« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

2007.05.05

第10節 大宮戦プレビュー

明日は、アウェーとして埼玉スタジアムにのりこみ、大宮アルディージャと対戦する。

大宮は現在、1勝1分7敗の勝点4で第17位。開幕から4連敗を喫し、その後鹿島に引き分け名古屋に初勝利するも、直後3連敗と結果が出ていない。前節アウェーでの広島戦は先制するものの追いつかれ、ロスタイムに逆転され勝点を失った。

一方のレッズは、前節千葉相手に先制し後半相手の退場により数的有利を作るも、直後に追いつかれ痛恨のドローを喫した。ここ数試合は中盤でのプレスが効いているだけに、まさに一瞬の隙をつかれた失点だった。また得点はとっているものの決定的な得点を奪えていないだけに、苦しい内容が続いている。

最近のレッズは、試合より周りを取り巻く環境が騒がしい。しかしこういう状況こそ結果を出していかなくてはいけない。スカッとしない内容が続いているが、今は我慢の時だろう。

相手は大宮。「さいたまダービー」と周囲は煽るだろうが関係ない。今は目の前の敵を倒すだけに集中したい。中2日と連戦が続くが、自分達も切り替えてそしてキモチ上げてサポートしていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.03

【第9節 千葉戦】

オフィシャルより

07.05.03
Jリーグ第9節vsジェフ千葉
2007年5月3日(木・祝)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1ジェフユナイテッド千葉
得点者:27分ワシントン、49分水本(千葉)
観客数:57,440人
試合速報


「一瞬の隙」

相手が10人になった直後、スローインから巻のヘディングで水本の足元に入り、あっというまに失点。レッズも人数ではカバーしていたものの、あっさり侵入をを許し彼1人に崩されてしまった。

気が緩んだ・・・と言われても仕方のない失点。特に相手が1人少ない状況だっただけに、その悔しさは大きい。

ここ数試合は攻撃と守備の連動がなかなか噛み合わない内容が続いているように思う。それゆえ相手に一瞬の隙を見透かされてしまう事もある。

全員で闘うこと・・・。連戦が続いているだけにそのキモチは落としてはいけない。前を向いて上を向いて、そしてキモチ切り替えて次へ臨みたい。

【TV観戦(録画)】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.02

第9節 千葉戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムにジェフ千葉をむかえ対戦する。

千葉は現在、2勝2分4敗の勝点8で第14位。開幕から4試合は1分3敗と勝ちに恵まれなかったが、横浜FCに勝ち今季初勝利。しかし神戸に敗れてからは1勝1分。特に前節は強豪川崎との対戦で引き分けに持ち込み意地を見せた。

しかし川崎戦の代償は大きく、FW巻は負傷により欠場の可能性が高い。またその他の選手達も怪我人が多く総力戦の様相を呈してきた。

一方のレッズは、前節鹿島にアウェーで3年ぶりの勝利を飾り、連敗を逃れ2位に浮上した。FWワシントンが規律違反から遠征メンバーを外れ、どのようなスタメンでくるか期待していた。永井の1トップでやや不安だったが、2列目3列目からの飛び出しが何度も見受けられ、その結果がポンテの貴重なゴールを生んだのだと思う。

また守備陣も闘莉王の復帰により、一層引き締まったように思える。そして状況に応じ、DFの枚数を変える状況にも少しずつながら対応してきている。

明日はやはり移籍してきた阿部に注目が集まるだろう。いまやレッズの中核を成すプレーヤーであり欠かせない存在だ。そんな彼に対し相手からのチェックが厳しくなるだろう。

鹿島戦で魅せたような全員で闘うキモチは、明日の試合にもきっと繋がると思う。またワシントンの起用も予想されるが、彼が前節1度外された事によって、何か心境やプレーに変化が表れる事に期待したい。

GWの連戦は中2日とさらに日程が厳しくなる。しかし次節までは埼スタでプレーできるのは大きい。鹿スタで得た貴重な勝点3を無駄にしないためにも、明日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

