« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

第14節 広島戦プレビュー

明日は1ヶ月ぶりのリーグ戦。A3で延期となっていた第14節。ホーム埼玉スタジアムにサンフレッチェ広島をむかえ対戦する。

広島は現在、6勝4分7敗の勝点22で暫定の第13位。リーグ戦での中断前6月の成績は1分3敗。特に失点数は横浜FC、甲府の35に次ぐ34と守備面に不安を残す。また7月に行われたナビスコカップ準々決勝では鹿島に1分1敗と敗れた。

特に今節はDFの要である戸田と森崎和を累積の出場停止で欠くという事態。U-20W杯で脚光を浴びた槙野ら若手選手の起用が予想される。そして前線には代表の佐藤寿人、得点ランキングトップのウェズレイが控えており、決して侮れない相手になるだろう。

一方のレッズは、7月にナビスコカップ準々決勝でガンバと対戦。代表や怪我で主力を欠くなかで、第1戦は引き分けだったが、第2戦のアウェーでは2-5と万博の牙城にもろくも崩れ去った。しかしその前のリーグ戦では4試合連続完封勝利という結果を出している。

今節は伸二が累積の出場停止で欠くが、DFには闘利王、前線にはFWワシントン、達也、そして代表の坪井、阿部、啓太が戦列に復帰すると思われる。


ガンバ戦を経験した選手達は、あの万博での暴風雨の中での大敗を忘れることはない。それは自分達もそうだ。悔しさをにじませながらも、相手から得るものはあったと信じたい。

現在首位ガンバとの勝点差は5。しかしこの未消化の試合を獲ると一気に背中が見えてくる。その影を捕らえるためにも明日は絶対に落とせない試合だと思う。

そして明日は久々のホーム埼スタでの試合。4月からやきもきして歌えなかった『あの歌』を久々にみんなで思いっきり歌うために、キモチ上げて選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

マンU戦を除けば、約1ヶ月ぶり、久々の埼スタです。

昨夜の雷雨がもたらした水溜まりは、一時の清涼感を与えてくれます。梅雨明けはもうすぐでしょうね。

200707310652000_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.07.29

共同開催の難しさ

どうやらアジアカップ決勝戦はイラクが勝って初優勝をしたようです。
<サッカーアジア杯>イラクが初優勝、サウジアラビア降す」(毎日新聞)

でも今回はAFCの不手際がかなり目立つ大会となりました。
不手際を謝罪 AFCのハマム会長」(共同通信)

今大会はインドネシア・マレーシア・タイ・ベトナムの東南アジア4カ国による共同開催。移動もさることながら、それぞれの国での気候の違いに、選手達はさぞ戸惑ったことかと思います。

共同開催というのは、縮小規模ながら自国で大きな大会を開催できるというメリットがあるものの、お互いの国の主張が入り乱れ、むしろまだまだデメリットの面が大きいようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアカップ3位決定戦

日本0-0(PK5-6)韓国
スポーツナビ速報


残念の一言に尽きますね・・・。

やはりPKに入る前に、120分で試合を決められなかったというのが問題でしょう。

しかし何がどうとか誰がどうとかという事ではなくて、チーム全体いや協会の宿題として捉えて、この4位という結果を今後に生かしてほしいですね。

そして阿部・啓太・坪井の3選手もお疲れさまでした。無事の帰国を祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

酒井 神戸へ完全移籍

我らが「友ちゃん」こと、酒井選手がヴィッセル神戸へ完全移籍することが決まりました。

レッズオフィシャル

07.07.26
酒井友之、ヴィッセル神戸に完全移籍

酒井友之がヴィッセル神戸に完全移籍することになりました。
酒井 友之(さかい ともゆき)MF 
1979年6月29日生まれ(28歳)170cm/67kg 
彦成FC(埼玉県三郷市)-FCドラゴン(東京都練馬区)-ジェフユナイテッド市原ジュニアユース-ジェフユナイテッド市原ユース-ジェフユナイテッド市原(1997-2000)-名古屋グランパスエイト(2001-2003)-浦和レッズ(2004-2007)
◆日本代表(A)1試合出場(2000)


神戸オフィシャル

2007/07/26 浦和レッズよりMF酒井友之選手完全移籍加入決定

この度、ヴィッセル神戸の新戦力として、浦和レッズ MF酒井友之選手(28)の完全移籍加入が決定しましたのでお知らせいたします。同選手は、明日27日(金)、高知春野にて行われていますトレーニングキャンプよりチームに合流する予定です。

