« エコパ遠征あれこれ | トップページ | レッズからの宿題 »

2007.07.03

レギュレーションの確認

というわけで、今週末からナビスコカップ準々決勝が始まります。

昨年レッズが川崎相手に苦汁を嘗めたレギュレーションでしたが、もう1度おさらいしてみましょう。


試合方式および勝敗の決定

準々決勝、準決勝(ホーム&アウェイ)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。

1.2試合の得失点差
2.2試合におけるアウェイゴール数
3.第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦
4.PK方式

ということです。

ちなみに昨年のパターンはこうでした。
第1戦(駒場)  浦和4-3川崎
第2戦(等々力) 川崎2-1浦和

総得点で『5-5』でしたが、アウェーゴール数で『3-1』で川崎が準決勝に駒を進めました。

また昨年の準決勝(横浜FM-鹿島)では、こういうパターンもありました。
第1戦(カシマ) 鹿島1-0横浜FM
第2戦(日産)  横浜FM2-1鹿島

総得点で『2-2』でしたが、アウェーゴール数で『1-0』で鹿島が決勝進出しました。ホームのマリノスが決勝へ進むためにはもう1点必要だったということになります。

以上をおさらいすると・・・
ホームでは勝つことが前提でかつ無失点が理想。そうすれば第2戦は1点獲れればかなり有利になる。といったところでしょうか。

まあ勝負事に油断は禁物。けれど、2つ勝てればそれで良しということで、ホーム&アウェーの闘いになりますが、180分間気を抜かずに闘ってほしいですね。

2007nabiscoposter_2

|

« エコパ遠征あれこれ | トップページ | レッズからの宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/15636729

この記事へのトラックバック一覧です: レギュレーションの確認:

« エコパ遠征あれこれ | トップページ | レッズからの宿題 »