雨上がりの朝。まだ周囲は霧がかかっています。

露に濡れた草木の匂いがとても新鮮で、気持ちのいい朝です。

200705020646000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.30

鹿島遠征あれこれ

昨年8月以来の鹿島遠征。前回は鉄路の旅でしたが、今回は友人の車で向かいました。

スタートは東川口駅。南浦和在住の友人に迎えに来てもらい、荷物を詰め込んで6:30に出発。
Imgp8050





越谷を経由して松伏町でもう1人友人を乗せて、野田市方面へ。

途中我孫子を経由して、国道6号から利根川沿いに走る通称「利根水郷ライン」を走ります。
Imgp8052_1





ひたすら車窓の左側は利根川の土手。右手はこれから田植えの時季を迎える水田というやや単調な景色が続きます。
Imgp8053





その後国道51号へ出て、9時過ぎには北浦に架かる「新神宮橋」を渡ります。
Imgp8054Imgp8055_1





コンビニで買い出しを済ませ、9:30過ぎにスタジアム西側にある民間駐車場に停めます。駐車代は1,000円でしたが、管理しているおじさんから、缶のお茶とお菓子をいただきました~。

鹿島臨海鉄道に架かる歩道橋を渡って、いざスタジアムへ。
Imgp8056Imgp8057Imgp8058





我らのジーコ像は今年は大変なことに・・・(笑)。
Imgp8060






13:00開門。この日は天気もいいこともあり、2階席へ向かう階段から太平洋を望みます。
Imgp8063Imgp8065






今年はこんなビジュアルで歓迎してくれました・・・。
Imgp8072





試合は1-0での勝利。柏戦以来のアウェー勝利でしたが、あれは国立でしたからね・・・。それ以外だと昨年9月の西京極での京都戦以来でしょうか。
Imgp8080Imgp8091





沈む夕日がとても美しかったですね~。
Imgp8093_1Imgp8095_1





駐車場に戻ったのが18:20頃。帰りの道程は、遠回りして鹿行大橋→霞ヶ浦大橋→常磐道土浦北インターを通り、途中の常磐道守谷SAで休憩。時間は21:30過ぎでしたが、多くのレッズサポがいましたね~。
Imgp8098





その後は柏インターで降り、野田市を経由して松伏町で友人を降ろし、越谷経由で22:30東川口駅着。
Imgp8099





というわけで無事鹿島遠征は勝点3を手土産に戻りました。というわけで俺お疲れでした。

ドライバー&車を出していただいたNさん。そして御一緒させていただいたTさんありがとうございました。そして鹿スタへ遠征した皆さん、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.29

【第8節 鹿島戦】

オフィシャルより

07.04.29
Jリーグ第8節vs鹿島アントラーズ
4月29日(日)16:00キックオフ・カシマスタジアム
試合結果
鹿島アントラーズ0-1浦和レッズ
得点者:56分ポンテ
観客数:36,146人
試合速報


「勝点3を奪ったその先・・・」

3年ぶりのカシマスタジアムでの勝利。ワシントンの話題で、何かと周りが騒がしかったが、それにも負けず全員で鹿島で勝点3を勝ち取った。

まるで引っかかっていた蓋が外れたのごとく、どんどん前線へ飛び出す選手達。そして両サイドをワイドに使って相手を常に脅かした。逆にパスミスから何度かピンチに陥ったが、最終ラインの選手達が踏ん張り無失点に抑えた。

スタジアムの雰囲気も何とか勝点3を浦和へ持って帰ろうと、みんな必死だった。こういう雰囲気は最近国内アウェーではなかなかなかっただけに、久々に興奮した。

ただこの勝利だけで満足してはいけない。大事なのは次でありその先である。これに驕ることなく前を向いてキモチ上げて共に闘っていきたい。

Imgp8078Imgp8089Imgp8093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »