« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »

2007.03.17

【第3節 甲府戦】

オフィシャルより

■07.03.17 [ Jリーグ第3節vsヴァンフォーレ甲府 ]
2007年3月17日(土)14:02キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0ヴァンフォーレ甲府
得点者:57・69分ワシントン
観客数:39,494人


「“らしい闘い”が見えずとも・・・」

時計の針が後半43分を過ぎた時、タッチライン際ではベテラン岡野がアップを完了し、出番を待っていた。

前節の悪夢がふとスタジアムを過りかけた時の彼の投入は、ピッチ全体の雰囲気を替え、イレブンに喝を与えた。

前半から甲府の総力をかけたプレスに苦しんだ。ことごとく人数をかけて潰され、なかなかゴール前へボールが進まなかった。しかしそんな中、後半ポンテを基点に一瞬のチャンスからワシントンが泥臭い2ゴールで試合を決めた。

相手はレッズを倒そうと並半か以上の力で試合に臨んでくる。それゆえレッズらしい闘いがなかなか見えてこないのが現状である。しかしそういう難しい流れからでも、ワンチャンスでゴールを奪える力を持っていることはとても重要だし誇りに思う。

最初に比べたら、少しずつそして着実に力は上がっている。たとえ“らしい闘い”が見えなくても、今はじっと選手達を信じて、共に闘っていくことが大事だと思う。

それが相手がどこであろうとも・・・。

Imgp7610Imgp7623Imgp7626

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.03.16

第3節 甲府戦プレビュー

明日は、ホーム埼玉スタジアムに、ヴァンフォーレ甲府をむかえ対戦する。

甲府はリーグ開幕後2戦2敗、そして180分間無得点である。得点源のバレーやチームの顔だった倉貫を放出し、苦しい戦いが続く。特に前節の名古屋戦では、中盤でことごとくボールを奪われ、終始相手のペースでゲームが進み、ゲームを創り出す事ができなかった。

昨年の対戦ではGK阿部が2本のPKを止め、あわやという場面を演出された。またFWアルベルトと中心とした3トップや中盤の石原、藤田の素早い動きに注意したいところだ。

一方のレッズは、前節アウェーでの新潟戦で勝利寸前も、まさかの同点劇を生み出し、みすみす勝点2を落としてしまった。しかし試合の内容自体は決して悪くなく、徐々に調子が上がっているように思われる。特にFW永井が3試合連続ゴールを決め、また相棒のワシントンもようやく初ゴールを決めた。

ここにきて故障者が多く、おそらく前節同様に右サイドに山田、左サイドに小野の起用が予想される。守勢に回ったときにやや不安を感じるが、攻撃陣は揃っているだけにあとは時間の問題だろう。


前節は信じられない同点劇だった。しかしサッカーはそういうものだし、まだリーグ戦は始まったばかりである。決して下を向くほどの内容ではなかった。でもこういう試合は繰り返してはいけない。その思いは選手達も自分達も同じだ。

明日のホームでの試合の4日後には、アウェーでシドニーFC戦という厳しい日程が続く。今後も難しい内容の試合が続くだろうが、今自分達にできることは、ピッチで闘っている選手達を精一杯サポートしていくことだけだ。だから明日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

一時期の暖かさからは程遠い肌寒い朝です。まだまだコートは手放せません。
200703160645001_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.14

北京五輪2次予選マレーシア戦

あの気候とピッチの状態を考えると、“辛勝”という言葉が合うんでしょうかね・・・。

U‐22マレーシア代表 1(前半0-1)2 U-22日本代表(スポーツナビ)

先ほどまでフジテレビ739の中継を観ていたのですが、それにしてもマレーシア側の応援なのか、太鼓の音が単調で試合内容も相まって、ものすごい眠気に襲われそうになりました・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.03.13

欧州組

何だか久々に聴いた言葉ですね・・・(笑)。

欧州組少数を初招集 日本代表ペルー戦(共同通信)

 日本サッカー協会の川淵三郎会長は13日、日本代表の今季初戦となるペルー戦(24日・日産スタジアム)にオシム監督が欧州クラブ所属選手を少人数、初招集する見通しであることを明らかにした。
 オシム監督は欧州組の日程などに配慮して、昨年の7試合を国内組のみで戦った。今回は24、28日が国際サッカー連盟(FIFA)の国際試合日で欧州各リーグも中断することから、欧州組の初招集に踏み切るもようだ。
 オシム監督は以前「メンバーを代えるときには、理由をはっきりさせないといけない」と語っており、継続性を重視する立場から、今回は少数精鋭の招集となるようだ。ドイツ、スコットランドで好調の高原(フランクフルト)中村(セルティック)が有力とみられる。
 代表は19日に発表される。

