« それぞれの「12.1」への想い | トップページ | J1・J2入れ替え戦第1戦 »

2007.12.05

ロビーの負傷と来季の構想

オフィシャルより

07.12.04
ロブソン・ポンテの怪我・帰国について
1日(土)の横浜FC戦で負傷したロブソン・ポンテの診断結果について、お知らせ致します。
診断結果:右膝前十字靭帯損傷
※ロブソン・ポンテは、治療のため、明日ブラジルに帰国致します。

ロブソン・ポンテ、メッセージ
「今年のサポーターの熱い声援、後押しにはとても感謝しています。
Jリーグを優勝していれば、全ての人が本当に幸せな思いで今年を終える事が出来たのに残念です。
しかし、サポーターにアジアのタイトルをプレゼント出来た事は良かった。
来年は更にサポーターと一体となり、多くのタイトルにチャレンジしたい。
最後にもう一度、サポーターに感謝したい。
また来年会いましょう。そして、ありがとう!!」


優勝を逃したのに続いて、残念な一報が入りました。けれど一生懸命プレーした中でのケガなので致し方ありません。

おそらくリハビリも含めて完全復活は夏頃でしょうかね。本人にとってもクラブにとっても辛いですが、無理せずあせらずじっくりと治療に専念してほしいです。

そんな中、携帯オフィシャルなどに中村GMから来季の構想について話があったようです。まとめると・・・

『オジェック監督』
→今季の検証をCWC後に行う。続投は変わらない。意見交換をしなければ前進しない。

『ワシントン&新潟:エジミウソン』
→ワシントンには慰留するし条件提示をする。エジミウソンに関しては今週のワシントンとの話し合いが終わってから。

『大分:梅崎』
→オファーは出している。完全移籍の獲得を目指すが、クラブや本人の意向次第。

『期限付き移籍した選手達』
近藤(愛媛)→復帰
大山(愛媛)→復帰だが、サテライトの状況を鑑み、再度レンタルの可能性。
横山(山形)→浦和には戻らない。行き先はほぼ決まっている。

『三都主アレサンドロ』
→チームの始動に合わせて戻ってくる。


というわけで、ある程度選手達の動向が見えてきましたね。あとは外国人選手の動向ぐらいでしょうか・・・。

レッズは瞬く間に大きなクラブへ成長してきました。けれど今年あとわずかというところでリーグ優勝を逃したように、まだまだ「穴」は見えています。そこを埋めるためにどういう編成をするのか。

レッズには潜在能力を秘めた若手が多数存在していると思います。大型補強に頼らずもそんな原石はどこかに存在します。そのためにも目先だけにとらわれない補強や選手編成に期待したいですね。

|

« それぞれの「12.1」への想い | トップページ | J1・J2入れ替え戦第1戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/17278570

この記事へのトラックバック一覧です: ロビーの負傷と来季の構想:

« それぞれの「12.1」への想い | トップページ | J1・J2入れ替え戦第1戦 »