« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007.12.15

FCWC 3位決定戦 エトワール・サヘル戦プレビュー

いよいよFCWCも最終日。明日は横浜国際総合競技場で3位決定戦、アフリカ王者のエトワール・サヘルと対戦する。

エトワール・サヘルは、初戦は北中米カリブ代表のパチューカと対戦し1-0で勝利。準決勝は南米代表のボカ・ジュニアーズと対戦。相手の退場があり何度かチャンスがあったが、結局0-1で敗れ、3位決定戦にまわることになった。

注目は19歳のFWシェルミティ。ゴールは無いもののチュニジアの新星といわれる注目株の選手である。チームとしては特にサイドからの攻撃が中心となるだけにしっかりとケアしていきたいところだ。

一方のレッズは木曜日に欧州代表のACミランと対戦。終始ゲームを支配され、その内容のほとんどが世界との差を感じた。けれど決して埋まらない差ではない。それが埋まるには時間がかかるのかもしれないが、直接対戦したことによって、その差を肌で感じ取れたのはとても大きな収穫だったのではないか。

そしてレッズにとっては、明日は最後の大仕事が残っている。それは世界で3番目になることだ。過去2回の大会で最高は4位。つまり3位決定戦はまだ勝っていないということ。しかし選手達は月曜日のセパハン戦から中2日が続き、疲労が心配される。それに闘莉王が負傷で欠場が確定している。ACミラン戦では途中からでありながら山田が復帰し、いいところを見せてくれた。堀之内も帯同するようで怪我人がようやく戻ってきただけに期待したいところだ。

最初はFCWCはお祭り的な大会と思っていた。けれどFIFA主催の大会ということで、その価値と雰囲気が徐々に伝わってきた。やはり世界との真剣勝負はそうなかなか経験できるものではない。それだけに最後のチャンスをみすみす逃すにはもったいない。狙うべきものは狙ってほしい。

今シーズンはいろんなプレッシャーの中、日本国内に限らずアジアに舞台を広げ選手達と共に闘ってきた。それも明日で最後。泣いても笑っても全て明日で終わる。

そう、明日は今シーズンの『全ての力』、『全ての情熱』そして『全ての誇り』をぶつけて、最後は有終の美を飾り、選手達と共に喜びたい。

ALL COME TOGETHER!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

【FCWC準決勝 ACミラン戦】

オフィシャルより

07.12.13
クラブワールドカップ準決勝vsACミラン
本日行われましたFIFAクラブワールドカップ・準決勝vsACミランの試合結果についてお知らせします。
FIFAクラブワールドカップ・準決勝
2007年12月13日(木)19:30キックオフ・横浜国際総合競技場
浦和レッズ 0-1(前半0-0) ACミラン
得点者:68分クラレンス・セードルフ(ACミラン)
観客数:67,005人
試合速報


「1点差の壁」

久々であろう赤黒に彩られたレッズの選手達が、欧州王者ACミランに立ち向かった。

チャンスはあまり無かったものの、最後までボールに食らい付くところもあり、『仕方ない・・・』『残念だ・・・』だけで片付けるにはもったいない試合だった。

彼等は最後まで集中は切れなかった。失点してからも何度か危うい場面があったが、体を張って守り切った。結果はわずか1点差だったが、これがアジアと欧州・・・いや世界との差だと思う。

まだまだ自分達は強くない。ACミランという巨大な壁に真正面から立ち向かってのこの差は、まだまだ努力が必要なのかもしれない。けれど頑張って努力をすれば、いずれは報われるときがくる。レッズにとって世界と闘える舞台はまだ1試合残っている。

今のメンバーでできるのもあと1試合。最後までレッズの闘いを見せ付けて、今季ラストゲームを有終の美で飾ってもらいたい。

Imgp0177Imgp0192Imgp0199

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.12

FCWC 準決勝 ACミラン戦プレビュー

いよいよ注目の準決勝。明日は横浜国際総合競技場に乗り込み、欧州王者ACミランと対戦する。

ACミランは過去のTOYOTAカップ出場クラブに比べ異例の1週間前に来日。食材も持ち込み時差をきっちり調整し、まさに“勝ちにきた”という印象だ。主力のカカやピルロを中心に攻撃を組み立ててくる。また守備陣も今シーズンは高齢化で不安視されていたが、徐々に安定感を増してきた。

一方のレッズは、月曜日に豊田スタジアムでACL準優勝のセパハンと今季3度目の対戦。相手の調子の悪さも目立ったが、レッズはここ数試合の疲れが吹っ切れた感じで攻守の切替がうまくいき、永井の先制ゴールを皮切りにワシントン、オウンゴールと3-1で勝利し準決勝へ駒を進めた。

