« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007.10.27

第30節 名古屋戦プレビュー

【前回対戦 第12節(2007.5.29)】
JリーグHP)(浦和HP)(名古屋HP

いよいよリーグ戦も残り5試合。明日はホーム埼玉スタジアムに、名古屋グランパスエイトをむかえ対戦する。

名古屋は現在11勝3分15敗の勝点36で第13位。前節はホームでFC東京と対戦。FWヨンセンが復帰し4-1-4-1のシステムで試合に臨むも、後半一瞬の隙からルーカスにゴールを許し、それが決勝点となり0-1で敗れた。

現在連敗中であるが、勝つときは完封勝ち、逆に負けるときは完封負けとここ数試合は特にチームの波が激しい。

一方のレッズは前節はアウェーで千葉と対戦。後半早々までに3-0と勝負が決したに見えたが、相手の猛攻撃を受け1点差まで追い上げられるも、かろうじて4-2で逃げ切った。

また水曜日にACL準決勝で城南一和と対戦。180分でも決着がつかずPK戦にもつれ込んで、ようやく勝利し、ファイナルへのチケットを奪った。しかしその代償は大きく、明日は闘莉王が怪我で離脱。おそらく堀之内の起用が予想される。また他の選手達も疲労があり、試合への影響が懸念されるだろう。

一番怖いのが、水曜日のACLの勝利で選手達や自分達サポーターの気持ちがピークが達していないか・・・ということだ。強敵相手に苦しいPK戦で勝利をもぎ取っただけに、その空気を引きずると、きっとどこかにエアポケットというものが存在すると思う。現に9月の大宮戦でもそんな微妙な空気がスタジアムを包み込み、落とし穴に陥った。

それゆえ明日はACL以上に厳しい姿勢で試合に臨まなくてはならないだろう。相手もFWヨンセンを筆頭にベテラン藤田や若手の本田を擁し、戦力的には問題ない。一瞬の気の緩みが今後の勝点を左右してしまうだけに気をつけたいところだ。

リーグ戦も残り5試合。いよいよフィナーレが近づいてきた。ACLでも決勝戦へ駒を進め、まさに順風満帆と言いたいところだが、そうは簡単に進まないのがサッカーであり、今まで自分達もそういう苦い経験を何度も踏んできた。

今は1戦1戦大事に闘うことが重要であり、その積み重ねが今の成績に反映しているのだと思う。明日もしっかりと勝点3を奪い、それを積み上げていくためにも、選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.26

長崎はいつ行けるの?

昨日、日本サッカー協会から天皇杯5回戦の開催場所等が発表になりました。

今年は地方送りはないかなぁ・・・と思っていたら、なんと「長崎」での開催が決まりました。

長崎での試合といえば1995年のリーグ戦ニコスシリーズ開幕戦の横浜フリューゲルス戦以来ですかね?

相手は大宮と横浜FCとの勝者と対戦。横浜FCが出てくればチームの中身こそ違えど、12年前対戦したという運命的なものを感じるかも・・・。でも大宮にも今年は借りがあるしなぁ・・・。でもまずうちが愛媛FCにしっかり勝たなければなりませんが。

で、問題は開催日程です。現状では5回戦は12月8日(土)の13:00キックオフになりますが、いろいろと条件があって複雑なようです。


1.通常日程
→12月8日(土)13:00キックオフ

2.レッズがACLまたはJリーグで優勝してCWC(クラブワールドカップに出場した場合)
→12月19日(水)19:00キックオフ

3.レッズがCWCに出場せず、かつ大宮がJ1リーグ戦で年間16位になり、入替戦にまわった場合。
→12月15日(土)13:00キックオフ


どれが可能性が高いのか。希望的観測を入れるなら「2」ですかね・・・っていうか平日かよ(笑)。

平日ナイターの天皇杯地方開催といえば、2004年の岡山桃太郎スタジアムでの湘南戦以来。あの時はチャンピオンシップでF・マリノスに敗れた後の試合。確かあちらさんは草津に負けたんですよね。

さあ久々に時刻表をめくる日がやってきた!さっそく計画を立てないと(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.10.24

【ACL 準決勝第2戦 城南一和戦】

オフィシャルより

07.10.24
ACL準決勝・第2戦vs城南一和
AFCチャンピオンズリーグ・準決勝、第2戦
2007年10月24日(水)19:30・埼玉スタジアム
浦和レッズ2-2(前後半2-2 延長0-0)PK5-3 城南一和
得点:21分ワシントン、56分チェ・ソングッ、69分キム・ドンヒョン、73分長谷部
観衆数:51,651人
※決勝進出決定!!
試合速報


