« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »

2007.06.30

【第18節 磐田戦】

オフィシャルより

07.06.30
Jリーグ第18節vsジュビロ磐田
2007年6月30日(土)19:00キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
ジュビロ磐田0-2浦和レッズ
得点者:1分・28分小野
観客数:35,072人
試合速報


「快勝の中での課題」

開始1分での伸二の鮮やかなFK。ふわりと弧を描いた軌道が、GK川口の右を通り抜けゴールネットを突き刺した。

その後も面白いようにボールが動きパスワークも秀逸だった。やはり達也を始めとした前線に顔を出す選手達が相手へのプレッシャーをかけるのが早く、その動きがあるだけで得点へのチャンスがますます広がった。

しかしそれもわずか30分ほどで消えてしまう。相手の退場や達也の負傷交代で永井に代わってからは、状況は一変してしまった。

敵将アジウソン監督は達也が退いた後、縦へ走る選手がいなくなると見るや、DFラインを再構築し、そしてリスクを冒してまでも中盤から前の選手を次々と投入し、ラインの押し上げを図った。

それが功を奏したのか、中盤でキープすることが多くなり、前線の太田や前田らが縦横無尽に走りまくっていた。それゆえレッズのDFラインはずるずると下がってしまい。1人少ない相手にもかかわらず、チャンスがわずかだったように思えた。

試合をこなせばそれだけ反省点が生まれてくる。当然勝っても負けても課題はいくらでも出てくる。今回は達也が退いた後、1人少ない相手にもかかわらずプレッシャーが甘くなってしまった感がある。結果的に無失点で終わったが、そういう簡単なミスは無くしたいところだ。


リーグ戦はひとまず約1ヶ月間の中断に入る。しかしナビスコカップに参戦しているため「さいたまシティカップ」まで3試合こなす事になる。代表勢の不在やケガ人の影響で首脳陣にとって選手起用が難しいところだが、むしろ若手選手達にはまたとないチャンスだろう。そんな期待をもちつつガンバとの2連戦を楽しみにしたい。

Imgp8540Imgp8549Imgp8554

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.29

第18節 磐田戦プレビュー

【前回対戦 第5節(2007.4.7)】
JリーグHP)(浦和HP)(磐田HP

明日は東海アウェーの締めくくりとなる試合。アウェー静岡エコパスタジアムにのりこんで、ジュビロ磐田と対戦する。

磐田は現在、9勝1分7敗の勝点28で第5位。ここ4試合は3勝1分で11得点と、FW前田が復帰してからチームの状態が上向いている。彼の復帰も大きいが、それ以上にアジウソン監督の戦術分析力の高さが群を抜いており、前節川崎相手にもその力は如何なく発揮された。

今季は福西、服部、名波などのベテラン勢がクラブから離れ、それに代わり若手を起用し育て上げてきた。それだけに若い力が爆発したときほど怖いものはない。また太田、ファブリシオなど中盤を支える選手達も巧みな動きをするだけに気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節アウェー日本平でリーグ戦では97年以来10年ぶりの勝利を飾り、首位ガンバに追随している。こちらもFW田中達也が復帰してから3連勝で、しかも失点0という盤石ぶりを発揮している。

今節はポンテが累積の出場停止。そして清水戦で負傷した闘莉王は母国ブラジルで休養に入った。おそらくトップ下には伸二、そしてセンターバックには堀之内の起用が予想される。

キーとなるのは、久々に2トップの下に入る伸二であろうか。今季は怪我が多く、また戦術の関係でまだまだその才能をいかんなく発揮できていなかっただけに、明日は久々のトップ下起用で、どう周りの選手達を操っていくかが楽しみであり期待が高まる。

磐田とのアウェーでの試合を遡ると、5年前の2002年に磐田スタジアム(現ヤマハスタジアム)で純国産布陣で勝利して以来、勝利から見放されている。しかしエコパでの試合に限ると2年前の2005年に2-2の引き分けの試合がある。その時は勝ち越された直後にエメルソンが右サイドを突破して同点ゴールを決め、上昇への足がかりとなった。


今まで自分達は散々東海の地で苦汁を嘗めてきた。そして昨年は優勝したとはいえ1つも勝てなかった事は、心のどこかに引っかかるものがあった。しかし今季は違う。ここまで名古屋、清水と共に1点差勝負という苦しい試合をモノにしてきた。だからこそあと1つ、磐田に勝ってひとまずリーグ戦の中断を迎えたい。

しかし中断とは言うものの、レッズはその翌週からナビスコカップ準々決勝を控えている。それを見据えるためにもそして代表選手達を快くアジアカップへ送り出すためにも、勝点3を全力で奪いたい。明日も選手達と共に闘い、東海の地に最後の3つ目の白星を記したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.28

2人の男の行く末

共に監督批判をしたとされる『三浦淳宏(神戸)』と『ストヤノフ(千葉)』。

現在、『移籍』という事態に直面している2人。

クラブとしては円満に解決したかったが、最悪の形となってしまった・・・。

果たして2人はどの道を探るのか。そしてスムーズに移籍が進むのか・・・。

選手としてのプライドを懸けたこの2人の今後に注目ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒートアップJ2!