おそらくセパハン戦とメンバーは変わらないと思う。けれど、選手達は以前に比べプレッシャーが少ないのか、それがいい方向に向いている。まさにチャレンジャーの気持ちというところか・・・。

力の差から言えばミランのほうが断然有利だ。けれど今のレッズがどこまでやれるのか、そしてどこまで相手を追い込めるか、それを見るのはいいチャンスだと思う。

欧州王者と真剣勝負で試合に臨むことは、再びACLを勝ち抜かないと実現しない。それだけ大陸王者というのは権威があり誇りでもある。明日はそんな厳粛なキモチで、そして浦和のプライドを持ってACミランに真正面でぶつかって共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.10

【FCWC準々決勝 セパハン戦】

オフィシャルより

07.12.10
FIFAクラブワールドカップvsセパハン
本日行われましたFIFAクラブワールドカップ・準々決勝の試合結果についてお知らせします。
FIFAクラブワールドカップ・準々決勝
2007年12月10日(月)19:30キックオフ・豊田スタジアム
セパハン 1-3(前半0-1) 浦和レッズ
※準決勝進出決定!
得点者:32分永井、54分ワシントン、70分オウンゴール、80分マフムド・カリミ(セパハン)
観客数:33,263人
試合速報


「己の力」

ACLを獲得してからおよそ1ヶ月。ようやく長い長いトンネルを抜け出し勝利の歌が豊田スタジアムに響いた。それだけに会心の勝利だったと喜べる試合が久々に訪れた。

セパハン自体も、監督をはじめ不調な選手が多かったものの、それ以上にレッズの選手達の動き出しがとてもよかった。いろんなプレッシャーから解放されたのか、のびのびとそしてむしろ楽しんでいるかのように、常にボールを動かし、相手の的を絞らせなかった。

ポンテをいう強力な司令塔を失った選手達は、“己の力”で事態を打開していった。何かに頼ることなく動くことで視野が広がり、まわりの選手達の動きもよく見えてくる。それが相馬→永井の先制点を呼び込んだのだろう。

セパハンに勝ったことで、今シーズンはあと2試合となった。勝っても負けてもあと2試合、アジア王者の誇りを持って世界を相手に選手達と共に闘っていきたい。


Imgp0104Imgp0112Imgp0122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

FCWC 準々決勝 セパハン戦プレビュー

【前回対戦 ACL決勝第2戦(2007.11.14)】
AFCHP)(浦和HP

7日に開幕したFIFAクラブワールドカップ2007(FCWC)。いよいよ明日レッズがアジアの代表として豊田スタジムにのりこみ、初戦を勝ちあがったイランのセパハンと対戦する。

セパハンとはACL決勝に続いて今季3度目の対戦。お互いに手の内を知り合いつつの対戦となる。

セパハンは7日にオセアニア代表のワイタケレ・ユナイテッドと対戦。相手との戦力差もあったが、試合開始早々から相手にプレッシャーをかけ2点を先制した。その後もボールを支配し後半1点を許すも、3-1で勝利した。

キーとなるナビドキアは怪我で欠場との事だったが、レッズ戦を睨んでという事なので要注意だろう。またカリミも早々と交代したことから中2日という日程を考えての事だと思う。

一方のレッズは1日にJリーグ最終節で横浜FCと対戦。優勝まであと一歩だったが、根占のゴールで敗れ優勝もなくなった。精神的肉体的にも辛いところだったろうが、日数が空いた分切り替えができたのではないかと思う。

その間、攻撃の要であるポンテが右ひざ前十字靱帯断裂という重傷を負いブラジルに帰国。攻撃陣が手薄なのが気になるし、それに加えここ数試合の得点力不足がさらに不安を冗長させてしまいがちだ。ただ国際試合に限ってならば得点をあげているので、気持ちの変化とモチベーションが鍵となるだろう。


セパハンはレッズにリベンジするために調子を上げてきた。それゆえACL決勝戦の時とはまた違った状況になるのかもしれないが、前回同様苦しい試合になると予想される。周りはレッズがACミランと対戦できると煽っているが、ここで勝たないと何も意味が無いし、世界への挑戦がわずか90分で終わってしまう。体を張って獲得したアジア王者の称号を堅持するためにも、1つでも多く世界と試合をこなすことが大事だ。

リーグ最終戦からもう8日。選手達にはタイトルを逃した悲しみと苦しみはもうないようだ。それだけに自分達もキモチを切り替えて上を向かなければならない。大陸王者しか闘うことが許されないこの大会。それゆえこの大舞台を経験できるのは日本で自分達だけだ。その貴重な経験を選手達と共に味わうためにも、明日からまた共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »