« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »

2007.05.19

【第12節 名古屋戦】

オフィシャルより

07.05.19
Jリーグ第12節vs名古屋グランパスエイト
2007年5月19日(土)14:00キックオフ・豊田スタジアム
試合結果
名古屋グランパスエイト1-2浦和レッズ
得点者:27分ネネ、35分ヨンセン(名古屋)、84分ワシントン
観客数:34,347人
試合速報


「忘れかけていた一体感」

ロビーのスルーパスに反応したワシントンが、GK楢崎との1対1を止められた時、一瞬「またドローなのか・・・」という思いが頭をよぎった・・・。

無理も無い。ここ数試合の得点は1点止まり。この試合でも積極的に攻撃を仕掛けるものの、最後のフィニッシュが決まらない展開。伸二やロビーや相馬が走り回るもあと1歩ゴールが遠かった。

しかし選手達もサポーターも決してあきらめることはなかった。この試合最大のビックチャンスを決められなかったエースが、そのわずか数分後にエリア内で3人のDFを背負いつつも鮮やかにゴールを決め、豊田スタジアムでの初勝利をもたらせてくれた。

先制するも、すぐに左サイドからのクロスをヨンセンに決められ同点。さらにスピードのある杉本に翻弄される場面が何度かあったが、最終ラインがよく踏ん張り、それ以上の得点を許すことはなかった。闘莉王不在で守備ラインに不安な面があったが、それ以上に攻撃陣が奮起し点を奪う姿勢を見せてくれたことに、この勝利が忘れかけていたチームの一体感を作り上げたのだと思う。

今週は水曜日に大きな大きな闘いを控えている。それを前に勝つことができたのはメンタル面からみても大きい。さあひとまず切り替えて、「BIG WEDNESDAY」に向けてキモチ上げていこう。

Imgp8180Imgp8192Imgp8197

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

第12節 名古屋戦プレビュー

明日は、アウェー豊田スタジアムにのりこみ、名古屋グランパスエイトと対戦する。

名古屋は現在、6勝0分5敗の勝点18で第6位。開幕4連勝と出だしは良かったものの、その後3連敗を含む1勝5敗と低迷。しかし前節3勝1分と調子の良かった横浜FM相手に2-0と完勝し、再び調子を上げてきた。

その要因とされるのは、FWヨンセンや先日代表候補に初選出されたスピードに定評のあるFW杉本などの攻撃陣や、五輪代表でも欠かせない存在となっているMF本田の活躍だろう。2年目を迎えたフェルフォーセン監督のサッカーは、特に今季は両サイドを起点にして、ヨンセンにあわせてくる攻撃パターンが多く、十分に気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節ホームで首位ガンバ相手に先制点を許すものの、後半ワシントンのゴールで1-1の引き分け。これでACLを含め4試合連続引き分けとなった。連戦中で選手達の疲労はピークに達していたことを考えるとよく引き分けで終わったと感じた。

代表合宿に参加した選手達を除けば、久々に1週間空くことになり、リフレッシュできただろうと思われる。来週は水曜日にACLを挟んだ非常に重要な3連戦となる。

名古屋との対戦は過去を振り返るまでもなく、対戦成績が悪い。しかも豊田スタジアムでは2戦2敗そして無得点といいところが全く悪い。特に昨年はH&Aを通して唯一勝てなかったのが名古屋であり、また優勝目前にしてあの豊田の地で足止めを食らわされた。それだけに勝ちたい思いはサポーターもそうだが選手達も同じだと思う。

東海アウェーの相性が良くないのはもう過去の事。今こそ払拭するチャンスだと思う。選手達の力を信じ、自分達の声やサポートを信じて、明日も共に闘っていきたい。そうすればおのずと結果がついてくるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.16

“BIG”騒動

6億が当たるかも・・・という触れ込みで、ここ最近騒々しくなってきた“BIG”ですが、皆さんはもう買いましたか?

売れすぎてシステムダウンしてしまったのも、さらに売り上げに拍車をかけているようです。

BIGは勝敗を予想しなくてもいいのが魅力。でも特定のチームをサポートする人間にしてみたら、そのチームが負けの予想が出たら、それはそれで微妙な気分になりますよね・・・。だったら普通に“toto”を買いますが・・・(笑)

今回の発売期間は残りあと2日。どれだけ売れるかというのも気になりますが、今度こそ1等6億が出るんでしょうか、そっちの方が気になりますね~。

レッズの負けが出ないことを祈りつつ、自分も後で買ってきます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.15

ACLの先を見る

来週の水曜日23日は、ACLの決勝トーナメント進出をかけてシドニーFCと対戦。この試合に勝つか引き分けでいよいよレッズは次のステージへ進むことができます。

ではその先のステージに何がそしてどこが待ち受けているのか・・・。他のグループの状況を見てみましょう。

【グループA】 アル・ワハダ(UAE)
【グループB】 アル・ヒラル(サウジアラビア)
【グループC】 ネフチ・フェルガナ(ウズベキスタン)又はカラマ(シリア)
【グループD】 セパハン(イラン)又はアル・シャバブ(サウジアラビア)
【グループF】 川崎フロンターレ
【グループG】 山東魯能(中国)又は城南一和(韓国)
【昨年優勝】 全北現代(韓国)

確か決勝トーナメントは、同一国から2チーム出た場合は決勝戦まで当たらない・・・というレギュレーションをみた記憶があります。だから川崎の関塚監督も「決勝戦はレッズと対戦したい」と言っていたのでしょうね。

ところで余計な心配かもしれませんが、もし最終節の結果如何で、サウジアラビアと韓国が2チームずつ進出したら、どういう組み合わせになるんでしょうね~。

でも、次のステージに進むためには、23日は引き分けとは言わず、勝たなければいけないと思います。そのためにも皆さん仕事や学校で忙しいでしょうが、都合をつけて埼スタへ駆けつけて、共に選手達をサポートし、次への一歩をみんなで一緒に踏み出していきましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.13

【第11節 G大阪戦】

オフィシャルより

07.05.13
Jリーグ第11節vsガンバ大阪
2007年5月13日(日)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1ガンバ大阪
得点者:17分バレー(G大阪)、76分ワシントン
試合速報


「必要不可欠な勝点1」

首位のガンバ相手に1-1のドロー。実力、疲労度、戦術どれをとっても現時点ではガンバのほうが上だ。また4日前に灼熱のインドネシアから帰国したレッズの選手達の状況を勘案すれば、この勝点1は満足も納得もしないが、必要不可欠だったと思う。

ガンバの積極的でかつ早いボール回しに、レッズは終始翻弄されっぱなしだった。しかしガンバが途中から家長を不慣れな右サイドバックで投入してから流れが変わったように思えた。

決して出来がいいとはいえないレッズの調子。パスミスやPKも決まらず、やきもきした展開であったが、地力でドローに持ち込んだ。

これでACLを含め、公式戦4試合連続の引き分け。しかしそれは「貴重」といえるもの、または「落とした」といえるもの、その想いは人それぞれ違うだろう。

次へ繋げるためにも、そして次で勝点3を得るためにも、その想いをぶつけて、また選手達と共に闘っていきたい。

Imgp8127Imgp8131Imgp8134

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月6日 - 2007年5月12日 | トップページ | 2007年5月20日 - 2007年5月26日 »