代表だろうが何だろうが関係ないJ2リーグ。昨夜は第24節の6試合が行われました。ちなみに結果はこちら

そして上位の顔ぶれはこんな感じ。

1位 札幌 勝点50 得失点差17 (23試合消化)
2位 仙台 勝点41 得失点差15 (23試合消化)
3位 京都 勝点41 得失点差11 (22試合消化)
4位 湘南 勝点36 得失点差13 (22試合消化)
5位 福岡 勝点34 得失点差09 (22試合消化)

以下、勝点33で東京V、鳥栖。勝点30でC大阪、山形と続きます。

数字からみれば札幌は独走状態で、2位以下は混戦といった感じでしょうか。

まだ半分も消化していないJ2。もうすぐ第2クールが終わります。これから暑い季節を向かえて、昇格へのキップをかけた闘いはまだまだ続きます。

200706272219000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

こんなところに・・・

ふと読んでいたマネー雑誌「ダイヤモンド・ザイ」に我らがロビーが・・・。

いやはやビックリ・・・というか、うちのスポンサーに『カブドットコム』があるから、ない話でもないか・・・と妙に納得。

Imgp8476Imgp8477Imgp8478

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.24

日本平遠征あれこれ

今季、東海遠征第2弾となる、日本平遠征をお送りします~。


この日の試合は14:00からのデーゲーム。朝早くから出発です。

武蔵浦和駅から友人の車に同乗させていただくために、東川口駅5:34の武蔵野線で出発。同じ列車には新幹線組かバスツアー組かわかりませんでしたが、結構サポーターが乗ってましたね。
Imgp8406Imgp8407Imgp8409






5:44武蔵浦和着。ここで友人と合流して、いざ清水へ出発します。
Imgp8410






首都高戸田南ランプから5号池袋線へ入ります。早朝だったせいか、わずか1時間弱で都内を抜け、東名東京料金所付近を通過します。
Imgp8411Imgp8412Imgp8413






6:55海老名SA着。チラホラ・・・どころか結構サポーターの姿もあり。
Imgp8414






車は大井松田インターを過ぎ、一路西へ。
Imgp8416Imgp8417Imgp8418_1






8:15富士川SA着。天気はどんよりとしていて、パラパラと雨が落ちていました。
Imgp8419






海のそばを通る由比PA付近を通過。その後8:50に清水インターで東名高速を降ります。
Imgp8420Imgp8421






途中買出しをして、9:30に清水駅そばの市営の駐車場に駐車。ここからタクシーでスタジアムへ向かいます。
Imgp8422Imgp8424






スタジアムに着いてから、天気が良くなってすっかり青空に。その代わり待機していた場所のテニスコートの湿気がすごかった・・・。

というわけで、11:00開場。スタンド最上段からの眺めは相変わらずいいですね。遠くに富士山も見えました。
Imgp8427






恒例のパルちゃんショーは「パルーズ・ブート・キャンプ」最終編でした。
Imgp8428






試合終了後は、シャトルバスで清水駅へ戻ります。バスに乗るまで30分ぐらいかかりましたかね。
Imgp8434Imgp8448






案の定、駅へ向かう道路は大渋滞。結局17:20頃に清水駅到着。
Imgp8451






帰りも行きと同様、清水インターから東名高速へ。
Imgp8454Imgp8455






日が暮れかかる18:00過ぎに富士川SA着。かなりの数のサポーターで埋まってました・・・。
Imgp8456Imgp8457






そのまま東京インターへ直行と思いきや、途中の御殿場インターで降りて、東富士五湖道路へ向かいます。
Imgp8459Imgp8461






山中湖あたりで、車窓の左側に薄暗い中に映える富士山が・・・。
Imgp8463






東富士五湖道路から中央道に入り、20時過ぎに談合坂SAで食事休憩します。
Imgp8467Imgp8468






ここからは、この日15時に開通したばかりの圏央道を通って入間インターへ向かいます。
Imgp8472_1Imgp8474






所沢駅で同乗者を降ろしてから、運転者の御好意で東川口駅まで送ってもらいました。で、22:45に無事東川口駅到着。
Imgp8475






というわけで俺お疲れ。そしてこの日丸1日運転をお願いしましたNさん。御一緒したTさんご夫妻。そして日本平へ遠征した皆さんお疲れ様でした。今週末も東海遠征頑張りましょう~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月17日 - 2007年6月23日 | トップページ | 2007年7月1日 - 2007年7月7日 »