« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007.09.22

【第26節 横浜FM戦】

オフィシャルより

07.09.22
Jリーグ第26節vs横浜F・マリノス
2007年9月22日(土)19:00キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス0-1浦和レッズ
得点者:65分永井
観客数:48,166人
◆前座試合(16:35キックオフ、20分ハーフ)
横浜F・マリノスJrユース追浜0-0浦和レッズJrユース
試合速報


「積み上げること」

全くどっちのサポーターでもない人がこの試合を観ると、『息もつけない緊迫した試合』ということになるのだろうか・・・。

そう思えるぐらい、昨日の試合は、久々に1点を争う痺れる展開だったように感じた。

レッズはACLからの疲れ、そしてマリノスは司令塔山瀬(功)の出場停止と、お互いに不安材料を抱えていた。

前半こそスコアレスであまりチャンスに恵まれなかった。だが後半に試合が動き、ポンテからのパスを受けた永井が相手の動きを冷静に読み、落ち着いてゴールに流し込んだ。

残り時間は相手が1人少ないにも関わらず、疲れからかチェックが多少甘くなり、クリアするのが精一杯だったように最後の最後まで苦しんだ。

連戦での疲労が蓄積される中でも結果を残せたのは、今後を考えたとしてもとても大きいことだ思う。この苦しい中で奪った勝点3はきっとどこかで生かせるだろうし、特に水曜日の決戦には気持ちよく入っていけるはずだ。

リーグ戦もACLもいよいよ大詰めをむかえる。どちらが重要か?と問われても今のレッズにはどちらとも重要だ。そして今はただ目の前の敵を倒すことだけに集中していくだけだ。後ろを振り返る必要はない。

90分で得られる勝点3をしっかり積み上げて、リーグをそしてアジアや世界を見据えて選手達と共に闘っていきたい。

Imgp9392Imgp9396Imgp9401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

第26節 横浜FM戦プレビュー

【前回対戦 第13節(2007.5.27)】
JリーグHP)(浦和HP)(横浜FMHP

明日はアウェー日産スタジアムに乗り込んで、横浜F・マリノスと対戦する。

マリノスは現在、12勝6分7敗の勝点42で第6位。前節は2位ガンバ相手にアウェーで2-0と完勝。特に山瀬からのバスは芸術的で、何度も坂田の飛び出しからチャンスを作り、得点を奪っていた。

しかし今節はそのキーマンとなる山瀬(功)が累積での出場停止。ここまで彼はリーグ戦25試合にフルタイム出場を果たしてきただけに、その穴はとても大きいと思う。おそらく2列目にはマルケスや清水の起用が予想される。またボランチも2枚にし、レッズの攻撃陣を止める構えを見せている。

一方のレッズは前節はアウェー広島で残暑のなか「4-2」で勝利。そして水曜日に行われたACL準々決勝全北現代戦では、試合終了間際に失点を許すものの「2-1」で勝ち、次週の韓国・全州で行われる第2戦に舞台を移す。

前節ではベンチスタートになったFWワシントン。再度先発で起用されるのかが注目であるし、出るからには得点に期待したい。広島戦での4点目に見せた足に吸い付くようなボール捌きは圧巻だった。


ACLを挟み、あっという間の中2日での試合。やはり選手達の体調管理が気になるところである。しかしここが正念場だけに、選手達も自分達も厳しく相手に立ち向かわなくてはならない。

明日もそしてその次も大事な試合が続く。キモチ落とさずに選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.20

当局からの指導

来週の韓国・全州でのACL第2戦について、クラブからスタジアム持込品について注意事項がありました。


07.09.20 ACL、アウェイゲームの注意事項について

ACL準々決勝第2戦にあたって、全北現代モータースからの通達事項をお知らせいたします。 警察当局の強い指導により、この試合に関して、旗の竿・棒に類するものは全面持込禁止になりました。持ち込んだ場合は、「預かり」ではなく「没収」になるとの事です。「竿・旗」とは大きな旗のポールなど長いものだけではなく、いわゆる「ゲート旗」の棒も含まれるという解釈ですので、現地に参戦される方はご注意下さいますよう、お願い申し上げます。



ということで、いわゆる「ゲーフラ」の棒も禁止の対象になるようですね。まあ無用なトラブルを避けるためにもしょうがないことかもしれません。

“旗竿”が無くても「旗」は持ち込めるようですから、それで闘っていきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.19

【ACL 準々決勝第1戦 全北現代戦】

オフィシャルより

07.09.19
ACL・準々決勝vs全北現代モータース
2007年9月19日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1全北現代モータース
得点者:3分長谷部、59分田中、89分チェ ジンチョル(全北)
観客数:33,103人
試合速報


「本当の勝負はこれから・・・」

未知への領域へ踏み込んだ最初の闘いは2‐1で勝ち、来週の第2戦は舞台を韓国・全州に移す。

試合開始早々から小気味よいテンポで全北ゴールに襲い掛かり、あっという間に長谷部の先制点が生まれた。

後半に入ると全北が徐々にペースを奪うも、闘莉王、達也のワンツーで追加点。途中、荒っぽいプレーもあったが、それ以上に脅威に感じたのは全北のスタミナである。

結果的に終了間際に失点を許してしまい、スタジアム全体が「アウェーゴールルール」にとりつかれてしまった感があったが、まずはしっかりと勝って初戦を終えたのだから悲観することはない。

相手に1点を許したところですべてが終わったわけではない。それゆえ来週のアウェーゲームを“敗戦ありき”で考えてしまう流れこそよくない。まずは勝つこと・・・。それだけ考えればいいことだ。本当の勝負はこれからだ。

リーグ戦を間に挟みタイトな日程が続くが、次もキモチ入れ替えて選手達と共に闘っていきたい。

Imgp9324Imgp9333Imgp9342

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.18

ACL 準々決勝第1戦 全北現代戦プレビュー

明日からいよいよACLノックアウトステージが開幕。ホーム埼玉スタジアムに、韓国の全北現代モータースをむかえ対戦する。

全北は昨年のACLチャンピオン。今大会はグループステージを免除され、レッズ戦が初戦となる。国内リーグ戦では決して強いチームというわけではない。しかしカップ戦では驚異的な力を発揮し、世界クラブ選手権の出場を果たした。

代表クラスの選手も多く抱えておらず。日本での名の知れた選手はいない。しかしそういうクラブこそ、どんな力を秘めているかわからない。相手が「日本」のクラブというだけで、当たりが厳しくなることも当然予想されるだろう。

一方のレッズは前節はアウェーで広島と対戦。季節外れの残暑の中での試合だったが、4-2で相手を突き離し貴重な勝点3を奪った。ここで気になるのは、猛暑の中での試合で、欧州遠征帰りの代表勢らのコンディションが落ちていないかだ。

そしてFWワシントンがグループリーグからの累積警告で明日は出場停止。おそらく達也、永井の2トップになると予想される。しかしここまでワシントンが怪我で不在だったことで、2人でしっかりと実戦で連携を積んでいるだけに明日はゴールを期待したい。またここにきて阿部勇樹の復帰も大きい。

明日からレッズは、ノックアウトステージという未知の領域に入っていく。ここはホーム&アウェーの戦い。ナビスコカップでも経験しているが、勝敗数そして得点数が同じ場合は、アウェーゴール数の多いほうが勝ち抜くことになる。つまりどれだけホームで失点をしないかが重要になってくる。

相手にゴールを奪わせないこと・・・。もちろん選手達の頑張りも必要だが、それ以上にスタジアムの雰囲気をホーム一色にさせることも重要である。それは自分達サポーターの役目でもある。

負けたら終わりのトーナメント戦。Jリーグとはまた違うクラブのプライドを賭けた闘い。それがチャンピオンズリーグだと思う。明日はキモチ高ぶらせ、想いを込めて選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

赤き血のイレブン

というわけで、水曜日のホームでの決戦へ向けて、某浦議でもアップされていますが、この歌でキモチ上げていきましょう!!

赤き血のイレ~ブン
ラララ~浦和レッズ~
世界に~見せつけろ~
俺達の誇り~

「akakiti11.WAV」をダウンロード

☆音が出ます。職場などでは音量に気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.16

広島遠征あれこれ

というわけで、行ってきました広島へ。さっそく振り返りましょう~。

試合は土曜日の14時から・・・という日程が発表になり、どうやって広島へ乗り込むかカレンダーをずっとずっとにらみつつ決めたのは、金曜日入りの土曜日帰京の日程。ややハードスケジュールでしたが、それは自分が決めたこと。反省はしません(笑)。

出発当日の9月14日(金)。仕事を早々に切り上げ、いざ羽田へ出発。羽田空港といえば普段はモノレールか京浜急行ですが、それじゃあ乗り物好きの自分が納得しない(!?)ので、向かった先は・・・。
Imgp9168Imgp9169






東京シティエアターミナル???

というわけで、今回は最寄の駅から地下鉄で東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅まで行き、箱崎でおなじみのT-CATからリムジンバスで羽田空港へ向かうことにしました。

乗ったのは17時発の便。30分に1本の運行ですが、結構乗っていましたね。
Imgp9170Imgp9171Imgp9173






TCATを出発したバスは、少しだけ一般道を走り、首都高速9号深川線福住ランプから入ります。予定所要時間はおよそ25分から35分と聞いていましたが、あっという間に湾岸線に入り、お台場を通過して、新幹線の多い車両基地を過ぎて・・・
Imgp9175Imgp9177Imgp9178






なんと出発からわずか15分で羽田空港第二ターミナルへ到着・・・ってか早すぎるって!!
Imgp9179Imgp9180Imgp9184






羽田空港に着いたのが17:15。自分が登場するANA687便は19:30発。う~ん早すぎですが、さっさと手荷物検査場を過ぎ、とあるところへ向かいました。
Imgp9185