そういえば24日に代表戦がありましたね・・・ごめんなさい。レッズの日程がないからすっかり失念してました。

少人数・・・ってどのくらいなんでしょ。まぁスコットランドのあの人とドイツのあの人は確実なんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.12

新潟遠征あれこれ

というわけで、いろんな意味で極寒だった新潟遠征を振り返ります~。

今回はレッズ後援会主催のツアーに参加。大宮駅集合という事で、東川口駅9:52発の武蔵野線で出発です。
Imgp7549Imgp7550





武蔵浦和で埼京線に乗り換えます。ここで乗り換えるのは久々ですね~。
Imgp7551





10:16大宮駅着。「団体」の文字に心躍らせいざホームへ・・・。
Imgp7552Imgp7553





2階建てE4系貸し切りキタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!
Imgp7554_1Imgp7555





でも席は1階・・・。視界もビミョーだな(´Д⊂ヽ
Imgp7557Imgp7559Imgp7562





貸切新幹線は、10:30大宮駅を出発。車中では後援会ツアー恒例のスタメン当てクイズやお弁当が配られました。
Imgp7560Imgp7564Imgp7563





そうこうしている間に、12:27新潟駅到着。
Imgp7568_1Imgp7569_1Imgp7570





こうやって見るとやっぱり暖冬なんだと実感。全然雪がないですね・・・。駅からは仲間数人でタクシーに分乗し、いざスタジアムへ。
Imgp7571





13:00スタジアム着。タクシーから降りたとたん、冷たい風と時折降る雪というかあられに体を打ち付けられました。
Imgp7573Imgp7576





そして開場。スタジアムの盛り上がりとは裏腹に、天気はますます荒れた感じになってきました。
Imgp7577Imgp7581Imgp7582





で、試合終了・・・。まぁそんな訳で、選手達の挨拶が終ってからスタジアムを出てバスターミナルへ向かうと、ますます風雪が強くなってきました・・・。ちなみにこの試合での公式気温は2.5度でした。
Imgp7592





30分ほどバスに乗って、19時前に新潟駅に到着。仲間と駅のすぐ近くにある「居酒屋越乃赤たぬき」という店で、帰りの新幹線の時間まで軽く打ち上げ。
Imgp7596Imgp7594Imgp7595





帰りの団体新幹線は20:44発。駅弁売り場もほとんど売りつくされた中で、ようやく1個確保。ネーミングがこの日のレッズのようでなんとも悲しいが・゚・(つД`)・゚・
Imgp7597Imgp7598_1Imgp7599





車中は寒さと試合の結果から疲れて、駅弁を食べたらほとんど睡眠タイムでした。
Imgp7600





それでもあっという間の22:18に大宮着。およそ500人の同士が貸切新幹線から降り立ちました。
Imgp7601Imgp7602





大宮駅からは、京浜東北線南浦和経由で武蔵野線へ乗り換え、東川口に23:01に到着。家ではビールとはいかずお茶を流し込みましたさ・・・。
Imgp7603Imgp7604





というわけで俺お疲れ。そしてツアーでご一緒だった皆さんお疲れさまでした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.11

【第2節 新潟戦】

オフィシャルより

■07.03.11 [ Jリーグ第2節vsアルビレックス新潟 ]
2007年3月11日(日)16:01キックオフ・東北電力ビッグスワンスタジアム
試合結果
浦和レッズ2-2アルビレックス新潟
得点者:30分永井、64分ワシントン、88分河原(新潟)、89分田中(新潟)
観客数:40,524人


「残り2分から得る教訓」

残り2分、新潟が右サイドから攻撃を展開して河原に1点を返された時、レッズはすでに打つ手はなくなっていた・・・。

その後もズルズルとラインを下げてしまい、あれよあれよという間に同点。2点の貯金をあっという間に掃き出し、残ったのは勝点1だけだった。

闘利王の復帰で多少なりとも内容はよくなってきた。しかし悪天候のせいか、パスも思うようにつながらずもったいないプレーがいくつかあった。そんな中で迎えた最後の2分間のエアポケット・・・。

しかし選手、ベンチ双方の動きを見るかぎり、まだまだ発展途上と考えるのが妥当だろう。選手達に多少の甘えがあったと言われても仕方のないことだし、指揮官も代わりの駒がいないと言われれば、なおさら仕方のないこと。

ただ1年間を通した中で、どうしようもない悪い試合が何試合かはある。それが今日だと思えば、致し方のないところなのか・・・。まだリーグ戦は始まったばかり。大事なのはその失敗を繰り返さない事だ。それゆえ次の甲府戦やACLシドニー戦こそ重要になってくる。

2分間で得たものを無駄にしないためにも、今はキモチ切り替えて前へ進んでいくしかない。

Imgp7585Imgp7589Imgp7591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月4日 - 2007年3月10日 | トップページ | 2007年3月18日 - 2007年3月24日 »