« “BIG”騒動 | トップページ | 【第12節 名古屋戦】 »

2007.05.18

第12節 名古屋戦プレビュー

明日は、アウェー豊田スタジアムにのりこみ、名古屋グランパスエイトと対戦する。

名古屋は現在、6勝0分5敗の勝点18で第6位。開幕4連勝と出だしは良かったものの、その後3連敗を含む1勝5敗と低迷。しかし前節3勝1分と調子の良かった横浜FM相手に2-0と完勝し、再び調子を上げてきた。

その要因とされるのは、FWヨンセンや先日代表候補に初選出されたスピードに定評のあるFW杉本などの攻撃陣や、五輪代表でも欠かせない存在となっているMF本田の活躍だろう。2年目を迎えたフェルフォーセン監督のサッカーは、特に今季は両サイドを起点にして、ヨンセンにあわせてくる攻撃パターンが多く、十分に気をつけたいところだ。

一方のレッズは、前節ホームで首位ガンバ相手に先制点を許すものの、後半ワシントンのゴールで1-1の引き分け。これでACLを含め4試合連続引き分けとなった。連戦中で選手達の疲労はピークに達していたことを考えるとよく引き分けで終わったと感じた。

代表合宿に参加した選手達を除けば、久々に1週間空くことになり、リフレッシュできただろうと思われる。来週は水曜日にACLを挟んだ非常に重要な3連戦となる。

名古屋との対戦は過去を振り返るまでもなく、対戦成績が悪い。しかも豊田スタジアムでは2戦2敗そして無得点といいところが全く悪い。特に昨年はH&Aを通して唯一勝てなかったのが名古屋であり、また優勝目前にしてあの豊田の地で足止めを食らわされた。それだけに勝ちたい思いはサポーターもそうだが選手達も同じだと思う。

東海アウェーの相性が良くないのはもう過去の事。今こそ払拭するチャンスだと思う。選手達の力を信じ、自分達の声やサポートを信じて、明日も共に闘っていきたい。そうすればおのずと結果がついてくるはずだ。

|

« “BIG”騒動 | トップページ | 【第12節 名古屋戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/15113132

この記事へのトラックバック一覧です: 第12節 名古屋戦プレビュー:

« “BIG”騒動 | トップページ | 【第12節 名古屋戦】 »