« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »

2007.04.28

第8節 鹿島戦プレビュー

明日は、アウェーでカシマスタジアムにのりこんで、鹿島アントラーズと対戦する。

鹿島は現在2勝3分2敗の勝点9で第10位。開幕から5試合は全く勝てなかったが、その後横浜FCと清水に連勝。開幕直前に怪我で離脱した野沢が復帰し、ようやく駒が揃ってきたかに思えたが、清水戦でFW柳沢とDF岩政がそれぞれ負傷し戦線を離脱した。特に柳沢は全治3ヶ月の骨折。チームキャプテンという重責を担っていただけにその穴の深さは計り知れない。

おそらく田代がその穴を埋める役割を果たすだろう。しかしその相棒となるFWマルキーニョスの方がよく動き走る選手なので、彼の動きに気をつけたいところだ。また復帰した野沢も攻撃のアクセントとなるだけにしっかりとマークしておきたい。

一方のレッズは、前節ホームで川崎に敗戦。そして水曜日にはACL、中国・上海で上海申花と対戦し、0-0のスコアレスドローだった。いずれの試合も中盤でボールを奪って攻撃を仕掛けるという形はできているものの、その後の攻撃の流れがあまりにも悪く、全くもって得点の匂いが感じられない内容となっている。

FWワシントンを中心に攻撃をしているのはいいが、相手のマークも相当厳しく、それをかいくぐるためには周りの素早いフォローが不可欠である。また開幕からのメンバー固定や連戦が続いており、ここ最近は選手達の動きが鈍く、疲労がピークに達しているようにも思える。戦術浸透も大切だが、怪我をして離脱してしまうと元も子もないので指揮官にとって難しいところだろう。


カシマスタジアムでの試合は、なかなか勝てないということもあるが、しかしここ数年はいつもドラマチックである。04年は残り6分でのエメルソンの勝ち越しゴールで勝利。05年06年はいずれも先制され追加点を許しながらも、残り時間僅かでの同点ゴール劇があった。正直しびれる試合が続いていたが、それでは全く満足していない。やはり勝つことがとても大切だ。

この1週間、サポーターにとっては消化不良だったと思う。それを払拭するためにも、そしてリーグ戦で連敗は許されないためにも、鹿島にのりこんでいく。勝点3を奪うために明日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.25

【ACL Matchday4 上海申花戦】

オフィシャルより

07.04.25
AFCチャンピオンズリーグ・グループE 第4節vs上海申花
2007年4月25日(水)16:00(日本時間17:00)キックオフ・上海源深体育中心
試合結果
上海申花0-0浦和レッズ
観衆数:6,000人
試合速報


「75分間のサッカー」

4試合終えて、2勝2分で勝点8。かつグループリーグ首位。まだ2試合残っているが、まだレッズは決勝トーナメント進出へ向けて、一番近い位置にいる。

この試合、まだグループリーグ未勝利の上海申花に対してスコアレスドロー。アウェーでの試合を考えると、最低限の勝点1を獲った。しかも後半30分過ぎに山田が警告2枚で退場となり、残り時間は10人での闘いを強いられたことを考えると、やむをえない結果だと思う。

ただ、その前の75分間はどうだっただろうか。明らかに選手達の疲労はピークに達しており、テレビを通じてみる限り動きが鈍かったように思える。また攻撃のリズムも決していいとは言えなかった。チャンスらしいチャンスもあまりなくゴールが遠く感じた。

ここにきて怪我人が増え、選手起用に苦労するところがあるだろうが、開幕以来スタメンをほぼ固定化してきたという所に、問題がないとはいえないだろう。控え選手のモチベーションも気になるところだ。

グループリーグは残り2試合。次のペルシク・ケディリ戦こそがヤマになりそうだ。山田、闘莉王の出場停止が気になるが、それは仕方のないこと。上海で奪った勝点1は決して無駄ではない事を証明するためにも、それこそ控え選手の奮起に期待したい。

帰国してからも連戦が続く。疲労が気になるが怪我なく終わることを望みたい。そして自分達もそんな選手達と共に闘って全力でサポートしていきたい。

【TV観戦】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.24

ACL Matchday4 上海申花戦プレビュー

【前回対戦 Matchday3(2007.4.11)】
AFCHP)(浦和HP

明日はACL第4戦。アウェー中国・上海に乗り込んで上海申花と対戦する。

上海申花は現在3戦3敗で勝点0。当初グループEでのレッズの強力な対抗馬と見られていたが、チーム合併の影響からかなかなかベストメンバーが組めず、ここまで苦戦している。