酒井 友之(Tomoyuki SAKAI)
■生年月日:1979年6月29日(28歳)
■ポジション:MF
■身長/体重:170cm/67kg
■出身地:埼玉県
■背番号:44
■チーム歴:
1994~1996 ジェフユナイテッド市原ユース
1997~2000 ジェフユナイテッド市原
2001~2003 名古屋グランパスエイト
2004~ 浦和レッズ
■出場歴:
J1リーグ戦通算203試合出場11得点、カップ戦42試合出場3得点、天皇杯21試合出場2得点
※A3チャンピオンズカップ2007@山東スポーツセンタースタジアム
2007年6月7日(木)浦和レッズ 3-4 山東魯能 先発フル出場
2007年6月13日(水)浦和レッズ 1-3 上海申花 先発出場(66分交代)
■代表歴:
2000年 日本代表(1試合出場0得点)
■酒井選手コメント:
「早くチームに溶け込んで、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」


というわけで、どうやらこの移籍話は2週間前に舞い込んできて、本人が2日前に決断したという急な話だったようです。

今季はなかなか出場に恵まれませんでしたが、神戸という新天地でチームの力になれるように頑張ってほしいですね。ちなみに印象に残っているのは、レッズでの初ゴールとなった等々力での川崎戦ですかね。

ちなみに来月29日はその神戸とアウェーで対戦です。お手柔らかに・・・(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J2とアジアカップ準決勝

昨日は、直前までJ2ヴェルディ戦が「西が丘」で開催されるのを知らなかった自分。帰宅途上だし、わかっていれば行けばよかったと自分に後悔・・・_| ̄|○

でも仕方なく帰ってスカパー観戦。ヴェルディ戦は早々に力の差がみえたので、「札幌-仙台」戦を中心にスイッチ。やはり堅守の札幌は健在。J1昇格へ向け着実に勝点を積み上げているようです。その傍らで、NHKBSで「イラク-韓国」戦もザッピング観戦でした。
Imgp8734Imgp8732Imgp8727






で、結局「イラク-韓国」戦がPK戦までいってしまい、落ち着く暇のないまま「日本-サウジアラビア」戦へ突入。

結果的は負けてしまったのは残念ですね。常に追いかける状況になってしまい、とにかく追いつくのがやっとだったのかなぁ・・・と感じました。あとサウジには結構研究されていましたね。

中2日と厳しいスケジュールで土曜日には3位決定戦が行われ、次回アジアカップの予選免除を懸けて韓国と対戦します。高温多湿の環境が続きますが、ここからの力が重要だと思うので最後まで頑張ってほしいですね。
Imgp8737Imgp8738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.25

シーチケと天皇杯

火曜日の仕事からの帰り道・・・。

まずは、コンビニでひっそりとこの日発売開始だった『天皇杯4回戦』のチケットを購入。ナビスコカップがあれでああいう事になっちゃったので(笑)、11月4日(日)で開催確定。皆様お忘れなきないように。
200707242140000






そして地元東川口駅の埼玉高速鉄道のコンコースに、後半戦告知のポスターが・・・。
200707242135000






いやーまた始まるなぁ・・・と想いふけって家へ帰ると、後半分のシーチケがキテタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!
Imgp8725






今回は、ACLの優先購入券が同封されていました。『決勝』・・・いい響きです・・・。ぜひこの優先券が最後まで使えるようにしたいですね。
Imgp8722






ポスターやシーチケを見て、一気に自分の中でテンションが上がりました(笑)。あとは失った『赤分』はスタジアムで補給するのみ!!とにかく8月1日が待ちどうしい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24

カターニア来日中止

今日はこんな話題から・・・。

カターニアが来日中止=原発トラブルに懸念(時事通信)
 

 サッカー・イタリア1部リーグ(セリエA)のカターニアが7月末からの来日を中止することになり、親善試合で対戦する予定だったJ1の横浜C、磐田、千葉の3クラブが24日発表した。新潟県中越沖地震による東京電力柏崎刈羽原子力発電所でのトラブルがイタリアで報道され、カターニア側が懸念を表明。来日中止を伝えてきたという。前売りチケット料金は払い戻される。
 カターニアにはFW森本貴幸が在籍している。


◆大会企画会社発表「カターニャジャパンツアー2007」開催中止の事由
 

 7月16日に新潟中越沖で起こりました地震、またそれに起因する柏崎刈羽原子力発電所から放射能が漏れた疑いがあるというニュースが報道され、特に、イタリア国内で、繰り返し報道されている、放射能漏れによる避難民の発生というニュースを重く受け止め、今回予定しておりましたジャパンツアーを別時期に延期したいとの要望があり、カターニャ側との話し合いを進め、安全性についても問題の無いことを理解して頂く様、公的機関と同一歩調をとり説得に努めて参りましたが、クラブ内の各レベルからの反発が強く、やむを得ず今回のジャパンツアーを中止することと致しました。


