« Legend of REDS | トップページ | 【第17節 清水戦】 »

2007.06.22

第17節 清水戦プレビュー

明日は、アウェー日本平スタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は、現在7勝4分5敗の勝点25で第6位。前節はアウェーで名古屋と対戦。2-1で勝利し、リーグ戦では第11節以来5試合ぶりの勝点3を奪った。

今節は、エースFWのチョジェジンが累積で出場停止。しかし今月始めのケガの影響で、ここ2試合は矢島、岡崎の2トップでトップ下にフェルナンジーニョを配置している。そして両サイドには、昨年のリーグ新人王藤本と兵頭が陣取っており、タレントは揃っている。

一方のレッズは、前節久々の駒場で神戸相手に2-0で勝利。前半達也が得たPKをワシントンが止められてしまうという事態もあったが、その後はチーム全体でチャンスを掴み、前半で闘莉王の今季初得点を含む2点を挙げ試合を決めた。

今節は長谷部が累積で出場停止。調子がいいだけにここにきての離脱は痛いが、おそらく阿部が入ってDFに堀之内が入るか、伸二を入れDFに阿部を起用するパターンのどちらかであろう。

リーグ戦に達也が戻ってきてこれで2試合が消化された。攻撃パターンの良化もそうだが、前線からのプレスが効くようになりチーム全体が上向きになってきた。しかしそれはちゃんと続けないと意味がないし、意思が統一されないと後半足が止まったときに必ず相手にやられてしまう。いわば継続性を持つことが重要であり大切なことであると思う。

明日は日本平での試合。過去ここでの勝利を遡ると、2005年8月のナビスコカップ準々決勝第1戦以来となり、さらにリーグ戦だけに限ると10年前の1997年4月のファーストステージ第2節まで追わなければならない。それだけに勝つことが難しい場所である。

しかし今季は豊田スタジアムで名古屋に勝ち、苦手といわれる東海アウェーの1つ目の壁を破った。それゆえその流れを止めてはいけないし、苦手を克服してこそその先が見えてくる。

明日の試合はデーゲーム。蒸し暑いという予報だが、そんな中での試合は選手達にとって厳しい環境であろう。けれどそこを自分達が後押してこそ、勝点3が近づいてくる。だからこそ明日も選手達と共に闘っていきたい。

|

« Legend of REDS | トップページ | 【第17節 清水戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/15525044

この記事へのトラックバック一覧です: 第17節 清水戦プレビュー:

« Legend of REDS | トップページ | 【第17節 清水戦】 »