« 川崎 関塚監督辞任 | トップページ | 【第8節 京都戦】 »

2008.04.25

第8節 京都戦プレビュー

【前々回対戦 予選L第2節(2008.3.23)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

【前回対戦 予選L第3節(2008.4.16)】
JリーグHP)(浦和HP)(京都HP

いよいよGWの5連戦がスタート。明日はアウェー西京極陸上競技場にのりこみ、京都サンガF.C.と対戦する。

京都は現在3勝2分2敗の勝点11で第8位。前節はアウェーで新潟と対戦した。

開始早々に失点し反撃を仕掛けるものの、シジクレイの警告2枚での退場からプランが崩れた。その後も主審の微妙な判定もあり、アタリバ、増島も相次いで退場。そして加藤監督も退席という前代未聞の試合となってしまい結局0-1で敗れた。そして今節はその3人と加藤監督はそれぞれ出場停止となる。また今日になってFWパウリーニョがアキレス腱断裂で戦列から離脱することになった。

しかしそんな中、FW柳沢の復帰など明るい材料もある。ベテラン森岡や先日ゴールを奪われた林の起用も予想され、逆境の中でチーム一丸となっての戦いになるだけに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節はさいたまダービーで大宮と対戦。攻撃の形が作れず終始大宮にペースを握られていた。相手の決定力不足に助けられた感もあり、結局スコアレスドローに終わり、リーグ戦の連勝も4でストップし、首位名古屋との勝点差が広がった。

選手層が厚いと言われていても、怪我などでなかなかメンバーが揃わない。そして何よりもチーム全体としての連動した動きがみえてこない。鹿島に勝っても京都、大宮に引き分けるというイマイチな内容が続いている。

しかしながら、レッズも達也の復帰やユースの山田直輝の遠征帯同が決まり、明るい材料がある。京都とは3回目の対戦ということで、お互いの手の内はわかっているだけに、あとは選手達の動きが重要になってくるだろう。


明日からGWに突入し、試合も中2日、中3日と厳しい日程が続く。中盤戦を控えた重要な5連戦だけに今後に向けて弾みをつけたいところだ。明日も厳しい試合が予想されるが、選手達と共に闘って勝点3を奪って流れに乗っていきたい。

Imgp1287

|

« 川崎 関塚監督辞任 | トップページ | 【第8節 京都戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/40993889

この記事へのトラックバック一覧です: 第8節 京都戦プレビュー:

« 川崎 関塚監督辞任 | トップページ | 【第8節 京都戦】 »