« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »

2007.01.20

黒部、千葉へ移籍

オフィシャルより

■07.01.19 [ 黒部 光昭選手 ジェフ千葉に移籍のお知らせ ]
2006シーズン、京都パープルサンガから期限付きで加入しておりました黒部光昭選手がジェフ千葉へ完全移籍することとなりましたので、お知らせ致します。

黒部 光昭(くろべ てるあき)
1978年3月6日生まれ(28歳)徳島県出身  
FW 177cm/75kg 
徳島商業高校-福岡大学-京都パープルサンガ-セレッソ大阪(期限付き移籍)-浦和レッズ(期限付き移籍)-ジェフ千葉
日本代表Aマッチ4試合出場0ゴール

黒部光昭コメント
「レッズに来て、自分自身がいろんな経験ができた1年間で、次に生かしたいと思います。応援してくださったサポーターの皆さんには本当に感謝してます。ありがとうと言いたいし、次のシーズンは、レッズ戦でゴールして、悔しがってもらうという形で恩返しできたらなと思ってます」


というわけで、黒部の千葉へ完全移籍が正式に移籍が発表されました。

昨年、レンタル移籍でレッズへ加入しましたが、なかなかトップでの出場機会がなく、結局1年で移籍となりました。彼の能力の高さに期待するところはありましたが、いかんせんシステムが1トップで固定されてからは、起用の門はますます狭まってしまい、むしろ彼にとって難しい1年だったと思います。

昨年の黒部といえば、さいたまシティカップのバイエルン・ミュンヘン戦での決勝ゴールですね~。新天地では、巻とスタメンを争うことになるでしょうが、是非とも頑張ってほしいものです・・・ひとまずレッズ戦以外で(笑)。

Imgp5042Imgp5076Imgp5077

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

『SAVAS』と『DHL』

今シーズンのユニフォームの胸スポンサーが正式に決まりましたね。

■07.01.19 [ 浦和レッズトップパートナー・新ユニホームについて ]
この度、浦和レッズは、明治製菓株式会社(本社:東京都中央区 社長:佐藤尚忠)、ディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区 社長:ギュンター ツォーン)と、2007シーズンからトップパートナーシップ契約(2年間)を締結いたしました。
本契約により、2007シーズンからJリーグ、ナビスコカップ、天皇杯等の大会におきまして、浦和レッズユニホームの胸には、明治製菓のブランド「SAVAS」(ザバス)ロゴが入ることとなり、AFCチャンピオンズリーグ、A3チャンピオンズカップ、Bull’s Cupにおきましては、DHLのマークが入ることとなります。

(中略)

【2007シーズン トップパートナー概要】
トップパートナー
・明治製菓株式会社 <胸>
・三菱自動車工業株式会社 <背中>
・株式会社トーシン <左袖>
・三菱ふそうトラック・バス株式会社 <パンツ>
・ディー・エイチ・エル・ジャパン株式会社 <胸(AFCチャンピオンズリーグ、A3チャンピオンズカップ、Bull’s Cup)>
・カブドットコム証券株式会社 <プラクティスウェア>
・株式会社ナイキジャパン <ユニホームサプライヤー>

2007シーズンユニホーム概要
株式会社ナイキジャパン製
1.ファーストユニホーム(赤) ~ 新デザイン
2.セカンドユニホーム ~ 2006シーズンと同じデザイン

(以下略)


ということで、今シーズンはACLを控えていることもあり、2種類のファーストユニで闘うことになりました。

そういえばユニといえばこんな記事が・・・。

浦和サポ1500人がシドニー遠征(スポーツニッポン)

 浦和が初参戦するアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でW杯並みの“援軍”を受ける。アウエー初戦の3月21日シドニーFC戦に1500人規模のサポーターが駆け付けることが分かった。応援ツアーも企画する旅行代理店では「申し込みは殺到中。W杯並みの人数」と話した。4月の上海遠征ではチャーター便の導入も検討中だという。また、ACL専用ユニホームも作製され、左胸部分には「JAPAN」の文字が躍ることが正式決定した。

やっぱり「JAPAN」が入るのね・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.18

甲府の地を踏めず・・・

今季の日程発表まであと1週間となって、いろんな情報が飛び交ってきましたが、今日は山梨の方から気になる記事がありました。

国立競技場でホームゲーム開催へ(山梨日日新聞)

 サッカーJ1のヴァンフォーレ甲府(VF甲府)は、クラブ法人化10周年を記念して今シーズンのホームゲームのうち1試合を、東京・国立競技場で行う方針を固めた。
 対象となる試合は8月中旬で、対戦相手は昨シーズン優勝の浦和レッズが有力。国立競技場は5万人が収容でき、クラブ側はアウェイのサポーターや一般サッカーファンなどを取り込むことで、入場料収入やVFの知名度アップにもつながると期待している。


というわけで、甲府ホームのレッズ戦が国立での開催になるようです。昨年小瀬に行って、あのマッタリムードに今年は飲み込まれないぞ!!とリベンジを果たしたかったのですが、まぁチケ獲りのことを考えると、致し方ないかなぁと思います。

