« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »

2007.11.24

【第33節 鹿島戦】

オフィシャルより

07.11.24
Jリーグ第33節vs鹿島アントラーズ
本日24日(土)に行なわれました、Jリーグ第33節vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせいたします。
2007年11月24日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ0-1(前半0-0)鹿島アントラーズ
観客数:62,123人
試合速報


「一瞬のエアポケット」

終了を告げるホイッスルが鳴ったとき、満員の埼スタが静まり返り、鹿島サポーターを埋めた一角だけが沸きあがった。

勝てば優勝という一戦。振り返ればいつも同じところで観ていても、普段とは違う微妙な空気の差を感じたのは否めない。そして選手達もどこかナーバスになっていたのかもしれないと思う。

逆に鹿島は、勝たないと終わりというある意味強いプライドをもってこの闘いに挑んできた。その強い想いが埼スタの雰囲気を上回り、レッズに勝ち最終節まで望みを繋げた。

ここまでリーグ戦は4試合で3分1敗。けれどそれでも首位に立ったまま最終節を迎えることができるのは、まだツキが残っているとポジティブに考えたほうがいいのかもしれない。

ACLのようなトーナメント戦は勢いで上へ昇ることができるが、リーグ戦は1戦1戦の積み重ねの結果が最後の証となる。それゆえ今日はACLからの勢いが一瞬途切れ、エアポケットに陥ったということか・・・。

来週は最終節を迎える前に天皇杯が控えている。けれどこれもチャンピオンチームの宿命。まずは目の前の敵を破り勝利を掴むことが大切だ。

もう敗れた試合は終わったこと。今はキモチ切り替えて最後の闘いへ向けて準備をしていきたい。

Imgp9933Imgp9945Imgp9952

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

第33節 鹿島戦プレビュー

【前回対戦 第8節(2007.4.29)】
JリーグHP)(浦和HP)(鹿島HP

明日はいよいよホーム最終戦。埼玉スタジアムに鹿島アントラーズをむかえ対戦する。

鹿島は現在、20勝6分6敗の勝点66で第2位。前節はホームで柏と対戦。累積警告で小笠原が欠場する中、起用された船山がゴールを決め、それが決勝点となりガンバを抜いて2位に浮上した。

開幕当初は、調子が上がらず中位をさまよっていたが、その後一気に波にのり、現在第26節から7連勝中である。その原動力となるFWマルキーニョスや中盤の要となる若手の野沢、そしてベテランの小笠原、本山など選手が揃っており、決して侮ることはできない。

一方のレッズは前節ホームで清水と対戦。ワシントンが出場停止でかつACL決勝直後ということで選手達の疲労が心配だった。前半早々に啓太が負傷退場して、その想いが一層募ったが、選手達は守り抜き何とかスコアレスドローで切り抜けた。

今節はここまで怪我で戦列を離れていた伸二が復帰の予定。スタメンで起用されるかわからないが、そのパフォーマンスは高いだけに、怪我人が多くなってきた中、最高の切り札が戻ってきたと思う。やはり明日は彼と戻ってくるワシントンに期待したい。


レッズは10日ほど前にアジアの頂点に立った。その後“二兎”を追ってきたが、そのチャンスがいよいよ目の前にやってきた。相手は鹿島、そして場所は埼スタ。もうこれ以上のシチュエーションはない。

鹿島とは近年負けていないが、それ以前は何度も何度も辛酸をなめてきた。奴らの目の前で優勝を決めるチャンスが巡ってきた事は、この上ないチャンスではないだろうかと思う。

きっと相手もモチベーション高くやってくると思う。そう、自分達が今まで何度も“鹿島に勝ちたい”と強く願ってきたように、彼らも“レッズに勝ちたい”と気持ち強くして闘いを挑んでくるだろう。そのキモチに自分達は負けちゃダメだ。心のどこかに“余裕”が見えるならばやられてしまうだろう。

できることなら・・・いや絶対に明日決めたい。自分達ですんなり決められるのならば、一気に明日決めたい。今までそれとなくいろんなプレッシャーが選手達を包み込んでいたと思うが、アジアを獲ってそのプレッシャーが少しは軽減されたのではと思う。でもまだ2試合あるとはいえ、そして優位な立場とはいえ早く決めたい思いは強い。

さあ明日は最高の舞台が整った。「全ての力」、「全ての情熱」、「全ての誇り」。その想いを結集してそしてキモチあげて、選手達と共に闘っていくだけだ。

ALL COME TOGETHER!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

ACL優勝余波その後

ACL優勝の後、新聞や記念雑誌等いろいろと発売になりました。とりあえず一通り押さえましたが、結構多いですね・・・。

でもこれからまだ“先”がありますからね!週末へ向けて切り替えていきましょう。

Imgp9924Imgp9927






Imgp9928Imgp9930

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

U-22 北京五輪へ!

“引き分けでもOK”という試合ほど、難しいことはないですね。勝ちにいくのか、無用な失点を防ぐためにガッチリ引いて守るのか、指揮官としてはその判断を下すのが大変だと思います。

ともかく昨夜は「結果オーライ」ということで、最終予選を1位で通過したU-22五輪代表の選手・スタッフの皆さんおめでとうございます。そしてお疲れ様でした。

緊張の糸が切れたのか、反町監督や選手達の喜び様はハンパじゃなかったですね(笑)。

Imgp9919Imgp9922Imgp9923

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

【第32節 清水戦】

オフィシャルより

07.11.18
Jリーグ第32節vs清水エスパルス
本日18日(日)に行なわれました、Jリーグ第32節vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。
2007年11月18日(日)14:02キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ0-0清水エスパルス
観客数:56,368人
試合速報


「ひたすら前を向くために・・・」

試合終了のホイッスルがピッチに鳴り響いたとき、選手達は手を膝につき、この試合の難しさそして苦しさを物語っていた。

ACL決勝の激闘を闘い抜きその栄光を手にした選手達が、J連覇へ向けて再び動き出した清水戦。怪我持ちの選手が多くなる中、ユース出身者がリザーブを占めたレッズ。しかし前半17分の啓太の負傷退場により足元が揺らぎ始めた。

内舘を投入し最初はバタバタしていたものの、その後は落ち着き相手の攻撃の目を摘んだ。

結果としてスコアレスドローだった。勝ちたかったのは同然だったが、今までの試合の流れ、そして啓太の負傷、またここまでの日程を考えるならば、前向きに捉えるべき引き分けだったと思う。

しかしここにきてガンバが引き分け、次節鹿島に勝てば自力で優勝が決まるという最高のお膳立てが整った。

選手達はACL優勝の慢心は一切なかったように思えた。むしろリーグ制覇へ向け、新たに気持ちが入れ替わったかのように感じる。限られた戦力の中、最大限の力を発揮するということはなかなか難しい。けれど失点をしなかったということは負けなかったということ。その底力が今のレッズを支えていると思う。

戴冠まであと1つ。前節、選手達が見えなくなるまで歌い続けた”PRIDE OF URAWA”への想いを胸に、ひたすらに前を向いて闘っていきたい。

Imgp9904Imgp9915Imgp9916

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月11日 - 2007年11月17日 | トップページ | 2007年11月25日 - 2007年12月1日 »