« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007.10.12

改札の魔物

今朝は通勤時間帯に改札の異変につかまってしまった方が多かったかと思います。

カードの間違いとかこっちに非があれば別ですが、今朝のように普段通れる所が通れないとなると、結構困りますよね・・・。原因はまだはっきりしないようですが、どうやらシステムの問題だったようで。

もう首都圏では「Suica」や「PASMO」が当たり前のように使われている現在、こういうミスは今後あり得るしれません。けれど今朝は混乱を避けるために復旧まで改札をフリーにしたのはJRの英断だったと思いますね。

<自動改札機>トラブル原因は「日本信号」のプログラムミス」(毎日新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.11

天皇杯4回戦組合せ

本日16:30頃、JFAより第87回天皇杯4回戦の組合せについて発表がありました。

【第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会】4回戦以降の組合せ決定!(07.10.11)(JFA)

(財)日本サッカー協会は、本日11日、第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦以降の組合せ抽選会を行い、下記の通り対戦カードが決定しました。

◇第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
2007年11月4日(日) 13:00キックオフ

【49】 ガンバ大阪-モンテディオ山形 (万博)
【50】 ジェフユナイテッド千葉-大分トリニータ (フクアリ)
【51】 清水エスパルス-明治大学 (日本平)
【52】 横浜F・マリノス-佐川急便SC (三ツ沢)
【53】 アルビレックス新潟-サガン鳥栖 (東北電ス)
【54】 FC東京-TDKSC (味スタ)
【55】 ジュビロ磐田-順天堂大学 (ヤマハ)
【56】 サンフレッチェ広島-湘南ベルマーレ (鳥取)
【57】 浦和レッズ-愛媛FC (駒場)
【58】 大宮アルディージャ-横浜FC (富山)
【59】 川崎フロンターレ-セレッソ大阪 (等々力)
【60】 ヴィッセル神戸-アビスパ福岡 (ホムスタ) 
【61】 鹿島アントラーズ-水戸ホーリーホック (カシマ)
【62】 ヴァンフォーレ甲府-徳島ヴォルティス (小瀬)
【63】 柏レイソル-HondaFC (柏)
【64】 名古屋グランパスエイト-ザスパ草津 (瑞穂陸)

※2007Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝戦に出場するチームの4回戦は、
11月7日(水)19:00キックオフとなります。
※浦和がAFCチャンピオンズリーグ2007決勝に進出した場合は、
当該チームの対戦を11月28日(水)19:00に実施します。


というわけで、4回戦の相手が愛媛に決まりました。愛媛といえばレッズから多くの若手が移籍していて、チームの欠かせない戦力として活躍しています。成長した姿は見てみたいですが、返り討ちはちょっと勘弁ですね(笑)。

試合日程ですが、レッズがACL決勝に進出したら11月28日になりますので気をつけましょう。

ちなみにトーナメント表はこちらです。(PDFファイル)
そして、気になる5回戦以降の会場ですが、再来週の25日(木)に発表だそうです。もしかしたらレッズ絡みでしょうかね・・・。で、おそらくその時に5回戦以降のチケットの関係も発表になると思われます。

天皇杯の詳細がわかってくると、いよいよ年の瀬が近づいているということ。いやはや時が経つのは早いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.10

どうした札幌・・・

今日のJ2第44節、首位のコンサドーレ札幌が5位セレッソに敗れ、2位ヴェルディに勝点1差に追い上げられてしまいました。

第44節終了時順位

第3クール途中までは余裕の昇格と思われましたが、ここ最近のリーグ戦8試合では1勝1分6敗の大ブレーキ。

上位陣が混戦となり、ヘタすると3位確保も難しいかもしれません。いよいよプレッシャーがかかってきたのでしょうか・・・。来年の遠征計画に入っているんだけどな・・・(笑)。

今週末もリーグ戦があるので、そこに注目ですね。


そういえば、今日はナビスコ準決勝第1戦がありましたね・・・。まあ順当な結果でしょうかね。ちなみに決勝進出をかけた第2戦は土曜日に行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.08

ジャイアントキリング

7日の日曜日に「第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の3回戦が行われました。

3回戦からはJ2の全13クラブが登場。毎年下位の1~2クラブが負けてしまうという事がありましたが、今年はJ1昇格を目指すJ2の上位4クラブが敗戦するという大波乱が起きました・・・。

試合結果(JFA)

2007年10月7日(日) @札幌厚別 13:00キックオフ
コンサドーレ札幌 1-1 PK9-10(前半1-1、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-0) TDK SC

ミス連発 格下に苦杯 コンサ初戦敗退」(北海道新聞)

2007年10月7日(日) @味スタ 13:00キックオフ
東京ヴェルディ1969 0-1(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半0-1) Honda FC

2007年10月7日(日) @西京極 13:00キックオフ
京都サンガF.C. 0-1(前半0-0) 明治大学

サンガ屈辱、明大に完敗 天皇杯サッカー」(京都新聞)

2007年10月7日(日) @ユアスタ 13:00キックオフ
ベガルタ仙台 1-2(前半0-0、後半0-0、延長前半0-0、延長後半1-2) 順天堂大学

J2仙台苦杯 順大に敗れる 天皇杯サッカー」(河北新報)     

天皇杯より昇格?J2“4強”敗退」(スポニチ)


まさか総崩れになるとは思いませんでしたね。クラブとしては天秤にかけるとするならば、やはり昇格へ向けて・・・というのが心情なのかもしれません。

ただ「天皇杯」も権威ある大会。相手も上位を喰ってやろうと必死になって戦いに挑んでくるわけですから、生半可は気持ちで臨むわけにいかないでしょう。それに結果も出さないといけませんから、各クラブの監督さんもリーグ戦を睨んでのメンバー構成は大変だと思います。

そして4回戦からはJ1クラブが登場します。その抽選は今週11日の木曜日に行われるとの事。いよいよ年末へ向けてこちらも楽しみになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.10.07

【第28節 大分戦】

オフィシャルより

07.10.07
Jリーグ第28節vs大分トリニータ
2007年10月7日(日)15:03キックオフ・さいたま市駒場スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1大分トリニータ
得点者:4分・68分ワシントン、60分藤田(大分)
観客数:18,511人
試合速報


「苦しみゆえの勝点3」

3ヶ月半振りの駒場での開催。勝利の歌となる「We are Diamonds」が、今まで以上にゆっくりとそしてじっくりと歌われた。

7連戦を闘い抜いた選手達は、最後の最後までタフだった。前半4分で先制するものの、レッズのいつもの癖なのか、その後は相手を早々に畳み掛けることができず、後半15分にスローインから簡単にボールをつながれ追いつかれた。しかしその8分後、ポンテのクロスをワシントンが相手2人を背負いながらも、力ずくでシュートを決めそのまま逃げ切った。

研究しつくされその上に疲労がたまっていると、わかってはいるものの、内容的にもボール支配率も大分のほうが上になる。しかしワシントンやポンテという一発で局面が変えられる選手がいるだけで全然違った。

やはり選手達は今まで以上に勝負強くなったのか・・・。そう思わずにはいられないが、それはシーズンが終わるまでわからない。ただそれ以上にACLをしっかりとこなしているだけに、今まで以上にタフになったな・・・とは感じた。

リーグ戦では、2位ガンバもしっかりと勝点を積み上げているだけに、少なからずともプレッシャーを感じるだろうが、レッズも苦しい中、負けじと勝点を積み上げ頂点へ向かってひた走っている。それだけにこの勝点3は大きいし、何よりも駒場での勝点3は埼スタとは違ってまた格別だ。

9月15日のJリーグ第25節から、リーグ戦4試合とACL3試合の合計7試合を、23日間で6勝1分というすばらしい成績で駆け抜けた。つまり週2試合が3週間続いた連戦をこなし、ようやく一休みになった。

再開後はいよいよラストスパートとなる。今まで以上にリーグ戦やACLにおいて厳しい闘いが待ち受けているだろう。それだけに今は選手達同様、自分達もゆっくりと休んで、最後の闘いへ向けてしっかりと充電したい。

Imgp9639Imgp9655Imgp9657

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »