« 当局からの指導 | トップページ | 【第26節 横浜FM戦】 »

2007.09.21

第26節 横浜FM戦プレビュー

【前回対戦 第13節(2007.5.27)】
JリーグHP)(浦和HP)(横浜FMHP

明日はアウェー日産スタジアムに乗り込んで、横浜F・マリノスと対戦する。

マリノスは現在、12勝6分7敗の勝点42で第6位。前節は2位ガンバ相手にアウェーで2-0と完勝。特に山瀬からのバスは芸術的で、何度も坂田の飛び出しからチャンスを作り、得点を奪っていた。

しかし今節はそのキーマンとなる山瀬(功)が累積での出場停止。ここまで彼はリーグ戦25試合にフルタイム出場を果たしてきただけに、その穴はとても大きいと思う。おそらく2列目にはマルケスや清水の起用が予想される。またボランチも2枚にし、レッズの攻撃陣を止める構えを見せている。

一方のレッズは前節はアウェー広島で残暑のなか「4-2」で勝利。そして水曜日に行われたACL準々決勝全北現代戦では、試合終了間際に失点を許すものの「2-1」で勝ち、次週の韓国・全州で行われる第2戦に舞台を移す。

前節ではベンチスタートになったFWワシントン。再度先発で起用されるのかが注目であるし、出るからには得点に期待したい。広島戦での4点目に見せた足に吸い付くようなボール捌きは圧巻だった。


ACLを挟み、あっという間の中2日での試合。やはり選手達の体調管理が気になるところである。しかしここが正念場だけに、選手達も自分達も厳しく相手に立ち向かわなくてはならない。

明日もそしてその次も大事な試合が続く。キモチ落とさずに選手達と共に闘っていきたい。

|

« 当局からの指導 | トップページ | 【第26節 横浜FM戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/16528996

この記事へのトラックバック一覧です: 第26節 横浜FM戦プレビュー:

« 当局からの指導 | トップページ | 【第26節 横浜FM戦】 »