まずは地震で被災された皆様にお見舞い申し上げます。

というわけで、本当に中止になってしまいました。人的被害は全くないし、試合会場も秋田、ヤマハ、フクアリと新潟から離れているだけにどうなるかな・・・とは思っていましたが残念ですね。こういうも『風評被害』なんでしょうね。

でも本当にそれが来日中止の理由なんでしょうか・・・。もしかしたらチケットの売れ行きが芳しくなかった・・・いやいや変な検索はやめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.23

レッズのない週末

年に数回だけレッズに関係しない土日があります。まあレディースもありますが、それは別にして・・・。

土曜日はぷらぷらと近所の『イオン浦和美園SC』へ。子供達が夏休みに入ったこともあって、家族連れが多かったですね。

そんな中、スタバで「バナナクリームフラペチーノ」を味わいながら、旅行パンフレットを手にシーズン後半の遠征計画をひたすら練ってました・・・。そしてなかなか機会がなくて手にできなかった『浦和フットボール通信7月号』もイオンでゲットしました。

Imgp8707Imgp8708






家へ戻ってからはスカパーでJ2第29節『札幌-東京V』を観戦。

後半39分に札幌が先制するも、ヴェルディもフッキの連続ゴールで逆転。もはや札幌これまでか・・・と思ったロスタイムにラストプレイとなるCKから石井が値千金の同点ゴールで2-2。その直後に試合終了という劇的な結末でした。呆然とするヴェルディGK高木やラモス監督の姿が印象的でしたね。
Imgp8712Imgp8714Imgp8715






日曜日もふらふらとお出かけ。ふと日本橋で人だかりを発見。選挙の応援演説かなぁ・・・と近づいてみたら、『名橋日本橋保存会』主催の『第37回名橋「日本橋」を洗う会』(詳細PDFファイル)でした。法被を着た参加者が、手にデッキブラシをもつ姿はまさに圧巻・・・。
Imgp8718






汗だくで「日本橋」洗濯」(時事通信)

その後日本橋に架かる道路が通行止めになり、ふだん道路の中央にありなかなかお目にかかれない『日本国道路元標』のプレートを間近で見ることができました。
Imgp8716






レッズがない週末はあと2週。貴重な土日をどう過ごすか・・・。有意義に活用したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

ACL全北現代戦後援会ツアー

各社ツアーが続々と発表される中、いよいよレッズ後援会のツアーが発表になりました。今回はクラブとの共同企画のようです。

レッズ&レッズ後援会ACLツアー

注目は0泊3日の羽田発のチャーター機ツアー。う~ん・・・どうやら『何か』が自分の背中をグイと押しているような感じですな・・・(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.20

オールスターゲーム

21時過ぎ。仕事帰りにメトロ南北線に乗っていたら、後楽園駅から多くの人が・・・。

何かと思ったら、今日は東京ドームでプロ野球のオールスターゲームだったんですね。

気がついたら冠スポンサーも三洋電機からガリバーに変わってたりしてたんだ・・・。

どうやら選手・スタッフは今日のうちに明日行われる仙台へ移動するようです。だから試合時間も2時間08分って異例の早さだったんですかね・・・。

まあでもこの早さって、公式戦のようなバッテリーサインとかイニング途中の投手交代がなかったからなんでしょう。

2007ガリバーオールスターゲーム


☆「大阪遠征あれこれ」更新しました。お待たせしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.17

【さいたまシティカップ2007 マンチェスター・U戦】

オフィシャルより

07.07.17
さいたまシティカップvsマンチェスター・U
さいたまシティカップ2007 Presented By AIG
2007年7月17日(火)19:05キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-2マンチェスターユナイテッド
得点者:25分内舘、47分D.フレッチャー、51分C.ロナウド、78分小野
観客数:58,716人
試合速報


「親善試合とはいえ・・・」

昨年のプレミアリーグチャンピオンとの対戦。時折繰り出されるまるで嘲笑われているような、そして惚れ惚れするようなプレーにスタジアムが揺れた。

こういう花試合では、得られることというのはあまり多くない。しかしメンタル面では、何か得たものがあるのではないだろうか。

レッズは開幕からここまでリーグ戦、ACL、ナビスコ杯と常に緊張感のある闘いをこなしてきた。リーグ戦ではホームでなかなか勝てなかったものの2位につけ、ACLでは最低限のノルマだったグループリーグを突破。しかしナビスコ杯では当面のライバルであったガンバに手痛い敗戦・・・。そんな中でむかえたマンU戦だった。

真剣勝負からややかけ離れたこの試合において、こういう機会でしか得られない相手選手の巧みなプレーを見ることは子供達の心に刻まれるのと同じように、レッズの選手達にも何か残ったのではないか。

さいたまシティカップを終えて、代表に選ばれている選手達を除いてしばし休息の時に入る。しっかり休んで再開後に控えるリーグ戦やACL決勝トーナメントに備えてほしい。

Imgp8680Imgp8687Imgp8701

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.15

大阪遠征あれこれ

今年初めての大阪遠征。台風やら何やらで大変でしたが、さっそく振り返ります~。


ナビスコカップの第2戦。前日から台風4号の動きをチェックするも、真っ直ぐ日本に向かっているという現実・・・。

試合の開催可否の決定は12時。その時間はまさに新幹線に乗っている時間。開催されるだろうという期待をこめて家を出発。今回は埼玉高速鉄道の戸塚安行駅からのスタートでした。

戸塚安行駅8:57発でいざ旅のスタート。
Imgp8598Imgp8600Imgp8601






9:31飯田橋駅着。ここからメトロ東西線に乗り換え。
Imgp8602Imgp8603






9:46日本橋駅着。駅近くのデハ地下でお昼の買出しをして東京駅へ向かいます。ちなみに日本橋から東京駅までは歩いてわずか5分。あっという間です。
Imgp8604






この日は3連休の初日。雨とはいえ結構人が多かったですね。
Imgp8606






11:03発『のぞみ217号』でいざ大阪へ。
Imgp8608Imgp8609Imgp8610






デパ地下で買ったこの日のお昼は、とんかつでお馴染みの「まい泉」のお弁当。まあカツでゲンを担ぐということで・・・。
Imgp8612






そうこうしているうちに時間は12時。携帯でチェックすると開催決定の報。とりあえず一安心・・・。
Imgp8614_1Imgp8616






13:40新大阪駅着。降りるとどことなく台風らしいムワァーとした空気が・・・。
Imgp8617Imgp8618






ここからJR東海道本線に乗り換え、淀川を渡り大阪駅へ向かいます。
Imgp8620Imgp8621






大阪駅近くのホテルにチェックインした後、荷物を整理して万博へ向かいます。阪急梅田駅から15:42発の京都線準急列車で出発。
Imgp8622Imgp8623






16:01南茨木駅着。ここから大阪モノレールへ乗り換えます。
Imgp8625






16:06発の大阪空港行きで万博記念公園駅へ。
Imgp8626Imgp8627






万博記念公園駅から彩都線に乗り換え、わずか1駅で公園東口駅へ。16:16着でした。
Imgp8628






友人と合流しほどなく16:30開門。雨は容赦なく降り続いていました。
Imgp8630






試合が始まってからは、視界がかなりの遮られる程の大雨と風。逆に後半はピタリと雨が止みましたが、結局終了時には再び大雨。レッズの涙雨だったのでしょうか・・・。
Imgp8631






終了後はそそくさとバス乗り場へ。JR茨木駅へ向かいます。
Imgp8637Imgp8639






結構時間がかかるのかな・・・と思っていましたが、列に並んでから20分少々でJR茨木駅に到着。21:30発のJR東海道本線の快速列車で大阪へ戻ります。
Imgp8640Imgp8641Imgp8643






21:43大阪駅着。ホテルへ戻ってからは、台風の動きをチェックしながら大雨で濡れた衣服やらレプリカやらを乾かす事に・・・。
Imgp8644Imgp8645_1







翌朝。再び台風の動きをチェックしていると、今度は東海道新幹線運転見合わせの報が・・・。

自分は新幹線の予約は大概、JR東海の「エクスプレス予約」を使っています。ひとまずこのシステムで予約していた列車を変更してから、ホテルをチェックアウトし、梅田駅から市営地下鉄で新大阪駅へ向かいました。
Imgp8646Imgp8647Imgp8648






12:00過ぎに新大阪駅到着。この段階でまだ富士川の水位が危険水位を超えていたことから、未だ東京への運転再開のメドがつかないとの事でした。
Imgp8650_1






このまま止まった状態が続くなら、伊丹空港からの飛行機やJRを使って北陸周りでの帰宅を真剣に考え始めた矢先に『運転再開』の報が流れ、とりあえず一安心。そして予約を変更した新幹線も予定通り運行されるということで、合わせてホッとしました。

というわけで、予約を変更して無事運行された14:30発『のぞみ24号』に乗車。
Imgp8655Imgp8656Imgp8660






途中、その問題だった富士川を多少減速して通過。やはり水量が多くて濁ってましたね~。
Imgp8665Imgp8667






東京駅の混雑を見越して、1つ手前の品川駅で乗り換え。17:02着で定刻より3分遅れでした。
Imgp8669Imgp8670






乗り換える途中で「エキュート」をのぞいてから、京浜東北線で王子へ。その後南北線に乗り換え、18:13に無事に戸塚安行駅着となりました。
Imgp8671Imgp8672Imgp8674






というわけで俺お疲れでした。そして台風という悪天候の中、万博へ集結した皆さんお疲れさまでした。

今回は台風に惑わされましたが、大きな混乱もなく無事帰ってこれたのが何よりです。でも来月の万博は絶対にリベンジを果たしたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

【ナビスコ準々決勝第2戦 G大阪戦】

オフィシャルより

07.07.14
ナビスコカップ 準々決勝第2戦vsガンバ大阪
2007Jリーグヤマザキナビスコカップ・準々決勝、第2戦
2007年7月14日(土)19:04キックオフ・万博記念競技場
試合結果
ガンバ大阪5-2浦和レッズ
得点者:9分シジクレイ(G大阪)、17分永井、31分山口(G大阪)、41分播戸(G大阪)、51分二川(G大阪)、54分家長(G大阪)、63分細貝
観客数:14,213人
※2試合合計3-6で準決勝進出ならず。
試合速報


「大敗から見えてくるもの・・・」

今シーズン最多の5失点。これぐらい大敗を喫すると、ガンバとの差が何かと見えてくる。

負けたことはもちろんだが、3年ぶりの国立への道を断たれたことはとても悔しい。ただガンバのレッズに懸ける強い思いに為す術もなくやられた・・・そんな感がある。

さらにレギュラーメンバーと控えメンバーの力の差が大きく、一貫して力を継続させる難しさを痛感した。もちろん細貝や堤らの起用には何ら異はないが、起用する事で今のチームとしての力を見極める事ができたのはある意味良かったのかもしれない。

現時点においてガンバは最強だと思う。それが今季2分2敗という結果に結び付いている。だからこそレッズの地力をみせるためにも来月のリーグ戦は絶対に落とせない。

台風と共に流れ落ちた、『勝星』という名の忘れ物を獲りに行くために・・・。

Imgp8632Imgp8633Imgp8636

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ準々決勝第2戦 G大阪戦プレビュー

【今季対戦】
《ゼロックススーパーカップ(2007.2.24)》
JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP
《Jリーグ第11節(2007.5.13)》
JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP
《ナビスコ準々決勝第1戦(2007.7.7)》
JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP

今日は、ナビスコカップ準々決勝第2戦。アウェー万博へのりこんでガンバ大阪と対戦する。

先週の第1戦は、共に日本代表などや怪我などで、ベストメンバーではない布陣で臨んだ。試合は前半レッズが小野のゴールで先制。ガンバもマグノ・アウベスのPK失敗があったものの、後半残りわずかの時間でCKから山口がヘディングで決め、同点に追いつかれ試合が終わった。

第2戦へ向け、引き続き共に選手起用が厳しいが、特にガンバはマグノ・アウベスの負傷が大きい。しかし二川や家長、そして先週注目を浴びた倉田などには注意したい。一方のレッズは達也の復帰が予想される。彼が入るだけで前線からの勢いが違ってくるだけに期待したい。


第1戦はガンバにとっては貴重なアウェーゴールではあるものの、第2戦への恩恵は0-0の引き分けだけにしかすぎない。レッズはまず先制点を奪うことが、ガンバにプレッシャーを与えることになる。厳しい条件下での試合が予想されるが、試合へ臨む条件は共に同じ。あとはキモチの闘いだろう。

残り90分間。前を向いて声あげて次のステージへのキップを掴み獲るために、選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.12

『マンニィ』とナビスコ万博

台風が日本列島に近づいています。どうやら「マンニィ」とおっしゃるようで・・・。

週末は万博でナビスコ準々決勝第2戦が行われますが、それぞれのクラブから台風による開催情報が掲載されました。

関西地方への台風接近について(レッズオフィシャル)

14日(土)は、関西地方に台風が接近する可能性があります。試合開催について影響が出る場合、オフィシャルサイトでお知らせします。
ヤマザキナビスコカップ準々決勝・第2戦が行われる14日(土)の万博記念競技場は、台風接近の可能性もあり、試合開催に何らかの影響が出る可能性があります。試合開催の状況に変化があった場合は、オフィシャルサイトでも速報します。(気象予報等にも随時注意して頂きますよう、お願い致します。)

7/14の試合における台風情報について(ガンバ大阪オフィシャル)

7/11、14時現在の気象情報により、台風4号が7/14に近畿地方に上陸する可能性がございます。
台風により、試合会場へのすべての交通手段が絶たれた場合は中止となる場合がありますが、基本的には開門を遅らせてるなどの対応をとる場合もあり、最終的な処置として、試合運営が不可の場合に中止となります。
また、試合が行われた場合でも、試合中に台風の影響による雷・暴風などの理由により観客の安全が確保できない、もしくはプレー自体が不可能と判断される場合は、マッチコミッショナー、主審、実行委員の協議により、中止となる場合があります。
※大雨や雷の警報などや、台風接近を理由に試合が中止になることはございません。
※試合中止となった場合の告知はHPとG-mailにてご案内いたします。
※万が一、中止となった場合の試合開催振替日等は決定しておりませんのでご了承下さい。中止となった場合に振替日が決定しましたらお知らせ致します。その他振替日におけるチケット等の利用方法についても、中止になった場合にお知らせ致します。


おそらく、明日の昼頃から夕方(レッズの選手達が大阪へ移動する直前)までには、何らかの発表があろうかと思います。

仮に代替日程ということになると、レッズは来週17日にマンU戦を控えていますし、ガンバは世界陸上の影響で万博が使えないらしいという事みたいなので、どうなるかわかりませんね。

そういう自分はすでに週末の新幹線と宿を押さえちゃってます。そういえば3年前6年前のナビスコカップでも、それぞれ台風の影響で延期したときがありましたよね~。

とりあえずは台風4号の動きに注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.10

MDPに載れど・・・

レッズサポにはお馴染みのMDP(マッチデープログラム)。

先日のナビスコガンバ戦での第305号に、実はオイラがどっかに写っちゃたりしています。

・・・っていうか、この時のオイラって何で表情がないんだ?何に不満だったんだ(笑)

Imgp8595Imgp8596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

アジアカップ カタール戦

AFCアジアカップ2007 グループB

日本1-1カタール

う~ん・・・ピッチが悪いのか芝が極端に長いのか、なかなかボールを回せませんでしたね。本来の動きがありませんでしたし、苦しんでいたことは事実でしょう。

まあ楽な試合なんてないので、次のUAE戦に切り替えるしかないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.07.08

ナビスコ第1戦を終えて・・・

日曜日に準々決勝第1戦の残り2試合を終えて、次の第2戦へ向けて、各チームはある程度の目算が立つだろうと思います。では次は結果如何でどうなるのか。シュミレーションしてみましょう。


【G大阪-浦和】
第1戦 浦和1-1G大阪
☆ここではあくまでレッズ勝利を前提に・・・。準決勝進出の条件は、○が最低条件。△はスコア2-2以上。ちなみに△1-1は延長→PK戦となります。△0-0ならガンバの勝ち抜け。

【川崎-甲府】
第1戦 甲府3-2川崎
☆甲府準決勝進出の条件は、○および△が条件。もし●なら、川崎がアウェーで2点奪っているので、3-4および4-5等の高得点でのスコアでの敗戦からいいが、それ以下なら厳しい。
☆川崎は第1戦で2点奪っているのは大きい。○が最低条件。完封勝ちおよび1失点までの○ならアウェーゴールルールにより勝ち抜けとなる。ちなみに3-2なら延長→PK戦となる。

【鹿島-広島】
第1戦 広島1-0鹿島
☆広島準決勝進出の条件は、○および△が条件。もし●でも、0-1以外での1点差敗戦。つまりアウェーで1点でも奪えれば、1点差敗戦でもアウェーゴールルールで勝ち抜けとなる。
☆鹿島準決勝進出の条件は、○が最低条件。1-0なら延長→PK戦。それ以外の2点差以上の勝利なら逆転で勝ち抜けとなる。

【FC東京-横浜FM】
第1戦 横浜FM0-1FC東京
☆FC東京準決勝進出の条件は、○および△が条件。●の場合、0-1は延長→PK戦になるが、それ以外は横浜が2得点以上する事になるので、その段階でアウェーゴールルールで相手が上回る。
☆横浜FM準決勝進出の場合は、○が最低条件。1-0なら延長→PK戦。そのスコア以外の勝利なら逆転で勝ち抜けとなる。


というわけで、かなーりカード別でややこしくなりましたが、要は勝つことが重要だということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.07

【ナビスコ準々決勝第1戦 G大阪戦】

オフィシャルより

07.07.07
ナビスコカップ準々決勝vsガンバ大阪
2007Jリーグヤマザキナビスコカップ・準々決勝第1戦
2007年7月7日(土)18:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1ガンバ大阪
得点者:12分小野、87分山口(G大阪)
観客数:44,609人
試合速報


「悲観すべきコトではない」

残りあとわずかで追い付かれ、1‐1のドロー。

しかし代表やケガで抜けたDFの穴をベテラン山岸、内館を中心に、堤、細貝、堀之内という若い3人で最小限の失点にとどめた。

ガンバも決してベストではないものの、マグノ・アウベス、二川という攻撃の核となる選手が中心となり、レッズに襲い掛かった。

レッズは攻撃面でやや難しい場面があり、1点止まりは現状ではやむを得ないところなのか。チャンスメイクはできているだけに、あと一歩のキモチが大切だろう。

しかしチームの状況を勘案するならば、アウェーゴールを許したとはいえ、この引き分けは決して悲観すべきコトではないと思う。

もちろん次は勝つことは当たり前だが、点を獲ることも大事だ。状況は厳しいが前を向いてキモチ上げて、アウェーでの闘いに臨みたい。

Imgp8589Imgp8590Imgp8591

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ準々決勝第1戦 G大阪戦プレビュー

【今季対戦】
《ゼロックススーパーカップ(2007.2.24)》
JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP
《Jリーグ第11節(2007.5.13)》
JリーグHP)(浦和HP)(G大阪HP

今日からナビスコカップ決勝トーナメントが開幕。ホーム埼玉スタジアムにガンバ大阪をむかえ対戦する。

ガンバは、先週までのリーグ戦を12勝5分1敗の勝点41で前半戦を終えた。しかしナビスコ予選リーグは全6試合を3勝1分2敗の勝点10とギリギリでグループ2位の成績で予選を通過した。

アジアカップの影響で加地、橋本、遠藤。U-20W杯で安田。そして怪我で播戸、バレーをそれぞれ欠く。しか二川、家長、マグノアウベスと1発で試合を決まられる選手が揃っており油断はできない。しかし中盤の構成がやや変わるので、付け入るチャンスは十分にあるだろう。

一方のレッズはリーグ戦は10勝6分1敗の勝点36の第2位。前半こそ勝ちきれない試合が多かったものの、最後の4試合を4連勝無失点で駆け抜けた。またACLもグループリーグ突破と、ひとまずここまでの過酷な日程を終え、それなりの結果を出せたことは大きいと思う。

レッズもアジアカップの影響で坪井、啓太、阿部。怪我で闘莉王、達也。そして心臓の検診でワシントンがそれぞれ欠場。メンバー構成が難しいところだ。

しかし中盤は小野、ポンテ、長谷部と攻撃の核は揃っている。そしてDFは堀之内、細貝、内館を中心に全体でカバーしていきたいところだ。そしてFWは久々の先発となるであろう永井に期待したい。


今季3度目のガンバとの対戦。いずれも異なる舞台での対戦なので一概に相手の比較はできないが、その実力は最高といっても過言ではないだろう。しかし決勝トーナメントは、H&Aの2試合で勝負が決まる。それだけに初戦は重要だ。

そして久々のホーム埼玉スタジアムでの試合。いやがおうにもキモチが昂ぶる。まずはホームで相手を圧倒し、有利な条件を作って来週のアウェーに乗り込んでいきたい。そのためにも今日も選手達と共に闘っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.06

埼スタ前日朝7時

おはようございます。

約1ヶ月ぶり、久々の埼スタです。

梅雨の最中とはいいつつも、まだこの時間は蒸し暑くもなく穏やかな朝です。

200707060647000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.05

カデゴリーの再編成

現在、ブログのカデゴリーを再編成の作業中です。

ひとまずシーズンごとのカデゴリーを仕分けしようかと思って、過去の記事を遡って振り分けています。

でもこうやって以前の記事をみると、文章構成が今とは違うなぁ・・・と自分が書いた記事なのにつくづく思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.04

レッズからの宿題

というわけで、先日シーズンチケット保有者の皆様に、今度のガンバ戦のチケットが届いた際に、アンケートが同封されてましたよね。これっってもう返送されましたか?

その中に『ノベルティ』についての意見がありましたよね。これって結構簡単そうで難しい質問。でも考えぬいて貴重な意見の1つとして書かせて頂きました。

締め切りは金曜日の必着との事。というわけで木曜日には投函します~。

Imgp8577Imgp8578

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

レギュレーションの確認

というわけで、今週末からナビスコカップ準々決勝が始まります。

昨年レッズが川崎相手に苦汁を嘗めたレギュレーションでしたが、もう1度おさらいしてみましょう。


試合方式および勝敗の決定

準々決勝、準決勝(ホーム&アウェイ)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。

1.2試合の得失点差
2.2試合におけるアウェイゴール数
3.第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦
4.PK方式

ということです。

ちなみに昨年のパターンはこうでした。
第1戦(駒場)  浦和4-3川崎
第2戦(等々力) 川崎2-1浦和

総得点で『5-5』でしたが、アウェーゴール数で『3-1』で川崎が準決勝に駒を進めました。

また昨年の準決勝(横浜FM-鹿島)では、こういうパターンもありました。
第1戦(カシマ) 鹿島1-0横浜FM
第2戦(日産)  横浜FM2-1鹿島

総得点で『2-2』でしたが、アウェーゴール数で『1-0』で鹿島が決勝進出しました。ホームのマリノスが決勝へ進むためにはもう1点必要だったということになります。

以上をおさらいすると・・・
ホームでは勝つことが前提でかつ無失点が理想。そうすれば第2戦は1点獲れればかなり有利になる。といったところでしょうか。

まあ勝負事に油断は禁物。けれど、2つ勝てればそれで良しということで、ホーム&アウェーの闘いになりますが、180分間気を抜かずに闘ってほしいですね。

2007nabiscoposter_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

エコパ遠征あれこれ

2週連続の東海遠征。その締めくくりとなるエコパ遠征記をお送りします~。


今回の遠征も仲間の運転する車で参戦。試合開始が19:00ということもあって、先週の日本平遠征よりはやや遅い出発・・・。とはいいつつも、南浦和駅7時集合ということで、いつもの東川口駅を6:54発の武蔵野線で出発。
Imgp8479Imgp8480






7:02南浦和駅着。さっそく仲間の車に乗り込み。別の仲間を迎えに所沢へ。
Imgp8481






所沢で仲間を乗せ、車は圏央道入間インターへ。
Imgp8483Imgp8484






1週前の日本平遠征の時に通ったときは、すでに日が落ちて真っ暗だったのですが、明るい時間帯に走ると、こういう壮大な景色が広がります。
Imgp8485






9時過ぎに八王子ジャンクションに到着。ここから中央道に入ります。
Imgp8489Imgp8490






直後に談合坂SAで休憩。土曜日というせいか、人が多かったですね・・・。
Imgp8491Imgp8492






車は大月ジャンクションから河口湖へ向かい、10時過ぎに東富士五湖道路へ入ります。
Imgp8494Imgp8496_1Imgp8497






東富士五湖道路から御殿場市内に入り、10:45御殿場インターから東名高速に入ります。
Imgp8498






道中空は怪しく、富士山の裾野近辺では激しい雨も降っていましたが、西へ移動するたびに天気が良くなってきました。で、11:30前に富士川SAで休憩。ここでは『黒はんぺんフライ』なるものを食しました。
Imgp8499Imgp8501Imgp8502






1週前に通った由比の海岸と清水インターを過ぎ、12時過ぎに牧之原SAに到着。
Imgp8503Imgp8504Imgp8510






時間も時間だったので昼食。スナックコーナーで『しらす天&桜えび天そば』を食しました。
Imgp8507_1






その後、13時に掛川インターで東名高速から離れ、買い出しをした後、13:30過ぎにエコパ裏にある法多山の民間駐車場へ車を止めました。
Imgp8511Imgp8513






法多山駐車場からは歩いてエコパへ。やや登って、団体バスの駐車場から一気に下ります。
Imgp8514Imgp8515Imgp8516_1






いやはや傾斜が急です・・・。でも上からエコパを望むといい景色ですね。
Imgp8517Imgp8518






開門までしばし芝生の上でゴロリ。でも芝がチクチクして痛かったです・・・。
Imgp8520






その後、正面ゲートへ移動。いろんな屋台があって盛り上がってましたね。
Imgp8522Imgp8523






そこで買ったのが、おなじみの「富士宮やきそば」と「浜松餃子」。おいしかったのですが、個人的には出来たてを食したかった・・・。
Imgp8527Imgp8526






試合終了後は雨が降るとは思ってなかったので、しばらくスタンドに待機してから傘もささずに駐車場へ移動。でも道が狭かったせいか30分程かかりました。
Imgp8557Imgp8559






帰りはちょっと渋滞しましたが、22:45に袋井インターから東名高速に入ります。
Imgp8561






その後、牧之原SA、愛鷹PA、足柄SAでそれぞれ休憩して、日付の変わった午前2時過ぎに東京インターから環八へ。
Imgp8562Imgp8563Imgp8572






環八から国道254号を経由して、午前3時頃所沢市内で仲間を降ろし、午前4時頃東川口駅に無事到着しました。
Imgp8573






というわけで、俺お疲れでした。

先週に引き続き、ずっと運転をお願いしたNさんそして同行したTさん御夫妻、そしてエコパへ遠征した皆さんお疲れ様でした。東海アウェーを3戦3勝というすばらしい結果で締めくくることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »