« 飛田給遠征あれこれ | トップページ | 【第16節 神戸戦】 »

2007.06.20

第16節 神戸戦プレビュー

今日は久々の駒場スタジアムでの開催。ヴィッセル神戸むかえ対戦する。

神戸は現在5勝5分5敗の勝点20で第12位。前節はホームで大分を相手に開始わずか1分で失点。その後2点を加えられ、結局終了直前に1点を返すのがやっとで1-3と敗戦した。

今季はセレッソから大久保、横浜FMから榎本達也を獲得。他には、J2時代に実績を積み上げたFW近藤や、着実に結果を残しているレアンドロなど豊富なタレントが揃っている。また大久保は現在8ゴールと日本人ではランキングトップである。それだけに決定的な仕事はさせたくない。油断だけは禁物だ。

一方のレッズは前節アウェーでFC東京と対戦。開始早々に、この試合からリーグ戦に復帰した田中達也のゴールで先制。後半にもオウンゴールで加点。相手の攻撃の拙さにも助けられ、2-0と久々に勝点3を手にした。

やはり達也の復帰はチーム内ならずともサポーターにとってもその影響は大きい。今までレッズの攻撃でのウィークポイントだった“ワシントンの孤立”が少なからずとも解消されつつあるように思えた。

しかしA3を含めた3試合程度では判断が難しい。けれどそれを継続していくこと。そして他の周りの選手達のより一層のサポートができれば、もっともっと攻撃の質は向上できる余地はあると思う。


明日は久しぶりの駒場での試合。埼スタでのピッチコンディションに比べるとやや劣る印象がある。しかし、かつてのホームスタジアム。いわば実家に帰ってくるようなものか。

現在チーム状態は、やや上向きになりつつある状態にある。それを落とさないためにも、神戸戦は重要な試合となる、中2日で選手達の疲労が心配であるが、今季はそういう日程を幾度となくこなしてきた。あとは勝ちたいというキモチが大切だろう。

今までの駒場で培ってきた熱いキモチをもう一度思い出し、今日も選手達と共に闘っていきたい。

|

« 飛田給遠征あれこれ | トップページ | 【第16節 神戸戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/15490140

この記事へのトラックバック一覧です: 第16節 神戸戦プレビュー:

« 飛田給遠征あれこれ | トップページ | 【第16節 神戸戦】 »