« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007.06.08

【A3第1戦 山東魯能戦】

オフィシャルより

07.06.07
A3チャンピオンズカップ第1戦vs山東魯能
2007年6月7日(木)20:30(日本時間21:30)キックオフ・山東スポーツセンタースタジアム
試合結果
浦和レッズ3-4(前半1-1)山東魯能
得点:16分長谷部、34分10ジェン、58分5シュー、73分8ジヴコヴィッチ(PK)、84分18ジョウ、89分ワシントン2
第1試合:上海申花(中国)3-0城南一和(韓国)
試合速報


「敗戦から見えてくるもの」

インドネシアで試合をした時とはまた違う暑さとの闘い。そして光化学スモッグによる大気汚染との闘い・・・。気候風土が異なる場所での試合は何かとリスクを伴う。

もちろん負けたことは悔しいが、従来とは異なる布陣で臨んだこの試合は、レッズの現状における問題点や修正点、そして新たな希望が見えてきた。

日本代表の啓太と阿部、五輪代表の細貝を欠いての初戦。もちろんその他にも伸二や坪井が怪我で離脱している。やはりポイントなったのはその穴を埋める形となった酒井と内館、そして堤の起用である。

内容は別にしても彼らにとって国際試合の舞台で実戦をこなすことができたのはとても大きいと思う。ただその意気込み以上に相手のプレッシャーが激しく、時折守備がルーズになってしまったり、中盤が間延びしてしまったことは忘れてはならない。

そして攻撃陣はポンテや長谷部を中心に幾度となくチャンスを作り、この試合から復帰した達也のキレのあるドリブルが戻ってきた。後半途中からはワシントンと2トップを組み、その結果ロスタイムに1点差まで詰め寄った。

結果的に敗れてしまったものの、全く持って不甲斐ない試合だったかというと、そういう感じはしなかった。ただ唯一残念だったのは、後半39分の4失点目。2列目から飛び出してくる相手にまったくついて行けず失点を許した場面は、疲れているというのを考慮したとしても防ぎたい場面だった。

そしてもう日曜日には次の試合がやってくる。過酷な状況下ではあるが、まずは結果がほしいところだ。選手達には敗戦を糧にして、キモチ切り替えて闘ってほしい。

(TV録画観戦)

Imgp8273Imgp8275Imgp8276

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.06

A3第1戦 山東魯能戦プレビュー

5回目を向かえるA3チャンピオンズカップ。明日から中国山東省の済南で開幕する。

初戦は、昨年の中国Cリーグチャンピオンの山東魯能と対戦。山東魯能は、ACLではグループGで第5節まで首位だったが、最終戦に韓国の城南一和に破れ、グループリーグ敗退となった。

相手には以前磐田に所属していたジヴコビッチがいる。そして彼以外にも中国代表選手が多数所属しているらしいが、残念ながらなじみがない。

一方のレッズは先月27日にホームで横浜F・マリノスと対戦し、1-1の引き分けに終わった。その後、代表選手を除いては休養を挟んで、先週からこのA3へ向けて再び調整を始めた。しかし伸二や代表で離脱した坪井は遠征不参加となった。だが長期離脱していた達也や闘莉王そして若い小池や堤が帯同することになり、この遠征で起用されるか楽しみが増えたように思える。

リーグ戦は1/3を消化し、ここまで6勝6分1敗と決して満足いく結果かどうか微妙な状態で短い中断期間に入った。H&AのACLグループリーグを戦い抜いて選手達の疲労はピークだったろうと思う。


この「A3」はレッズにとってどういう位置づけで闘うのか・・・。もちろん公式試合。生半可な闘いはできない。

達也とワシントンの共存。今まで控えに甘んじていた選手のパフォーマンス。若手選手の起用・・・などなど、中盤戦を見据えその想いは尽きない。

アウェー中国での試合ということも、これからを考える上では貴重な経験だ。これからレッズが向かう方向を見定めながら、この「A3」という舞台で闘う選手達を見守っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代表ブランド

昨日の埼スタでのコロンビア戦。観客数は45,091人という入りでした。

キリンカップ、観客は4万5千人 やや持ち直す(朝日新聞)

 5日に埼玉スタジアムであった日本―コロンビア戦の観客数は4万5091人だった。3日までの前売りは約3万6000枚だったが、やや持ち直した。日本―モンテネグロ戦は04年2月以来、3万人を割っていた。日本サッカー協会の川淵会長は「中村俊が出るとわかって数が増えたと思う。今日の試合は来れば良かったと思う試合だった」と語った。

前にも書きましたが、今回の観客減は元々の昨年からの代表バブルが弾けたのと、マッチメーキングの失敗だと思います。JFAサイドの過信といっても過言ではないでしょう。

そもそも金曜日という試合に適さない曜日でかつ、6月1日という月初めでしかも地方での開催ということを考えると、モンテネグロ戦での28,000人という動員はむしろよく入ったほう。

もちろん地方開催というのは、サッカーをそして日本代表を愛する人たちにとってA代表を観ることができる貴重な機会。今後を考えるとそれも必要でしょう。ただ今回はウィークデイにせざろう得なかったというのが、厳しい日程との裏表だったのかもしれません。

そして、黙っていてもA代表戦は完売御礼になるという事もなくなりました。今回川淵キャプテンの「中村俊輔が出て~」という発言は、逆にいうなら「国内組だけでは客が呼べない」と言っているようなもの。でもJリーグでアピールするからこその代表だけにこの発言はどうかと・・・。

以前キリンが(というか電通が・・・)、埼スタでのレッズ戦の写真を青に改ざんするということがありました。明らかに代表ブランドが迷走し過信に走りつつあるように思えます。本来ならどこかでブレーキがかかるような気もしますが、マスコミも含め1試合ごとに一喜一憂しているようでは、まだまだそれは難しいのかなぁ・・・と思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.05

20時過ぎの東川口駅

今宵、わずか一つ先の駅が最寄りの埼スタでは、キリンカップの第3戦コロンビア戦。

でもさすがにこの時間では、青ユニの姿は見つからず・・・。

そんな混雑のない合間に自分はこれからチャリで帰宅。テレビで後半でも観ますかなぁ~。

200706052008000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

サッカーのない週末が明けて

いや・・・代表とかJ2はありましたけどね・・・(笑)。

やっぱり1週空くだけでもちょっとばかり寂しいものがありますね。

でもA代表が土日にでも試合があればちょっと違っていたのかもしれません。

マッチメイキングにも問題があるかとは思いますが、厳しい日程と隣り合わせの状況だと、結局しょうがないのかもしれませんね~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »