« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »

2007.04.14

第6節 柏戦プレビュー

明日は、先月のゼロックススーパーカップ以来の国立競技場にアウェーとしてのりこみ、柏レイソルと対戦する。

柏は昨年J2で長いシーズンを戦い抜き、その結果2位で1年でJ1に復帰した。そして現在リーグ戦は4勝1分0敗の勝点13で首位。特に失点が5試合でわずか1点と堅守を誇っている。藏川、古賀、近藤、大谷とベテランと若手が融合した4バックが結束して自陣のゴールを守っている。

また攻撃陣も、以前ドイツのレバークーゼンでポンテと共にプレーしていたFWフランサやMFマルシオ・アラウージョ、そして今季アフリカのコートジボワールリーグから加入したFWドゥンビアという多彩な外国人選手がその一翼を担っている。

しかし今節は、オリンピック予選の影響でここまで4得点をたたき出しているFW菅沼とFW李がそれぞれ召集されチームを離れている。その穴は果たして大きいのか気になるところだ。

一方のレッズは先週末のリーグ戦では磐田をホームに迎え、先制を許すもののワシントン、ポンテのゴールで逆転し底力をみせた。そして水曜日にはACL第3戦。ホームに中国の上海申花を迎え、ポンテのFKから阿部がホームでの初ゴール決め、それが決勝点となって1-0と勝利し、グループ首位を守った。

ここまでACLも含んで3分けで、まだ負けていない。しかしどの勝利も決して完勝とはいい難く、なんとか地力でどうにか踏ん張ったきたという感じか・・・。4バックに移行してからはどうしても攻撃が前だけになってしまい、ワシントンや永井が苦しんでいるのがわかる。そして時折相手に走り負けされているのが心配だ。

しかし阿部が幾度となく能力の高さを見せて、助けられた試合もある。ただそれだけレッズの向かうサッカーはまだまだ発展途上と言わざるを得ないだろう。

先日のACL上海戦でも、選手達は口々に指揮官へ戦術の意図を確認していた。守るのか攻めるのか・・・・引くのか押し上げるのか・・・。それが浸透するまではまだまだ先は長いのだろうか。


柏の強さは決してフロックではない。むしろのびのびと自分達のサッカーを表現して試合に臨んでいる。そして昨年J2で苦楽を共にしたサポーターがその選手達を後押しする。それだけでも柏は「一心同体」という言葉が似合っているチームだ。

明日は第6節にしてさっそくの山場を迎える。選手達の疲労が気になるが、それは相手も同じ条件。久々の国立でしかもアウェー側での試合。首位との対戦に否応なしにキモチが昂る。明日はその想いをピッチにぶつけて、勝点3を奪うために選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.12

ふとナビスコカップに目をやると・・・

昨日のACLとほぼ同じ時間に行なわれていたのが、ナビスコカップ予選リーグ第4節でした。

ちなみに試合結果はこちら。そして各グループの順位はこちら

5日の日記で書いているように、レッズにとって気になるのは、各グループ2位の成績上位1位。では今節終わってその順位はどうかというと・・・

【A】 G大阪   勝点7 得失点差3 総得点6
【B】 横浜FM  勝点5 得失点差1 総得点5
【C】 FC東京  勝点7 得失点差0 総得点5
【D】 新潟    勝点7 得失点差2 総得点8

これだと、現段階の成績上位1位はガンバ大阪ですね・・・。

こちらの予選リーグもあと2試合。いずれもACLと被る日程ですが、ちょっとばかり気になるナビスコカップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.11

【ACL Matchday3 上海申花戦】

オフィシャルより

07.04.11
AFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節vs上海申花
2007年4月11日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0上海申花
得点者:43分阿部
観客数:28,828人


「煮え切らない内容と最低限の結果」

春雨には程遠い冷たい雨が、レッズの選手達の体力を徐々に奪っていく。

開始早々のビックチャンスが決まっていれば、もっとスムーズに試合が流れていただろうが、それは結果論。しかし決めるところで決めないと命取りになってしまう。

どことなく省エネな感じだったレッズのサッカー。相手のプレスの緩さもあって、ペナルティエリア前まではボールが進むもそこから先がうまくいかない。選手達のイライラもスタンドから伺えた。

決勝トーナメント進出に向けて、まず勝点3を奪ったことが大切・・・と考えることも重要だが、決して内容が伴っていないだけに、どことなく煮え切らないのが現状だ。このままだと2週間後のアウェーでは相手の雰囲気に飲み込まれやしないだろうか・・・。

開幕して早1ヶ月。しかし4バックに移行してからはまだ日が浅い。これからレッズのサッカーはどこへ向かっていくのか、それはチームの中でしかわからないこと。結果も重要だがこのまま「何となく・・・」勝ってしまうのもどうだろうか・・・。

日曜日はリーグ戦首位である柏との対戦。さっそくの正念場を迎える。今後を見据える上でも、内容を伴った勝利が見たい。

Imgp7975Imgp7982Imgp7985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.10

ACL Matchday3 上海申花戦プレビュー

明日はACL第3戦。ホーム埼玉スタジアムに上海申花をむかえ対戦する。

上海申花はここまで2試合を終え、0勝2敗といまだ勝点を奪うことができていない。やはりシーズン始めに起こったチーム合併劇が少なからず影響を及ぼしている。現在国内リーグでは第2位と健闘しているが、相手の出方に気をつけたいところだ。

一方のレッズは、ACLでは現在1勝1分の勝点4でシドニーFCと同じものの、得失点差で上回って現在首位。

先週の土曜日にホームで磐田と対戦し、苦しみながらも逆転し勝点3を得た。まだまだ4バックのシステムが十分に機能されているとはいい難く、とりわけ情報が少ない相手に対し、どのようにレッズが臨んでくるのかとても不安な気持ち反面、楽しみでもある。


この3戦目と次節の4戦目は2週間挟んで、同じ相手とH&Aで対戦する。とりわけとても重要な連戦となる。

ここまで未勝利の相手とはいえ油断は禁物。それは初戦のペルシク戦や同じようにACLに挑戦している川崎の対バンコクユニバーシティ戦から学んだはずだ。ケディリ戦ではどことなく大量得点が期待されたものの結局3得点にとどまり、国際試合の難しさを痛感した。

まずはホームでしっかり勝つこと、そして勝たせることが大切だ。その先のアウェーでの闘いを有利に進めるためにも、明日の「BIG WEDNESDAY」を選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

磐田戦の激闘から3日後。雨があがって、空が青く広がり気持ちのいい朝です。

でも桜は結構散ってしまってますね。

200704100642000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.04.08

さて遠征なんだが・・・

先週の大分遠征を終えて、しばらくアウェーとはいえ、関東圏の試合が続きます。

とはいえ、4/29の鹿スタはなかなか際どい距離なんですね~(笑)。GW真っ只中だし、どういう手段でいこうか現在検討中。





あっ、ちなみに上海はいきませんよ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月1日 - 2007年4月7日 | トップページ | 2007年4月15日 - 2007年4月21日 »