« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »

2007.11.03

クラブの決断

本日、14日に行われるACL決勝第2戦のチケットが発売され、即日完売という状況になりましたが・・・・


ACL決勝、チケット販売枚数終了について(レッズオフィシャル)

AFCチャンピンオンズリーグ決勝・第2戦のチケットが、発売初日の数時間で予定販売枚数を終了したことを受け、クラブからのお知らせです。

AFCチャンピオンズリーグ決勝・第2戦vsセパハン<11/14(水)19:20キックオフ予定・埼玉スタジアム>のチケット一般販売は、販売初日の11/3に予定販売枚数を終了致しました。
弊クラブでは、浦和レッズを心から愛してくださる皆様に一人でも多くご来場いただけるよう、幅広いチケット販売方法を実施致しましたが、残念ながら、明らかに営利目的と思われるチケットのオークションへの出品が多数出ております。
このような営利目的でのオークションへの出品はお取りやめいただきたくお願いいたします。中でも予約番号(購入権)のオークション売買を禁止しているオークションサイト運営者に対しては出品の削除要請をいたしました。
浦和レッズは、営利目的とみられるチケット売買が行われていることについて、極めて遺憾と受け止めております。今後、特定試合のチケット販売方法などについて、改善に向けて検討していくとともに、プレイガイド業界全体と共にこの問題に取り組んでいく所存です。
決勝第2戦は、一人でも多くのファン・サポーター、ホームタウンの皆様と一緒に、真っ赤に染まったスタンドで、アジアナンバー1に挑戦する闘いです。
ファン・サポーターの皆様方におかれましても、ご理解をいただくとともに、冷静なご対応をお願いいたします。
ACL、Jリーグともに終盤戦のもっとも厳しい戦いを控えています。
「ALL COME TOGETHER!」のもと、皆様と共に勝利をつかめることを願っています。引き続き、力強いサポートをよろしくお願いいたします。


というわけで、残念ながらヤフオクなどのサイトに出品されていたのが今回多数見受けられました。

ただこれは今に始まった事ではありません。そして今回のレッズ戦に限らず、コンサート、演劇、野球など多くのイベントにおいてもこういうトラブルは起きています。今回クラブが公に現状を発表したという事は大きい事だと思います。

今後どういう動きになるかわかりませんが、とにかく今は11月14日に多くのレッズを愛する仲間達が、スタジアムに集えるよう、この悪い状況が改善されるのを祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

ドラゴンズ日本一で考える

というわけで、日本シリーズ第5戦が行われて、中日が4勝1敗で日本ハムを下し、なんと53年ぶりの日本一になりました。

選手、チーム関係者、そしてファンの皆様、日本一おめでとうございます。

今年初めてセ・パ共に「クライマックスシリーズ(セ・リーグパ・リーグ)」と銘打って行われた壮大なプレーオフでしたが、評判はどうなんでしょうかね。一番あおりを食ったのが巨人のような気がしますが・・・。

これで今年は優勝チームが3チーム出たことになるんですね。

交流戦優勝:日本ハム
セ・リーグ優勝:巨人
パ・リーグ優勝:日本ハム
日本シリーズ優勝:中日

まあ・・・いまいちピンとこないのは当たり前。でもこのやり方が今後続けばきっと浸透していくことでしょう。後は観る人たちの「慣れ」でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.30

外務省イラン渡航情報

来週いよいよACL決勝戦の第1戦がイランで行われますが、外務省から渡航に関する情報がリリース(外務省海外安全ホームページ内)されました。

イラン:サッカー観戦に伴う留意事項

1.2007年11月7日、イランのイスファハーン市においてAFC(アジアサッカー連盟)チャンピオンズリーグ2007の「浦和レッズ」対「セパハン」の決勝戦が予定されています。同市の治安は比較的安定していますが、本年には同市郊外において邦人旅行者が強盗被害に遭うなど、一般犯罪に対する注意が必要です。また、イランにおいては、過去にアジアカップ及びワールドカップの試合が行われた際、サポーター同士による暴力事件が発生し、多くの負傷者も出ています。
(以下略)

というわけで、果たしてどのくらいの日本人がイスファハーンへ赴くのか予想がつきませんが、行かれる皆様は十分にお気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.29

ヒートアップJ2【いよいよ大詰め!】

J1は第30節を終え、いよいよ残り4試合となりましたが、J2も大詰めで、先週末は第48節が行われました。結果はこちら。そして各チーム残り3~4試合となり、J1昇格争いはますます激しくなってきました。

1位 札幌  勝点87 得失点差+21 残り試合3
2位 東京V 勝点84 得失点差+32 残り試合3
3位 仙台  勝点79 得失点差+18 残り試合4
4位 京都  勝点78 得失点差+19 残り試合4
5位 C大阪 勝点75 得失点差+14 残り試合4

上位2チームが1試合消化数が多いですが、首位札幌は次節にも3位以下の結果によっては自動昇格枠の2位以内が確定します。

しかしながら、それはまだ数字上の話。実際試合をこなしてみないとわかりません。

どこが2位以内を確保するかそして入替戦に臨むのはどのクラブか・・・。J1同様こちらも最後の最後まで目が離せませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.28

【第30節 名古屋戦】

オフィシャルより

07.10.28
Jリーグ第30節vs名古屋グランパスエイト
本日28日(日)に行なわれました、Jリーグ第30節vs名古屋グランパスの試合結果をお知らせいたします。
2007年10月28日(日)14:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ0-0名古屋グランパスエイト
観客数:52,314人
試合速報


「不満≦納得の勝点1」

シュート数はわずか4本。ACLから中3日。疲労が溜まっているとはいえ、あえていうなら消化不良とも思える内容だった。

けれど、完封した事はとても大きい。高さのヨンセンや速さの杉本などを、闘莉王を欠きかつ疲労が抜けないなか、堀之内や阿部、坪井のバックラインの選手達や啓太などが体を張って止めたことは勝点1に値する。

点を獲ることはそう簡単ではない。しかしそれ以上に相手をゼロに抑えることが難しい。十人十色想いはいろいろあるだろうが、ACLの激闘を差し引くなら、今は不満より納得の引き分けとポジティブに捉えるしかない。

今後このような難しい試合はいくらでもあるだろう。そんな中、冷静にそしていかに流れを掴み自分達のプレーに徹するかが今後の課題となるだろう。

悔しいならばこの勝点1を糧にして次への闘いに臨んでいくしかない。そしていよいよ大事な大事な11月がやってくる。今はしっかりと目の前の敵を倒すために、彼等と共に前へ進んでいくだけだ。

Imgp9761Imgp9763Imgp9765

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月21日 - 2007年10月27日 | トップページ | 2007年11月4日 - 2007年11月10日 »