« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »

2007.08.01

【第14節 広島戦】

オフィシャルより

07.08.01
Jリーグ第14節vsサンフレッチェ広島
2007年8月1日(水)19:32キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ4-1サンフレッチェ広島
得点者:9分佐藤(広島)、64分闘莉王、76分ポンテ(PK)、78分田中、83分ワシントン
観客数:38,682人
試合速報


「大勝にも心浮かれず・・・」

相変わらずというか何というか、前半からレッズの動きが悪い。佐藤を中心とした相手の早い動きに時折全くプレスが効かず、ラインがズルズルと下がっていくのがわかった。

後半は持ち直すのかと思いきや、前半同様プレスがやや甘いしクリアも中途半端だと思った矢先に、佐藤の先制ゴール。

その後、ここからレッズが怒涛の攻撃を仕掛けて結局逆転勝ちするわけだが、ここまで引っ張らないとレッズは試合に入るのは難しいのかな・・・と思ってしまう。だが先制点を奪われるまで相手に合わせてしまったのは事実だ。

相手の力を見極めてから・・・というのもあるだろうが、レッズの時間帯を早く作るというのも大切だ。それが開始早々主導権を握って、その流れで先制点を奪えればこの上ない。しかしサッカーはそううまくいかないものだ。


中途半端な日程ではあるものの、オールスターを挟んで10日後に再び後半戦が再開する。この試合で得た勝点3はとても大きい。これで首位の背中が目前に迫った。しかも今季初の4得点というおまけもついた。

しかしこの大勝劇に心浮かれる暇はない。上がすぐそこに見える今こそ、1つ1つ大事な試合を選手達と共に闘っていくことが大切だと思う。

200708012121000200708012127000200708012131000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.31

第14節 広島戦プレビュー

明日は1ヶ月ぶりのリーグ戦。A3で延期となっていた第14節。ホーム埼玉スタジアムにサンフレッチェ広島をむかえ対戦する。

広島は現在、6勝4分7敗の勝点22で暫定の第13位。リーグ戦での中断前6月の成績は1分3敗。特に失点数は横浜FC、甲府の35に次ぐ34と守備面に不安を残す。また7月に行われたナビスコカップ準々決勝では鹿島に1分1敗と敗れた。

特に今節はDFの要である戸田と森崎和を累積の出場停止で欠くという事態。U-20W杯で脚光を浴びた槙野ら若手選手の起用が予想される。そして前線には代表の佐藤寿人、得点ランキングトップのウェズレイが控えており、決して侮れない相手になるだろう。

一方のレッズは、7月にナビスコカップ準々決勝でガンバと対戦。代表や怪我で主力を欠くなかで、第1戦は引き分けだったが、第2戦のアウェーでは2-5と万博の牙城にもろくも崩れ去った。しかしその前のリーグ戦では4試合連続完封勝利という結果を出している。

今節は伸二が累積の出場停止で欠くが、DFには闘利王、前線にはFWワシントン、達也、そして代表の坪井、阿部、啓太が戦列に復帰すると思われる。


ガンバ戦を経験した選手達は、あの万博での暴風雨の中での大敗を忘れることはない。それは自分達もそうだ。悔しさをにじませながらも、相手から得るものはあったと信じたい。

現在首位ガンバとの勝点差は5。しかしこの未消化の試合を獲ると一気に背中が見えてくる。その影を捕らえるためにも明日は絶対に落とせない試合だと思う。

そして明日は久々のホーム埼スタでの試合。4月からやきもきして歌えなかった『あの歌』を久々にみんなで思いっきり歌うために、キモチ上げて選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

マンU戦を除けば、約1ヶ月ぶり、久々の埼スタです。

昨夜の雷雨がもたらした水溜まりは、一時の清涼感を与えてくれます。梅雨明けはもうすぐでしょうね。

200707310652000_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.29

共同開催の難しさ

どうやらアジアカップ決勝戦はイラクが勝って初優勝をしたようです。
<サッカーアジア杯>イラクが初優勝、サウジアラビア降す」(毎日新聞)

でも今回はAFCの不手際がかなり目立つ大会となりました。
不手際を謝罪 AFCのハマム会長」(共同通信)

今大会はインドネシア・マレーシア・タイ・ベトナムの東南アジア4カ国による共同開催。移動もさることながら、それぞれの国での気候の違いに、選手達はさぞ戸惑ったことかと思います。

共同開催というのは、縮小規模ながら自国で大きな大会を開催できるというメリットがあるものの、お互いの国の主張が入り乱れ、むしろまだまだデメリットの面が大きいようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアカップ3位決定戦

日本0-0(PK5-6)韓国
スポーツナビ速報


残念の一言に尽きますね・・・。

やはりPKに入る前に、120分で試合を決められなかったというのが問題でしょう。

しかし何がどうとか誰がどうとかという事ではなくて、チーム全体いや協会の宿題として捉えて、この4位という結果を今後に生かしてほしいですね。

そして阿部・啓太・坪井の3選手もお疲れさまでした。無事の帰国を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月22日 - 2007年7月28日 | トップページ | 2007年8月5日 - 2007年8月11日 »