手にあわせてシステムを4バックに変えてみたりと、多少なりとはいえその先へ向けての動きが見えた。それだけに、終わった事はしっかりと修正して、最後の最後までプロとしての意地をみせてほしい。

Imgp1818Imgp1820Imgp1825

|

« ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋(豊田)遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/41316429

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦】:

« ナビスコ杯予選L第4節 名古屋戦プレビュー | トップページ | 名古屋(豊田)遠征あれこれ »