一方のレッズは、土曜日にリーグ戦で川崎と対戦。前半試合を優勢に進めるも、後半早々に川崎に立て続けに得点を許し、ホームで久々の敗戦を喫した。

特にここ数試合は、FW陣にとって相手に囲まれるとなかなか個人で打開できず苦しんでいる状況。またFW永井が負傷で遠征を回避した。ワシントンにボールが集中することが予想されるが、やはり周りのサポートが重要になってくるだろう。

守備陣は闘莉王が復帰の予定。彼の存在感は、いないことで初めてその大きさを知ることになっただけに彼自身の得点への意欲も含めてその動きに注目したい。

いよいよレッズにとって重要なACLアウェー2連戦を迎える。Jリーグ勢初めての決勝トーナメントへ進出するためには、ここが正念場になるだろう。敵地での闘いは予想以上にハードだし、緊張感もピークに達するだろう。

シドニーでは開始早々に失点を許し、その後2点のビハインドから追いついて勝点1をもぎ取った。同じ展開は許されないが、まず勝つことへのキモチが大切だろう。

川崎戦での悔しさを忘れず、そして貪欲に勝点3へ向けて、日本からキモチを送って共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NACK5スタジアム大宮(仮称)

昨日のテレ玉のニュースより。

大宮公園サッカー場命名権はNACK5

大宮アルディージャのホームスタジアム大宮公園サッカー場の命名権=ネーミングライツのパートナー企業に「FMNACK5」が決定しました。募集は、3月15日から4月5日まで行われ、県内外の4社から応募がありました。そして、市民の代表などによる審査選定委員会で、契約金額や契約期間、名称の3点を中心に検討した結果、さいたま市大宮区に本社を置く「FMNACK5」に決まり、23日、通知したものです。大宮公園サッカー場はJ1規格の1万5,000人収容できるサッカー場として、今年11月にリニューアルオープンします。市では、FMNACK5との間で来月調印して正式発表する予定です。


そして今朝の埼玉新聞から。

NACK5に命名権 大宮公園サッカー場 県内スポーツ施設で初

 十一月のリニューアルオープンに向け、さいたま市が公募していた大宮公園サッカー場(大宮区高鼻町)のネーミングライツパートナー企業(命名権売却企業)に、FMラジオ放送局のNACK5(ナック・ファイブ=大宮区、佐藤允克社長)が内定したことが二十三日分かった。県内の公共スポーツ施設で命名権の売却は初めて。
 新名称は「NACK5スタジアム大宮」(仮称)となる見込みで、基本事項を確認後、来月十四日ごろに調印式を行う予定。
 さいたま市は長期・安定した管理運営を可能にするため、命名権売却を決定。新名称に「大宮」を盛り込むことや売却希望額五千万円以上などを条件に、五日までパート―ナー企業を募集した。市内三社、都内一社の応募があり、二十日の「命名権者審査選定委員会」でNACK5を第一候補に内定。二十三日、四社に結果を伝えた。
 市担当課は「詳細は話せない」としたが、「地元企業でイメージもいい。売却金額だけでなく、スポーツを通して地域の活性化など連携して取り組める企業」と評価した。
 大宮公園サッカー場は一九六〇年に日本初のサッカー専用球場として開設。Jリーグ大宮アルディージャのホームスタジアムとして現在、一万五千五百人収容の改修工事が行われている。
 NACK5は八八年開局。地元企業で知名度が高く、プロ野球やJリーグなどスポーツ中継にも力を入れている。

というわけで、大宮公園サッカー場のネーミングライツが決まったようです。それにしてもNACK5とはちょっとビックリ。でももともと大宮の協賛企業に入っていたし、ここ最近は生中継を積極的に行なっていたようですし、また本社も浦和から大宮へ移転しましたし、まぁ当然の流れといえばそうなのかもしれません。

以前はレッズ戦も中継してくれましたが、最近はさいたまシティカップぐらいですかね・・・。この件だけに限りませんが、近年レッズの成長と共に、地元企業との距離が少しずつ離れてきているのもちょっと気になりますね。

それにしても放送業界が施設命名権を獲得するのは、おそらく初めてじゃないでしょうか。今後の動きに注目したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月15日 - 2007年4月21日 | トップページ | 2007年4月29日 - 2007年5月5日 »