でも、クラブ法人化10周年だから国立で開催っていうのも、何か妙な違和感を覚えるのは自分だけでしょうか。そういえば去年小瀬でのレッズ戦の観客動員数って、スタジアムキャパと同数の17,000人でしたよね。何かそこに問題があったのでしょうか。

遠征の楽しみも捨てがたいですが、何よりも近場で試合が開催されるのですから、もし正式に決まったら素直に喜びましょう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.17

ACLホームゲームは19:30

というわけで、仕事をしている人には、少しは時間に余裕ができるかも・・・。

■07.01.17 [ AFCチャンピオンズリーグ2007・浦和レッズ ホームゲームチケット販売のご案内 ]
2007シーズンの3月~5月に開催されますグループステージのチケットについて、下記の通り販売いたします。

1.対象試合
ACL(AFCチャンピオンズリーグ)グループステージ3試合
◆Matchday1:3月7日(水)19:30キックオフvsペルシク・ケディリ (インドネシア)
◆Matchday3:4月11日(水)19:30キックオフvs上海申花 (中国)
◆Matchday6:5月23日(水)19:30キックオフ※予定vsシドニーFC (オーストラリア)

※Matchday6において、決勝トーナメント進出チームが決定する場合、AFCの規定により、各グループのキックオフ時間が同時刻となるため、現在予定の19:30キックオフから変更になる場合があります。


平日の埼スタでのナイトゲームは、昨シーズン8月の新潟戦がありましたね。あと19:30キックオフって過去にあったかな~って考えたら、2004年のチャンピオンシップ第2戦がそうでしたね。確かあの時は延長+PKまでいって、えらく遅くなった記憶が・・・。

いよいよアジアでの舞台が整ってきました。今から楽しみですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.16

師匠 横浜へ降臨!?

今日は日付をまたいですぐの更新。その訳は、寝ようとしたらこのニュースが飛び込んできてビックリということで・・・。

横浜がレッドスターFW鈴木を獲得か(日刊スポーツ)

 セルビア・スーパーリーグの強豪レッドスターのストイコビッチ会長は15日、同クラブに所属する元日本代表FW鈴木隆行(30)の獲得に、J1の横浜が乗り出したことを明らかにした。横浜側も「契約はしていないが、これから代理人を含めて話す」と認めており、移籍成立の可能性が出てきた。
 鈴木は02年W杯で活躍した後にベルギーのクラブでプレーした。06年1月にJ1鹿島からレッドスターに2年契約で移籍した。
 横浜は、元日本代表FW久保竜彦の移籍が決まり、FW陣の強化が急務となっている。

レッドスターのストイコビッチ会長の話
横浜が文書でオファーを出せば、鈴木はすぐに飛行機に乗るだろう。彼が日本に戻ってプレーしたいというのであれば、われわれに何の問題もない。


最近、動向を聞かないと思ったら・・・、F・マリノスですか~。まぁどうなるかわかりませんが、久保の退団が決定しているようですし、何としてもFWの補強が必要だったんでしょうね。

色々言いたいこともありますが、これ以上は他クラブの事情なので、余計な発言は控えることにします(笑)。

それにしても驚きですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.14

資金回収へ向けて?

今日はこの話題から・・・。

浦和2冠グッズで4億円(スポーツ報知)

 昨季2冠を達成した浦和が優勝記念グッズで4億円もの売り上げを記録することが13日に、明らかになった。Jリーグ最大勢力を誇るサポーターがもたらしたアジア制覇への軍資金は破格だった。
 浦和は昨年12月から優勝記念のレプリカユニホーム、Tシャツ、ニットマフラー、腕時計のGショックなどの販売を大展開。クラブ関係者によると、特にチーム初のリーグ優勝が、熱いファンの購買欲を促進した模様で、記念グッズの売り上げは11日の集計時点で、なんと約3億2000万円にも上ったという。昨年に続く天皇杯優勝関連グッズは約5000万円。リーグMVPに輝いたDF闘莉王や得点王のFWワシントンの個人タイトル関連グッズも1000万円。「最終的に売り上げは4億円に届きそうです」と関係者は声を弾ませた。
 浦和入りが決まった千葉の日本代表MF阿部勇樹の移籍金は推定4億2000万円。原価などを差し引いたグッズ販売の純益は、ACL制覇の切り札となる阿部獲得資金として有効活用される。


まぁ『資金回収』というわけじゃないでしょうが、かなり踊らされているような記事ですね。でもグッズの売り上げが上がっているのは事実。そういう自分も記念モノはそれなりに買っているわけで・・・。

クラブの収入源は、チケット代やスポンサー収入の他に、このようなグッズの売り上げも重要です。しかしあまり乱発しすぎるのもいかがかとは思いますが、それでも買ってしまうのがサポの心理。

今後もどれだけ踊らされてしまうのでしょうかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月7日 - 2007年1月13日 | トップページ | 2007年1月21日 - 2007年1月27日 »