向かったのはANAの保安管理区域内にある「カフェねんりん家」。主にバームクーヘンを扱っている「ねんりん家」がオープンさせたカフェです。
Imgp9187






ここの店舗自体は池袋東武にありますが、カフェは羽田空港しかなく、しかもANAに搭乗する人しか利用できないという事で寄ってみました。

いただいたのは、「ホットバームクーヘン(ミックス)」。一度カットしたバームクーヘンを温めて出してくれます。2種類のバームの味を楽しみながら、普段なら出発前で慌しい空港でほっとしたひと時を過ごすことができました。
Imgp9190Imgp9192Imgp9195






まったりしつつ時間は過ぎていき、もうすぐ搭乗時間に・・・。金曜日でかつ3連休前ということでかなり混雑していました。
Imgp9201Imgp9202Imgp9205






搭乗口ではこのようなICをタッチする機能(SKIPサービス)ができていて、ここにマイレージカードをかざすだけでこのようなレシートのような搭乗券が出てきます。便利になりました。
Imgp9198Imgp9206_2






離陸が混雑した関係で広島空港到着が予定より10分遅れの21:05到着。
Imgp9207






ここからはリムジンバスで広島の中心街である広島バスセンターへ。
Imgp9209Imgp9210Imgp9212






22:10過ぎに広島バスセンター到着。地下街を歩いてホテルへ向かいますが、やはりこの時間は人通りが少ない・・・。
Imgp9213Imgp9214






ホテルにチェックインした後、先乗りしていた友人から電話があり、広島市内の繁華街である八丁堀へ移動。
訪れたお店は「鉄ぱん屋 弁兵衛」。感じのいいお店で、目の前の鉄板から繰り出される料理はどれもおいしかったですね。
Imgp9216Imgp9217Imgp9219






その後、友人と話が盛り上がり結局お店を出たのが日付の変わった午前1:30。ホテルで横になったのはすでに2時を過ぎてました・・・。

で、翌日は6:30に起床。朝食をとった後、ホテルをチェックアウトして、スタジアムへ向かいます。広島遠征の際はいつも買っている「サンフレ応援乗車券」買って、8:35発のアストラムライン本通駅から乗車。
Imgp9221Imgp9223






中国新聞朝刊を読みつつ列車はのんびり進み、9:11終点の広域公園前駅に到着。すでにこのとき雨がぱらぱらと落ちていて、かなり蒸し暑かったですね。
Imgp9226Imgp9227Imgp9228






駅からはひたすら上り坂・・・。そして広島ビッグアーチ到着。周りは開発された住宅街が多いのですが、山の上だけにこんなのんびりとした風景もありました。
Imgp9229Imgp9230Imgp9232






その後11時に開場。メインスタンド側で休んでいたら、この日TBSでの中継の副音声のゲストだった「アンガールズ」が登場。芸能人のオーラが全然なかったなぁ・・・。
Imgp9236






そうこうしているうちに陽が出てきて気温がグングン上がり、30度を超えてました。広島のサポーターにはこんなうれしい応援指導も・・・。
Imgp9242






そして試合終了。アウェーでの勝利はホームとはまた違っていいですね。
Imgp9251Imgp9262






終了後は仲間とJR横川駅行きのシャトルバス乗り場へ。15分程並んで乗車。そして17時過ぎにJR横川駅到着。
Imgp9269Imgp9271Imgp9273






ここから17:15発の山陽本線糸崎行きに乗車。わずか1駅の乗車で17:20に広島駅着。
Imgp9274Imgp9275Imgp9276






移動もそこそこに17:30発の広島空港行きのエアポートバスに乗車します。
Imgp9277Imgp9278Imgp9279






まだまだ陽の明るい18:15頃広島空港へ到着。
Imgp9281Imgp9286






自分の搭乗するANA688便の出発は20:40。まだまだ時間があるので、19:30のJAL便に搭乗する友人も巻き込んで空港内のお好み焼き屋「五エ門」で祝杯!
Imgp9287Imgp9288Imgp9292






ほどよくお腹を満たしたところで、まだ混まないうちに手荷物検査場を通過し、待合所でたまたま放映していた「川崎-大分」戦を観戦しながら搭乗を待ちました。
Imgp9293Imgp9295






そしていざ機内へ。帰りの搭乗券もこんなペラペラのレシートみたいなもの。
Imgp9298Imgp9299Imgp9300






22:13羽田空港到着。定刻より13分遅れでした。
Imgp9302






羽田空港からは22:33発のモノレール区間快速で浜松町へ。
Imgp9303






浜松町から京浜東北線へ乗り換え、王子で地下鉄南北線→埼玉高速鉄道へ乗り継ぎ、日付の変わった0:03に東川口駅に到着。
Imgp9304Imgp9306Imgp9307






ということで俺お疲れでした。帰りにご一緒させていただいたMさん、そして遠征した皆さんお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »