« 第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第4節 清水戦プレビュー »

2008.03.30

【第3節 新潟戦】

オフィシャルより

08.03.30
Jリーグ第3節vsアルビレックス新潟
本日、30日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第3節vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせ致します。
2008年3月30日(日)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ3−0(前半1−0)アルビレックス新潟
得点者:42分相馬、45分闘莉王、67分永井
入場者数:46,962人
試合速報


「スタートライン」

久しぶりにかみ締めた勝利の味。今シーズン初勝利とはいえ、埼スタで勝ったのはいつ以来だろうと振り返るには、あまりにも時間がかかり過ぎた。

啓太が早々にアクシデントで退場。不安はあったが、代わりに入った細貝が見事体を張って代役をこなした。また闘莉王のボランチ起用には驚いたが、あくまでオプションの1つだと考えたほうがいいだろう。

DF陣は坪井を外し、堤がリーグ戦初先発を果たした。完封という確かな自信を植え付けたに違いないし、もっともっとやれるはずである。

代表選手と若手選手がリーグ戦で同じピッチに立つというのは、ここ数年のレッズではあまりなかったことだ。それだけ代表選手に依存し、結果的に若手選手の目を摘んでしまっていたのかもしれない。けれどこれからは変わってくるはずだし、逆に言うなら変わらなければならない。

今週は1週間で3試合をこなすが、特に次節からは東海アウェー2連戦で合宿に入る。今日の結果を踏まえるならば、ここからがレッズの試金石と言っても過言ではないだろう。

今、レッズはようやく今シーズンのスタートラインに立った。まだまだ上のチームの背中は見えているはずだし、反撃の狼煙を上げるには、まだまだ遅くはない。まずはひたすら上を向いて、そしてひたすら上を目指して闘ってほしい。

Imgp0955Imgp0968Imgp0972

|

« 第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第4節 清水戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/40691460

この記事へのトラックバック一覧です: 【第3節 新潟戦】:

« 第3節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第4節 清水戦プレビュー »