« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | さて遠征なんだが・・・ »

2007.04.07

【第5節 磐田戦】

オフィシャルより

07.04.07
Jリーグ第5節vsジュビロ磐田
2007年4月7日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1ジュビロ磐田
得点者:33分カレン(磐田)、39分ワシントン、79分ポンテ
観客数:45,025人

※山田暢久、J1通算350試合出場達成。


「際どくしぶとく勝負強く・・・」

4バックがなかなか機能しない中、許してしまった先制点・・・。そして逆に仕掛けるも、どことなく勢いが中途半端に止まってしまう攻撃・・・。

そんな嫌な空気を一掃したのがワシントンの同点ゴールだった。厳しいマークにさらされるもほんの僅かの差で相手を振り切ったゴール。やはりエースが決めるとチームに勢いが出てくる。

後半は磐田に2度決定機を許すものの、ゴールポストに助けられた。“埼スタ”という異様な雰囲気がそうさせたのかはわからないが、勝つためにはこういう“運”も味方につけなければならない。

最後は永井が受けたボールをポンテが決め逆転。その後は先週の大分戦で失ったロスタイムをみんなで取り戻した。そう4万5千人の「Pride Of Urawa」であの時間を取り戻した・・・。

厳しい試合だったことには間違いない。まだまだ4バックへの移行中だけに決して内容は良くないが、こういう試合をモノにしていくことがどれだけ大切なことか、あらためて思い知った。

今週は1週間で3試合と日程も厳しい。しぶとくそして勝負強く・・・。最後まであきらめず目の前の敵を倒すために共に闘っていきたい。

Imgp7957Imgp7965Imgp7967

|

« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | さて遠征なんだが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/14593373

この記事へのトラックバック一覧です: 【第5節 磐田戦】:

« 第5節 磐田戦プレビュー | トップページ | さて遠征なんだが・・・ »