« 【第3節 甲府戦】 | トップページ | 【ACL Matchday2 シドニーFC戦】 »

2007.03.20

ACL Matchday2 シドニーFC戦プレビュー

明日はACL“Matchday2”。レッズはアウェーで初の海外公式試合としてオーストラリアへ飛び、シドニーFCと対戦する。

シドニーFCが所属するオーストラリアリーグ(Aリーグ)は、発足が2004年。開催は9月から2月ということで、開幕直後の日本と違い、ちょうどシーズンが終わったばかりである。シドニーFCの今シーズンは主力選手の離脱もあり、リーグ戦の成績は8チーム中4位だった。

しかしリーグ戦だけの成績では何も参考になるところはない。ACL初戦は、アウェーで上海申花に勝利していることもあり、侮れない相手である。

一方のレッズは、前節甲府相手にホームで勝利。相手の強烈なプレスに苦しんだが、ワンチャンスをものにし、勝点3を積み上げた。今回の遠征には、甲府戦のベンチ入りメンバーを含めた18人と細貝、加藤の計20人が帯同している。

となると、前節長谷部の復帰があったものの、甲府戦と同じメンバーがスタメン起用されると思われる。復調して前節2ゴールを上げたワシントンやアシストを決めた闘莉王の動きにまた期待したいところだ。しかし連戦が続くだけに選手達の疲労が心配だ。

明日は2戦目にして、ともに勝点を並べたチーム同士の対戦となる。アウェーでの試合を考えると、最低でも引き分けで勝点1をもぎ取っておきたい。ここ数年何回か海外で試合を行なってきたが、公式試合はこれが初めてとなる。おそらく以前マンチェスターで試合をしたボーダフォンカップ以来の真剣勝負になるだろう。

選手達もサポーター達も異国のアウェーの地でどういう雰囲気で試合に入っていくのか、なかなか予想がつかないだろう。もちろん緊張して舞い上がってしまい事があるかもしれない。しかし明日は浦和から規模は小さいが、大きな大きな援軍がホーム埼スタのような雰囲気を創って、オージー・スタジアムに乗り込んでくる。

アウェーで勝点を奪うために、そしてグループリーグを突破するために・・・。現地へ赴けないサポーター達の希望をのせて、明日は初の異国の地で選手達と共に闘っていきたい。

|

« 【第3節 甲府戦】 | トップページ | 【ACL Matchday2 シドニーFC戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/14325726

この記事へのトラックバック一覧です: ACL Matchday2 シドニーFC戦プレビュー:

« 【第3節 甲府戦】 | トップページ | 【ACL Matchday2 シドニーFC戦】 »