« 【ACL 決勝第2戦 セパハン戦】 | トップページ | 【第32節 清水戦】 »

2007.11.17

第32節 清水戦プレビュー

【前回対戦 第17節(2007.6.23)】
JリーグHP)(浦和HP)(清水HP

いよいよJリーグも大詰め。明日はホーム埼玉スタジアムに清水エスパルスをむかえ対戦する。

清水は現在18勝5分8敗の勝点59で第4位。前節はホームで降格争いの渦中にいる広島と対戦。先制されるもすぐに追いつき、後半2得点をあげ3-1と突き放した。

現在4連勝中であり、得点11の失点2で攻守にわたって調子が上がっている。その原動力になっているのが、MFフェルナンジーニョである。ここ2試合連続で得点をあげているが、彼の持ち味は素早いドリブルとパスセンスの高さ。司令塔であるMF藤本と共に気をつけなければいけない存在だろう。

一方のレッズは、水曜日にACL決勝第2戦でイランのセパハンを2-0でやぶり、念願のアジアチャンピオンを獲得した。リーグ戦と平行して厳しい日程をこなし、選手も満身創痍だと思う。その前に行われたリーグ戦ではアウェーで川崎と対戦。イランから帰国してわずか中3日での試合。先制を許すもPKで追いつき、何とか勝点1を上積みした。

今節はFWワシントンが出場停止、またDF堀之内が水曜日での負傷で欠場が濃厚だ。ここにきて負傷者が多くなり選手達の疲労の蓄積が心配だ。ACLを獲った直後で、選手達の今後への試合の燃え尽きが心配だったが、彼等のコメントを伺う限りでは、その心配はなさそうだ。あとは自分達サポーターの意識の問題だろう。


リーグ戦は残り3試合。2位ガンバとの勝点差は5、そして3位鹿島との勝点差は6。自分達がしっかり勝点3を積み上げれば問題はない。しかしここまでくるとそれがかえって難しくなる。自分達もプレッシャーがかかるが、それは相手も同じこと。

そういうプレッシャーは今に始まったことではないし、過去その苦しみを生かし、それを乗り越えて今年はアジアを獲った。だからこそ今は目の前の敵をしっかり倒すことが大切だ。

選手達を信じそして自分達を信じること・・・。明日も彼等と共に闘っていきたい。

ALL COME TOGETHER!

|

« 【ACL 決勝第2戦 セパハン戦】 | トップページ | 【第32節 清水戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/17104642

この記事へのトラックバック一覧です: 第32節 清水戦プレビュー:

» ホームページ制作会社埼玉 [ホームページ制作会社埼玉]
ホームページ制作会社埼玉 [続きを読む]

受信: 2007.11.18 13:02

« 【ACL 決勝第2戦 セパハン戦】 | トップページ | 【第32節 清水戦】 »