「俺達はまだ何も獲っていない」

時計の針はすでに22時を回っていた・・・。

レッズの5人目のキッカーとなる平川のシュートがゴールに突き刺さった瞬間、安堵の気持ちとアジアのファイナルステージへ上がれる想いが交錯して、体の震えと興奮がなかなか治まらなかった。

前半にワシントンが技ありのシュートで先制すると、城南は一気にギアを上げてレッズに襲い掛かってきた。やはり韓国Kリーグ王者はダテじゃない。体の強さと素早いボール回しで徐々にレッズは受身にまわざろうえなかった。

そんななかで失った2点。第1戦で奪ったアドバンテージは一気に消え去り、このままだと敗戦の憂き目になってしまう状況に陥った。

けれど、この日のレッズは違っていた。セットプレーから長谷部が押し込み同点。さらに90分で決めるために選手達は前へ前へゴールを狙いにいった。しかし90分間、そして延長30分間でも決着がつかず勝負はPK戦へもつれ込んだ。

そして迎えた歓喜の時・・・。


韓国王者に勝ったのはとても大きい事。そしてファイナルへ進んだのもとても大きい事だ。けれど、今は何も手にしていない。リーグ戦でも残り5試合。2位ガンバに勝点6差ではあるが、現段階ではまだ俺達は何も手にしていない・・・。

だからこそ勝利の喜びはほどほどにして、しっかりとキモチを切り替えて次の試合へ臨んでいくだけだ。本当の喜びは、まだまだ最後まで大事にとっておこう。

Imgp9728Imgp9733Imgp9746

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.10.23

ACL 準決勝第2戦 城南一和戦プレビュー

【前回対戦 準決勝第1戦(2007.10.3)】
AFCHP)(浦和HP

明日はいよいよファイナルへのキップを懸けた決戦。ホーム埼玉スタジアムに韓国の城南一和をむかえ対戦する。

第1戦では相手の3トップに苦しみ先制を許すものの、後半に達也のゴールとポンテのPKで逆転。しかし後半36分に同点に追いつかれた。しかしアウェーでの2-2のドローは何よりも大きいアドバンテージとなった。

明日は第1戦で得点を挙げたエースFWのモタが欠場とはいうが、韓国Kリーグの首位だけにその総合力はずば抜けている。パスを繋ぐ素早い攻撃がベースだけに、第1戦同様つまらないミスは避けたいところだ。

レッズは先週末はリーグ戦でジェフとアウェーで対戦。開始早々に2点を奪いさらに後半にも加点し、余裕の試合運びをしてくれるものだと思いきや、あれよあれよというまに2失点を喫し、jかつ最終ラインはバタバタになってしまった。

勝ったからいいようなものの、結果的には自らのミスから首を絞めた形となった。しかしこの試合での2失点は注意すれば防げた失点。そのあたりはきちんと修正してくれるであろう。


明日は「大一番」といっていいほど、強力な相手との対戦となる。頂点へは道はまだ3試合あるが、ここが今までの最大のヤマ場だといっていいだろう。ここまでレッズはACLという未知なる舞台で、オーストラリア、インドネシア、中国そして韓国と過酷な日程や条件で闘ってきた。しかしそれが今となってはとても貴重な経験であり選手達にとって糧になっていると思う。

今はとにかく“その先”を見据えるのではなく、1試合1試合と目の前の敵を倒していくことが大切だ。明日も選手達と共に闘って、ファイナルへの階段を駆け上がっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.22

大将クル━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━ !!!

のか・・・・?

ミスターレッズが帰ってくる!福田氏浦和入閣(スポーツ報知)

「ミスターレッズ」と呼ばれた元日本代表FW福田正博氏(40)が来季、古巣・浦和のコーチングスタッフに入閣することが21日、明らかになった。福田氏は今年6月、日本サッカー協会公認S級ライセンスを取得。来季続投となるホルガー・オジェック監督(59)と師弟関係にあり、絶大なカリスマ性を生かし、選手とのパイプ役に期待されている。


記事によると、トップチームでのコーチ就任が濃厚との事。だけどこの時期は、いわゆる“新聞人事”の報道が多いですよね。なので、この話も本当なのかまだわかりません。

すべてわかるのは、シーズンが終わってからということ。なので、今は目先の事に踊らず、試合に集中していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »